MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

上総湊に関する記事

上総湊に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
天羽のシャクリマダイが面白い。天羽とは、富津市の一部をそう呼んだ、かつての郡名らしいが、内房総・上総湊「とう市丸」の船上には「天羽 とう市丸」と書かれているプレートが貼られている。そんなところにもこの釣りの歴史を感じるが、なにより手バネ竿でマダイを釣るのは、マダイ釣りの歴史に触れたような味わいがある。
今年の内房も大型実績が高く、マダイファンを熱くさせる嬉しいシーズンがやってきた。コマセマダイ、ひとつテンヤ、タイラバなどが人気だが、今回は上総湊の伝統釣法「シャクリマダイ」に挑戦してきた。コマセを使わず、生きたエビとオモリだけの非常にシンプルなもの。まさに「エビでタイを釣る」の原点だ。
内房で代々受け継がれている伝統的な釣法のシャクリマダイ。生きエビをエサに使った釣趣抜群の釣りだ。上総湊港「とう市丸」では周年の看板にしている。
東京湾にマダイが乗っ込んできた。「金谷沖の西根で釣れだしましたからね、潮がよいときなら、もう乗っ込みものの型がいいのを狙えると思いますよ。3㎏クラスも出ていますよ…」とは内房・上総湊港「とう市丸」の吉野泰治朗船長。
『道なき道をゆく』漢(おとこ)心を刺激するこの言葉に感情を昂ぶらせながら、アオリイカ、モンゴウイカを釣るために、上総湊へと車を走らせた。「何言ってんの。ナビが古くて館山自動車道がつながってないだけでしょ」(編)「……」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読