MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

クロメバルに関する記事

クロメバルに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
ライトタックルで臨む!外房・大原沖のイサキ&シマアジリレー船!ポイントの水深は大原沖10〜20mと超浅場!誘い方の違いで釣り分けけよう!
勝浦港「初栄丸」のカサゴ釣りは、根魚マニアの間で圧倒的な支持を得ている。良型カサゴメインで30㎝オーバーの大型多数!海藻の場所では30㎝オーバーのメバルも釣れる!浅場根魚の本格シーズン到来だ。
片貝港「勇幸丸」では、人工漁礁や根周りのハナダイをコマセ釣りで周年狙っている。25㎝以上の魚も多く、ゲストはウマヅラやメバルのほかマハタもまじり、相当に面白い。
金沢沖は根魚の宝庫!美味魚を釣らせてくれる金沢港「北龍丸」は、定番のオキメバルをサビキで狙い~仕掛けを替えて、カサゴをメインに根魚狙い。最後にサビキで浅場のクロメバル!みなクーラー満タンだ。
仙台湾でクロメバルが沸騰中!サビキの選択とタナ取り、そしてハリ数の多いサビキ仕掛を手早く捌く手返しが大きなカギ!そんなサビキメバルを徹底解説!
2月に開幕する東京湾のメバル釣りは、胴付き仕掛けにエビエサの組み合わせで狙う「エビメバル」が人気。アタリが明確で、小気味よい引きが魅力だ。さあ、早春の海に繰り出そう!
仙台湾はフラットフィッシュの宝庫。ヒラメ、カレイ、マゴチのポイントが豊富。亘理荒浜港「拓洋丸」&「大海丸」ではビギナーもベテランも大満足のヒラメ釣りが可能だ。ヒラメ爆釣シーズンの仙台湾・南部にぜひ!
港の目の前一帯が好漁場。日立久慈港。究極のライト釣法「ひとつテンヤマダイ」で狙うターゲットは「3段引き」とも呼ばれ強烈に引くマダイ!夏はゲストが多彩でアタリ多く一日楽しめる!
仙台湾のメバルはサビキ釣りが人気。そして、生きメロウド(イカナゴ)の泳がせ釣りも注目されている。仕様は、ハリス1.2〜1.5号20〜25㎝、幹糸3〜5号の6本バリが標準で、ハリス接続は回転ビーズと直結がある。
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読