剣崎沖に関する釣り記事


強烈な引きと極上の味をぜひ! ワラサシーズン開幕(一義丸)

強烈な引きと極上の味をぜひ! ワラサシーズン開幕(一義丸)

三浦半島剣崎沖には毎年毎年〝律儀〟にワラサの群れがやってくる。今シーズンは例年並みと言える8月上旬に食いだした。「今年は今のところ3㎏未満のサイズが多いですが、反応はまずまずですよ」と、剣崎松輪「一義丸」の北風謙一船長は言う。


最速! 早くもフィーバー「イナワラ主体→ワラサ主体」へ(大松丸)

最速! 早くもフィーバー「イナワラ主体→ワラサ主体」へ(大松丸)

今から10年ぐらい前、剣崎沖の青物(ワラサ、イナダ)といえば、9月中に開幕するというのがパターンであった。早くても8月後半ぐらい。ところが、この数年間で剣崎沖の青物開幕の時期が早まり、季節的なパターンが変わりつつあるようだ。


今期も期待! 基本を押さえてマルイカ釣りを楽しもう!(喜平治丸)

今期も期待! 基本を押さえてマルイカ釣りを楽しもう!(喜平治丸)

マルイカ釣りがブームになる10年以上前は、Tシャツ短パンで釣りができる5月ぐらいから夏までの釣りだった。水深も15〜40mぐらいを狙い、40mあると「深いなぁ〜」と思っていた。そんな釣りだったが、今主流の樹脂製のスッテの登場とともにマルイカブームとなり、そして年々シーズンが早まり、浅場、深場と区別されるようになった。


激ウマシーズン開幕! 幅広イサキをLTで楽しもう!(一義丸)

激ウマシーズン開幕! 幅広イサキをLTで楽しもう!(一義丸)

6月1日から開幕している剣崎沖のイサキ。開幕初日は低調な結果に終わったが、翌日からは上向き傾向。6月3日には爆発。今回取材で乗船した剣崎松輪「一義丸」ではトップ53匹を記録。他船でもトップ50匹台や70匹台を記録する船があった。


SNSで仕立船!仕立船でわきあいあいと乗っ込みマダイ狙い【剣崎沖】

SNSで仕立船!仕立船でわきあいあいと乗っ込みマダイ狙い【剣崎沖】

関東きってのコマセダイのメッカ剣崎沖に今年も乗っ込みの季節がやってきた。 しかし、少しだけ早かったみたいだ…。


関東屈指の大場所健在! 大ダイのチャンス大!!【東京湾口・剣崎沖】

関東屈指の大場所健在! 大ダイのチャンス大!!【東京湾口・剣崎沖】

毎年安定してマダイの乗っ込みがある、関東屈指の大場所が剣崎沖だ。今年の乗っ込み突入は遅れ気味だったが、4月に入ると気配が見えはじめ、乗っ込みシーズン突入となった。


剣崎沖は乗っ込みマダイがベストシーズン、数、型ともに◎【剣崎沖】

剣崎沖は乗っ込みマダイがベストシーズン、数、型ともに◎【剣崎沖】

「剣崎沖の乗っ込みは、例年だと5月に入ってから本格的になってくるんですが、今年は4月から乗っ込みに入ってます。5月は、さらによくなるかもしれませんね」。こう話すのは、剣崎間口港「喜平冶丸」の鈴木麻毅生船長。


乗っ込み気配濃厚だ! 大ダイに備えて挑もう!【三浦半島・剣崎沖】

乗っ込み気配濃厚だ! 大ダイに備えて挑もう!【三浦半島・剣崎沖】

近郊のコマセマダイの一大ポイントである剣崎沖・松輪瀬。毎年4〜6月は大型マダイが乱舞することで人気のエリアだ。早い年は3月中旬ごろから乗っ込みの気配を見せていたが、今年は遅れ気味。冬場の厳冬期でも食い続いていたのが影響したのか、今年はなかなか兆候を見せなかったが、3月終わりになってようやく気配が出てきた。


乗っ込みシーズンの剣崎沖、仲間と仕立で大ダイを狙え!!【剣崎沖】

乗っ込みシーズンの剣崎沖、仲間と仕立で大ダイを狙え!!【剣崎沖】

剣崎沖でマダイの「乗っ込み」が始まりそうだ。いや、すでに始まっていると言っていいだろう。


剣崎沖でカサゴが、どえらいことになっとるよ!【三浦半島・剣崎沖】

剣崎沖でカサゴが、どえらいことになっとるよ!【三浦半島・剣崎沖】

剣崎と言えば、松輪瀬の乗っ込みマダイが最盛期に突入し大型マダイ狙いでにぎわっているが、その一方で静かにアツイ釣りが展開されている。それがこのカサゴ釣りだ。


乗っ込み開始! 大型&良型マダイがヒット中【東京湾・剣崎沖】

乗っ込み開始! 大型&良型マダイがヒット中【東京湾・剣崎沖】

3月中旬すぎ、急な桜の開花と時を同じくして、剣崎沖のマダイも乗っ込みに突入した。乗っ込み期に実績のある「吉野瀬」と呼ばれるポイントで黒ずんだ体色をした大型マダイや良型マダイが釣れ始め、トップ5枚以上の釣果を記録するようになった。


大型シーズン到来! 今のマダイは激ウマだぜ!!【三浦半島・剣崎沖】

大型シーズン到来! 今のマダイは激ウマだぜ!!【三浦半島・剣崎沖】

三浦半島・剣崎沖のマダイはこの冬から春の低水温下でも順調な食いを見せていた。


超大型マルイカの群れが期待できる!【三浦半島・久里浜~剣崎沖】

超大型マルイカの群れが期待できる!【三浦半島・久里浜~剣崎沖】

3月中旬に開幕した久里浜〜剣崎エリアは例年にないほどの大型マルイカで盛り上がっている。


春マダイの習性と船の戦略を理解して大型を狙え【東京湾口・剣崎沖】

春マダイの習性と船の戦略を理解して大型を狙え【東京湾口・剣崎沖】

3月中旬の時点では、剣崎沖のマダイはまだ乗っ込んでいるとはいえない。それでも2月から中小型のマダイが数釣れている。しかも、水深40〜70mの広範囲のポイントで釣れている。いい日にはツ抜けも珍しくなく、「もう乗っ込み?」と思ってしまうような釣果もある。


春の剣崎沖でマダイ釣り、ヤリイカのとリレーも!【東京湾・剣崎沖】

春の剣崎沖でマダイ釣り、ヤリイカのとリレーも!【東京湾・剣崎沖】

東京湾・剣崎沖の船宿では「マダイとヤリイカ」、そんな豪華ターゲットのリレー釣りもできてしまう。それだけでも嬉しいが、さらに釣ったヤリイカをエサにする「ヤリイカの泳がせ」も同時にできてしまうのだから、欲深い釣り人には持って来いだ。


剣崎沖のマダイ、水温高めで高活性だっ!! 【三浦半島・剣崎沖】

剣崎沖のマダイ、水温高めで高活性だっ!! 【三浦半島・剣崎沖】

剣崎沖のマダイは周年楽しむことができる。これからの時期は水温低下とともに、適水温を求めて深場に落ちていく、いわゆる「落ち」のシーズンに入っていくが、このエリアもほかエリア同様、高水温が続き、まだまだ浅い場所で釣れている。


ビシッとシャクってズシンとくる! 剣崎沖のアオリイカ【剣崎沖】

ビシッとシャクってズシンとくる! 剣崎沖のアオリイカ【剣崎沖】

今季一番の冷え込みというだけあって、風が冷たい朝。冬物の防寒着にして良かった。11月17日、剣崎間口港「喜平治丸」でアオリイカを狙ってきました。


剣崎沖のアマダイは良型ラッシュだ!【東京湾口・剣崎沖】

剣崎沖のアマダイは良型ラッシュだ!【東京湾口・剣崎沖】

もうすぐ正月。正月に食するおめでタイを自ら釣ってみてはいかがでしょう。「今シーズンはこれまでで一番50㎝オーバーが出てるよ!」と話すのは久比里「山天丸」臼井雄二船長だ。


ゲスト多彩&アタリ多数! イシダイ五目は最高!!【東京湾口・剣崎沖】

ゲスト多彩&アタリ多数! イシダイ五目は最高!!【東京湾口・剣崎沖】

すっかり冬場の人気ターゲットとして定着した、剣崎沖のイシダイ五目。今年も11月に入るとイシダイが顔を出すようになり、シーズンに突入した。


まだまだ狙えるイナダ&ワラサ、脂も乗って美味【東京湾口・剣崎沖】

まだまだ狙えるイナダ&ワラサ、脂も乗って美味【東京湾口・剣崎沖】

9月中旬すぎから本格化した剣崎沖のワラサ。10月中旬の取材でも釣れていたが、今回取材した剣崎松輪「大松丸」の鈴木大揮船長によると「11月に入るとワラサは終盤ですかね」と話す。ワラサと並んで釣れていたのがイナダ。こちらはまだまだ続く見込みだ。例年、年末から年明けにかけて数釣りを記録しているので、今後も楽しめそうだ。


ランキング


>>総合人気ランキング