沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

剣崎沖に関する釣り情報


テクニカルな釣りで強烈な引きが楽しい剣崎沖のイシダイ五目(育丸)

テクニカルな釣りで強烈な引きが楽しい剣崎沖のイシダイ五目(育丸)

剣崎沖のイシダイ五目釣りが始まった。この釣りを金看板に掲げる剣崎間口港の「育丸」では、11月に入って本格的に狙い始め、いい日にはトップ10匹以上、全員坊主なしと好釣果を連発中だ。


2桁釣果も夢じゃない!今が激アツ! アマダイ仕掛け(巳之助丸)

2桁釣果も夢じゃない!今が激アツ! アマダイ仕掛け(巳之助丸)

剣崎沖は潮が速いので、タックルはライントラブルなども考慮しLTではなくノーマルで、オモリは80号を使用する。竿はオモリ80号を背負って7対3から8対2調子ぐらいになる専用竿やゲームロッドなど。小型電動リールにPE3号前後。仕掛けはハリス3号前後、全長2~2.5mの2本バリ。ハリはチヌ4号前後が標準だ。


ワラサ本格化で全員GET! 入れ食いモードを存分に楽しもう(大松丸)

ワラサ本格化で全員GET! 入れ食いモードを存分に楽しもう(大松丸)

剣崎沖のワラサ釣りは、80号のビシを使う。そのため、ロッドは80号のオモリに対応したものを使う。6対4〜7対3調子の青物用ロッドがオススメ。長さは2.4〜3.3mぐらい。このほかには強めのマダイ竿を流用する人もいる。こちらは3〜3.3mぐらいが扱いやすいだろう。


タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

東京湾口のアマダイのタックルはノーマルタックルで狙うのが基本だ。竿はオモリ80号を背負えて、穂先でアタリの取りやすい、8対2調子から7対3調子のものが扱いやすい。底を取り直して、タナを小まめに調整する必要があるので、あまり軟らかい竿は向かないので注意しよう。長さは一日手持ちでやるので2m前後が扱いやすいだろう。


4kgオーバーばかり! 大型メインで釣るワラサ仕掛け【棒面丸】

4kgオーバーばかり! 大型メインで釣るワラサ仕掛け【棒面丸】

ロッドはビシ80号に適合したマダイ、ワラサ用ほか、遠征五目用などを用いる。今シーズンのワラサは大型が多いので、マダイ竿を使用する場合も、腰の強い硬めの竿を選ぶといいだろう。リールは中小型電動リール。道糸はPE4号以上で。PEは傷がついていたり、ほころんでいるようなものはやり取り中に切れることもある。


カワハギ釣りシーズンを前に道具の準備と釣り方のおさらい(巳之助丸)

カワハギ釣りシーズンを前に道具の準備と釣り方のおさらい(巳之助丸)

9月に入り、これから秋の気配が深まってくる。秋は青物など大型魚が盛り上がる季節であるが、テクニカルで美味なカワハギもおもしろくなる時期。本格シーズンを前に基本をおさらいして、釣行に備えよう!


尺ハギも出た!本格シーズンの剣崎沖カワハギが今熱い(山天丸釣船店)

尺ハギも出た!本格シーズンの剣崎沖カワハギが今熱い(山天丸釣船店)

本格シーズンを迎えた東京湾のカワハギ釣り。これからは水温が下がるにつれてカワハギの群れが固まりだし、それでいて厳寒期ほどの低水温ではないので釣りやすく、大型の確率も高くなる時期。さらに、キモも大きくなってきたので食味もアップ。熱いカワハギシーズンの到来だ。


誘って乗せて楽しむ! 剣崎沖のヤリイカがシーズン突入!(喜平治丸)

誘って乗せて楽しむ! 剣崎沖のヤリイカがシーズン突入!(喜平治丸)

ヤリイカの季節っていつだっけ? と思うことが多くなった。例年、秋の声を聞くころから釣れだすが、今シーズンは8月から好調に乗っている。そしてそのシーズンも4月ごろまでと、実に長い期間釣れるターゲットとなった。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


すでに90杯オーバーも出て絶好調! 東京湾口のヤリイカ(一之瀬丸)

すでに90杯オーバーも出て絶好調! 東京湾口のヤリイカ(一之瀬丸)

東京湾口では秋の声とともにヤリイカが釣れだし、高水準の釣果をたたき出している。「今年は8月下旬からヤリイカを狙っています。スルメがあまりよくなかったので始めた感じですが、ヤリイカの群れはどこでも見つかって、イカはかなり多そうですよ」こう話すのは、金沢八景「一之瀬丸」の一之瀬竜也船長。


東京湾口・剣崎沖のカワハギ釣り! デカハギも多いぞ(山天丸釣船店)

東京湾口・剣崎沖のカワハギ釣り! デカハギも多いぞ(山天丸釣船店)

8月から開幕している東京湾口・剣崎沖のカワハギ。夏〜初秋はカワハギが広範囲に散らばって拾い釣りの状況が続く。それでもいい日にはトップ15枚前後を記録し、20枚超す日もある。


強烈な引きと極上の味をぜひ! ワラサシーズン開幕(一義丸)

強烈な引きと極上の味をぜひ! ワラサシーズン開幕(一義丸)

三浦半島剣崎沖には毎年毎年〝律儀〟にワラサの群れがやってくる。今シーズンは例年並みと言える8月上旬に食いだした。「今年は今のところ3㎏未満のサイズが多いですが、反応はまずまずですよ」と、剣崎松輪「一義丸」の北風謙一船長は言う。


最速! 早くもフィーバー「イナワラ主体→ワラサ主体」へ(大松丸)

最速! 早くもフィーバー「イナワラ主体→ワラサ主体」へ(大松丸)

今から10年ぐらい前、剣崎沖の青物(ワラサ、イナダ)といえば、9月中に開幕するというのがパターンであった。早くても8月後半ぐらい。ところが、この数年間で剣崎沖の青物開幕の時期が早まり、季節的なパターンが変わりつつあるようだ。


今期も期待! 基本を押さえてマルイカ釣りを楽しもう!(喜平治丸)

今期も期待! 基本を押さえてマルイカ釣りを楽しもう!(喜平治丸)

マルイカ釣りがブームになる10年以上前は、Tシャツ短パンで釣りができる5月ぐらいから夏までの釣りだった。水深も15〜40mぐらいを狙い、40mあると「深いなぁ〜」と思っていた。そんな釣りだったが、今主流の樹脂製のスッテの登場とともにマルイカブームとなり、そして年々シーズンが早まり、浅場、深場と区別されるようになった。


激ウマシーズン開幕! 幅広イサキをLTで楽しもう!(一義丸)

激ウマシーズン開幕! 幅広イサキをLTで楽しもう!(一義丸)

6月1日から開幕している剣崎沖のイサキ。開幕初日は低調な結果に終わったが、翌日からは上向き傾向。6月3日には爆発。今回取材で乗船した剣崎松輪「一義丸」ではトップ53匹を記録。他船でもトップ50匹台や70匹台を記録する船があった。


SNSで仕立船!仕立船でわきあいあいと乗っ込みマダイ狙い【剣崎沖】

SNSで仕立船!仕立船でわきあいあいと乗っ込みマダイ狙い【剣崎沖】

関東きってのコマセダイのメッカ剣崎沖に今年も乗っ込みの季節がやってきた。 しかし、少しだけ早かったみたいだ…。


関東屈指の大場所健在! 大ダイのチャンス大!!【東京湾口・剣崎沖】

関東屈指の大場所健在! 大ダイのチャンス大!!【東京湾口・剣崎沖】

毎年安定してマダイの乗っ込みがある、関東屈指の大場所が剣崎沖だ。今年の乗っ込み突入は遅れ気味だったが、4月に入ると気配が見えはじめ、乗っ込みシーズン突入となった。


剣崎沖は乗っ込みマダイがベストシーズン、数、型ともに◎【剣崎沖】

剣崎沖は乗っ込みマダイがベストシーズン、数、型ともに◎【剣崎沖】

「剣崎沖の乗っ込みは、例年だと5月に入ってから本格的になってくるんですが、今年は4月から乗っ込みに入ってます。5月は、さらによくなるかもしれませんね」。こう話すのは、剣崎間口港「喜平冶丸」の鈴木麻毅生船長。


乗っ込み気配濃厚だ! 大ダイに備えて挑もう!【三浦半島・剣崎沖】

乗っ込み気配濃厚だ! 大ダイに備えて挑もう!【三浦半島・剣崎沖】

近郊のコマセマダイの一大ポイントである剣崎沖・松輪瀬。毎年4〜6月は大型マダイが乱舞することで人気のエリアだ。早い年は3月中旬ごろから乗っ込みの気配を見せていたが、今年は遅れ気味。冬場の厳冬期でも食い続いていたのが影響したのか、今年はなかなか兆候を見せなかったが、3月終わりになってようやく気配が出てきた。


乗っ込みシーズンの剣崎沖、仲間と仕立で大ダイを狙え!!【剣崎沖】

乗っ込みシーズンの剣崎沖、仲間と仕立で大ダイを狙え!!【剣崎沖】

剣崎沖でマダイの「乗っ込み」が始まりそうだ。いや、すでに始まっていると言っていいだろう。


ランキング


>>総合人気ランキング

つり丸定期購読