沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

剣崎沖に関する釣り記事


大型シーズン到来! 今のマダイは激ウマだぜ!!【棒面丸】

大型シーズン到来! 今のマダイは激ウマだぜ!!【棒面丸】

三浦半島・剣崎沖のマダイはこの冬から春の低水温下でも順調な食いを見せていた。近場のコマセマダイのメッカ、三浦半島・剣崎沖も春の好シーズンを迎えようとしている。LTマダイの看板を掲げる剣崎松輪「棒面丸」では春の気配を感じさせてくれるマダイたちが連日ヒットしている。


超大型マルイカの群れが期待できる!【三浦半島・久里浜~剣崎沖】

超大型マルイカの群れが期待できる!【三浦半島・久里浜~剣崎沖】

3月中旬に開幕した久里浜〜剣崎エリアは例年にないほどの大型マルイカで盛り上がっている。


春マダイの習性と船の戦略を理解して大型を狙え【東京湾口・剣崎沖】

春マダイの習性と船の戦略を理解して大型を狙え【東京湾口・剣崎沖】

3月中旬の時点では、剣崎沖のマダイはまだ乗っ込んでいるとはいえない。それでも2月から中小型のマダイが数釣れている。しかも、水深40〜70mの広範囲のポイントで釣れている。いい日にはツ抜けも珍しくなく、「もう乗っ込み?」と思ってしまうような釣果もある。


春の剣崎沖でマダイ釣り、ヤリイカとのリレーも!【東京湾・剣崎沖】

春の剣崎沖でマダイ釣り、ヤリイカとのリレーも!【東京湾・剣崎沖】

東京湾・剣崎沖の船宿では「マダイとヤリイカ」、そんな豪華ターゲットのリレー釣りもできてしまう。それだけでも嬉しいが、さらに釣ったヤリイカをエサにする「ヤリイカの泳がせ」も同時にできてしまうのだから、欲深い釣り人には持って来いだ。


剣崎沖のマダイ、水温高めで高活性だっ!! 【三浦半島・剣崎沖】

剣崎沖のマダイ、水温高めで高活性だっ!! 【三浦半島・剣崎沖】

剣崎沖のマダイは周年楽しむことができる。これからの時期は水温低下とともに、適水温を求めて深場に落ちていく、いわゆる「落ち」のシーズンに入っていくが、このエリアもほかエリア同様、高水温が続き、まだまだ浅い場所で釣れている。


ビシッとシャクってズシンとくる! 剣崎沖のアオリイカ【剣崎沖】

ビシッとシャクってズシンとくる! 剣崎沖のアオリイカ【剣崎沖】

今季一番の冷え込みというだけあって、風が冷たい朝。冬物の防寒着にして良かった。11月17日、剣崎間口港「喜平治丸」でアオリイカを狙ってきました。


剣崎沖のアマダイは良型ラッシュだ!【東京湾口・剣崎沖】

剣崎沖のアマダイは良型ラッシュだ!【東京湾口・剣崎沖】

もうすぐ正月。正月に食するおめでタイを自ら釣ってみてはいかがでしょう。「今シーズンはこれまでで一番50㎝オーバーが出てるよ!」と話すのは久比里「山天丸」臼井雄二船長だ。


ゲスト多彩&アタリ多数! イシダイ五目は最高!!【東京湾口・剣崎沖】

ゲスト多彩&アタリ多数! イシダイ五目は最高!!【東京湾口・剣崎沖】

すっかり冬場の人気ターゲットとして定着した、剣崎沖のイシダイ五目。今年も11月に入るとイシダイが顔を出すようになり、シーズンに突入した。


まだまだ狙えるイナダ&ワラサ、脂も乗って美味【東京湾口・剣崎沖】

まだまだ狙えるイナダ&ワラサ、脂も乗って美味【東京湾口・剣崎沖】

9月中旬すぎから本格化した剣崎沖のワラサ。10月中旬の取材でも釣れていたが、今回取材した剣崎松輪「大松丸」の鈴木大揮船長によると「11月に入るとワラサは終盤ですかね」と話す。ワラサと並んで釣れていたのがイナダ。こちらはまだまだ続く見込みだ。例年、年末から年明けにかけて数釣りを記録しているので、今後も楽しめそうだ。


数釣り&大型期待大、剣崎沖のアマダイは今季好調【東京湾・剣崎沖】

数釣り&大型期待大、剣崎沖のアマダイは今季好調【東京湾・剣崎沖】

東京湾のアマダイが今シーズンも好調に釣れている。アマダイ乗合で出船している久比里「山下丸」では、このところ25~40㎝級をトップ7匹前後上げている。


ビシアジビッグチャンス! ハモノねらいでワラサ&ブリも【剣崎沖】

ビシアジビッグチャンス! ハモノねらいでワラサ&ブリも【剣崎沖】

剣先沖では、30〜40㎝の良型激旨アジの釣果がトップで60〜80匹と釣れている。さらに、この良型アジを泳がせてワラサを釣る。良型アジを食らうのだから、ワラサもまたデカイ。剣先沖のビジアジは二度美味しいのだ。


剣崎沖のワラサは良型主体でアタリ活発!【三浦半島・剣崎沖】

剣崎沖のワラサは良型主体でアタリ活発!【三浦半島・剣崎沖】

今季のワラサはサイズがいい。釣れるのは3㎏以上の本物のワラサばかり。5㎏クラスのもいる。ワラサが開幕して少しすると、イナダの群れも入ってきて、ワラサ、イナダ混成で釣れることも。さらに、青物シーズンはマダイの活性も上がり、太いハリスでも食ってくることも多い。こちらも楽しみだ。


ゲストも美味魚ばかり! イシダイ五目が大人気【東京湾口・剣崎沖】

ゲストも美味魚ばかり! イシダイ五目が大人気【東京湾口・剣崎沖】

超美味・高級魚イシダイがこんなに釣れる! ワラサ・イナダ、カンパチ、本メジ、カワハギ、メジナ、アジ、イサキ、ウマヅラ、マダイ…釣れるゲストもおいしい魚ばかり!! これはマジでおもしろい!!!


剣崎沖のワラサ、ブリ級まじりで本格化!【剣崎沖】

剣崎沖のワラサ、ブリ級まじりで本格化!【剣崎沖】

シーズンは6月後半からスタートした剣崎沖のイナダ&ワラサ。開幕当初から2㎏前後のサイズが多く、好調に釣れ続いてきた。そして10月中旬すぎ、その剣崎沖でブリまじりでワラサ級がまとまって釣れはじめた。


剣崎沖の秋のマダイはライトに楽しもう!!【棒面丸】

剣崎沖の秋のマダイはライトに楽しもう!!【棒面丸】

関東屈指のマダイポイントである剣崎沖、春の乗っこみと秋の落ちダイを主に、ほぼ周年マダイ釣りが楽しめる。剣崎松輪港では多くの船宿がマダイ乗合を出船しているが、その中で唯一のLTマダイ乗合を出船しているのが「棒面丸」だ。私にとっては初めてのLTマダイで、どんな釣りなのかわくわくしながら港へと向かった。


高性能ニュータックルで剣崎沖のカワハギを攻略【東京湾口・剣崎沖】

高性能ニュータックルで剣崎沖のカワハギを攻略【東京湾口・剣崎沖】

奥深く、エキスパートたちがさまざまな技を駆使して競い合うテクニカルな釣りのイメージが強いカワハギ釣りだが、じつは初心者でも簡単に楽しめる釣り物。仕掛けはシンプル、オモリもあまり重くないもので魚の引きをダイレクトに楽しむことができる。むしろ釣り自体初心者の方が初めて船釣りをするときの釣り物におススメしたいくらいなのだ。


大爆釣も! ワラサがシーズン本番だ 剣崎沖編【東京湾口・剣崎沖】

大爆釣も! ワラサがシーズン本番だ 剣崎沖編【東京湾口・剣崎沖】

秋の訪れと共に、太り出すのは人間だけでない。剣崎沖のワラサも、秋を迎えて絶賛サイズアップ中。さぁ、食欲の秋です。丸々と肥えたところを、美味しく頂いちゃいましょう。


秋カワハギはこう楽しめ! 剣崎沖編【東京湾口・剣崎沖】

秋カワハギはこう楽しめ! 剣崎沖編【東京湾口・剣崎沖】

8月の解禁以来、好調な釣果に湧く剣崎沖。とくにサイズに関しては、30㎝前後のデカハギまじりで大型が多数取り込まれている。


正真正銘のワラサだ! 引き味、食味共に◎【三浦半島・剣崎沖】

正真正銘のワラサだ! 引き味、食味共に◎【三浦半島・剣崎沖】

ここ数年は7月初旬に開幕を迎えることが多かった剣崎沖のワラサだが、今年は7月末にスタートを切った。これでも十分早い釣れ出しだが、今年の特徴はとにかくサイズがいいことがあげられる。3㎏オーバーがレギュラー。4㎏以上、もっと大きいのもいる。まさに正真正銘のワラサが、絶好の食いを見せているのだ。


ワラサ&イナダ、kg級の爆釣が続く!【東京湾口・剣崎沖】

ワラサ&イナダ、kg級の爆釣が続く!【東京湾口・剣崎沖】

8月に入っても依然、釣れ続く剣崎沖のワラサ、イナダ。7月中旬ぐらいからは連日のように爆釣し、多くの船が早揚がりするという状況が続いている。5時30分出船で9時に早揚がりでも、トップ30本以上や40本以上を記録する船もあるほどだ。


ランキング


>>総合人気ランキング

つり丸定期購読