MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

剣崎沖に関する記事

剣崎沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
剣崎沖のワラサ釣りは、80号のビシを使う。そのため、ロッドは80号のオモリに対応したものを使う。6対4〜7対3調子の青物用ロッドがオススメ。長さは2.4〜3.3mぐらい。このほかには強めのマダイ竿を流用する人もいる。こちらは3〜3.3mぐらいが扱いやすいだろう。
更新: 2018-11-19 01:18:38
東京湾口のアマダイのタックルはノーマルタックルで狙うのが基本だ。竿はオモリ80号を背負えて、穂先でアタリの取りやすい、8対2調子から7対3調子のものが扱いやすい。底を取り直して、タナを小まめに調整する必要があるので、あまり軟らかい竿は向かないので注意しよう。長さは一日手持ちでやるので2m前後が扱いやすいだろう。
更新: 2018-10-15 02:08:40
ロッドはビシ80号に適合したマダイ、ワラサ用ほか、遠征五目用などを用いる。今シーズンのワラサは大型が多いので、マダイ竿を使用する場合も、腰の強い硬めの竿を選ぶといいだろう。リールは中小型電動リール。道糸はPE4号以上で。PEは傷がついていたり、ほころんでいるようなものはやり取り中に切れることもある。
更新: 2018-10-15 00:58:09
9月に入り、これから秋の気配が深まってくる。秋は青物など大型魚が盛り上がる季節であるが、テクニカルで美味なカワハギもおもしろくなる時期。本格シーズンを前に基本をおさらいして、釣行に備えよう!
更新: 2018-09-21 01:00:37
本格シーズンを迎えた東京湾のカワハギ釣り。これからは水温が下がるにつれてカワハギの群れが固まりだし、それでいて厳寒期ほどの低水温ではないので釣りやすく、大型の確率も高くなる時期。さらに、キモも大きくなってきたので食味もアップ。熱いカワハギシーズンの到来だ。
更新: 2018-09-18 00:51:12
ヤリイカの季節っていつだっけ? と思うことが多くなった。例年、秋の声を聞くころから釣れだすが、今シーズンは8月から好調に乗っている。そしてそのシーズンも4月ごろまでと、実に長い期間釣れるターゲットとなった。
更新: 2018-09-11 01:00:05
ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。
更新: 2018-08-31 01:03:35
東京湾口では秋の声とともにヤリイカが釣れだし、高水準の釣果をたたき出している。「今年は8月下旬からヤリイカを狙っています。スルメがあまりよくなかったので始めた感じですが、ヤリイカの群れはどこでも見つかって、イカはかなり多そうですよ」こう話すのは、金沢八景「一之瀬丸」の一之瀬竜也船長。
更新: 2018-07-30 01:02:47
8月から開幕している東京湾口・剣崎沖のカワハギ。夏〜初秋はカワハギが広範囲に散らばって拾い釣りの状況が続く。それでもいい日にはトップ15枚前後を記録し、20枚超す日もある。
更新: 2018-07-23 01:04:53
三浦半島剣崎沖には毎年毎年〝律儀〟にワラサの群れがやってくる。今シーズンは例年並みと言える8月上旬に食いだした。「今年は今のところ3㎏未満のサイズが多いですが、反応はまずまずですよ」と、剣崎松輪「一義丸」の北風謙一船長は言う。
更新: 2018-07-20 00:52:58

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読