MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

東京湾に関する記事

東京湾に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
東京湾のマゴチ釣りが開幕絶好調だ!新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月からマゴチ乗合をスタート。60㎝オーバーの大型、トップ5本以上の日も!近年増えているヒラメのほかイカもまじる!このチャンスにぜひ!
オフショアルアーゲームのなかで、最もライトな釣りに入るメバル・カサゴゲーム。水温上昇に転じれば、バチ抜けも活発になり、メバルの活性も一気に上向く。ここでは「アイランドクルーズFC」の釣りを紹介する。
東京湾 猿島周辺は、美味アジが手軽に釣れることから人気のアジスポット。「義和丸」では好調が続いており、7時20分の午前船、13時の午後船と2便出船をしている。都合の良い時間帯を選んで春の海へと繰り出そう。
東京湾のシーバスが爆釣トップシーズン!千葉・寒川港「小峯丸」では人数限定片舷乗合というオンリーワンシステムを取っているため、ジギングはもちろんキャスティングも思う存分楽しめる!
東京湾の春はシロギスも人気!深川の老舗船宿「富士見」では連日出船しているが、アタリの数は盛期より控えめだが、食ってくるキスは大半が良型。春の到来とともに、シロギスの上品な引きを堪能してみよう。
江戸前マコガレイの春が始まった。金沢八景の「荒川屋」では、コンスタントに40㎝前後の良型が上がっている。八景沖~横浜沖は大型が寄ることで知られたポイント。桜が咲く前後はジャンボサイズの実績が高い。
東京湾のタチウオとアジのリレー船がおもしろい!アタリを出すのに難しい低活性タチウオに挑戦して、後半には数が釣れるアジでお土産が確保できる。この時期に、釣趣と釣果を両立できるタチウオとアジのリレー釣りにぜひトライしてほしい!
東京湾のシーバスはジギングシーズン真っ只中。本牧「横浜釣船店」では取材前日も数本の70㎝オーバーがキャッチされていた。これから水温が上がり始めるときが最高潮!このチャンスを逃すな!
東京湾LTアジが大ブレイク中!「半日船で30〜40匹くらいは釣れているかな」と語ってくれたのは、周年LTアジ船を出す金沢八景「太田屋」の池田芳之船長。激うまのブランドアジを存分に釣りまくろう!!
東京湾・第二海堡沖テンヤ&タイラバがバリ食い絶好調!厳冬期の今も4~5㎏オーバーといった大型が連発!お祭り状態に!大型にはタイラバ有利!水温上がればさらにスゴイことに!これが東京湾の底ヂカラだ!
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読