沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

イナダに関する釣り記事


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


秋の本命、コマセマダイ五目と豪華ゲスト揃い踏み!(増福丸)

秋の本命、コマセマダイ五目と豪華ゲスト揃い踏み!(増福丸)

大物狙いの春の乗っ込みに対して、秋は中型までの数釣りのイメージがあるマダイ。確かにどのエリアでもその傾向にあるが、ここ御前崎沖の秋は、数釣りの中に超豪華なゲストがまじって楽しめるので要チェックなのだ。


ガッツリと「釣った感」を味わえる! 相模湾のイナダ(浅八丸)

ガッツリと「釣った感」を味わえる! 相模湾のイナダ(浅八丸)

ここ数年キハダ、カツオにその座を奪われた感もあるが、本家『相模湾秋の回遊魚代表』といえばイナダだ。そのイナダが湘南の名礁エボシ岩沖で好スタート!


波崎沖・大根のヒラマサ絶好調! 青物ジギング炸裂!(征海丸)

波崎沖・大根のヒラマサ絶好調! 青物ジギング炸裂!(征海丸)

今年は当たり年! と言われ、関東近郊各エリアではヒラマサが好調にヒットしている。もちろんここ波崎沖・大根周辺も例外ではない。 “一日やって1本獲れるか獲れないか”といわれるほど難しいとされるヒラマサだが、ここ大根周辺では6月中旬頃より一人複数キャッチは当たり前というほど絶好調だ。


狙いは青物グランドスラムと高級根魚!ゲームスタートだ(松栄丸)

狙いは青物グランドスラムと高級根魚!ゲームスタートだ(松栄丸)

南房布良沖のルアーゲームがいよいよ本格始動だ。ジギングやキャスティングにより、ヒラマサ、カンパチ、ワラサ(ブリ)の青物御三家をはじめ、マハタなどの根魚まじりで釣果上昇中なのだ。


SNSで仕立船!仕立船でわきあいあいと乗っ込みマダイ狙い【剣崎沖】

SNSで仕立船!仕立船でわきあいあいと乗っ込みマダイ狙い【剣崎沖】

関東きってのコマセダイのメッカ剣崎沖に今年も乗っ込みの季節がやってきた。 しかし、少しだけ早かったみたいだ…。


釣る前に、食べる前に、イナダ(ブリ)という魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、イナダ(ブリ)という魚を知ろう!

イナダは、スズキ目アジ科ブリ属の魚。大きさによって名前が変わる出世魚。イナダから値段がつくが、意外に小さいものは未利用魚となることが多い。


好調! オープンエリアのキャスティングゲーム【東京湾奥千葉沖】

好調! オープンエリアのキャスティングゲーム【東京湾奥千葉沖】

東京湾のルアーゲームが好調だ。相手はシーバス、イナダ、ワラサ、サワラと多彩。メインターゲットはコレと決めづらい。そんな状況が続いてきた。


まだまだ狙えるイナダ&ワラサ、脂も乗って美味【東京湾口・剣崎沖】

まだまだ狙えるイナダ&ワラサ、脂も乗って美味【東京湾口・剣崎沖】

9月中旬すぎから本格化した剣崎沖のワラサ。10月中旬の取材でも釣れていたが、今回取材した剣崎松輪「大松丸」の鈴木大揮船長によると「11月に入るとワラサは終盤ですかね」と話す。ワラサと並んで釣れていたのがイナダ。こちらはまだまだ続く見込みだ。例年、年末から年明けにかけて数釣りを記録しているので、今後も楽しめそうだ。


マダイ五目&アマダイの豪華リレー釣り!【相模湾・葉山沖】

マダイ五目&アマダイの豪華リレー釣り!【相模湾・葉山沖】

運を試さなくてもバッチリ釣れる! 実質はマダイ五目&アマダイの豪華リレー釣利。おいしい高級魚でクーラー満タン!!


みんなでワイワイ、秋の青物ゲームを楽しもう!【外房・川津沖】

みんなでワイワイ、秋の青物ゲームを楽しもう!【外房・川津沖】

9月下旬の大雨の影響で、沿岸部には濁った潮が…。「前日よりもさらに濁って、しかも水温まで下がってしまいました…」とは「不動丸」吉清船長。取材日はジギングで攻略し、この潮の中でショゴ(カンパチの若魚)やイナダが連続ヒットしたぞ。


エキサイティング! 東京湾青物ジギングゲーム・秋の陣【東京湾】

エキサイティング! 東京湾青物ジギングゲーム・秋の陣【東京湾】

ヒートアップする東京湾の青物ゲーム、狙うはベイエリアの秋の主役イナダ&ワラサ。それに加えて、あわよくばブリ。ブリ? と思う人もいるかもしれないが、今期の東京湾では7〜9㎏ブリが回遊中だっ! 激アツです。


マダイの数釣りにイナダ&ワラサの青物もまじるぞ【相模湾・葉山沖】

マダイの数釣りにイナダ&ワラサの青物もまじるぞ【相模湾・葉山沖】

葉山沖に出船しているマダイ船の釣果が届いた。10月12日の初日からマダイはボウズなし。さらにゲストのイナダも全員がゲット。以後も好調が続き、マダイのトップが二桁釣果を記録する日もあった。また、ゲストにはイナダ&ワラサのほかにメジマグロ(小型のクロマグロ)、イシダイ、ヒラソウダなどがまじることもある。ズバリ、好釣だ。


美味マダイが数釣れる! ワラサ&イナダも!!【東京湾・久里浜沖】

美味マダイが数釣れる! ワラサ&イナダも!!【東京湾・久里浜沖】

首都圏からも身近な東京湾のコマセマダイポイント、久里浜沖。これからは数釣りが期待できるシーズンになってゆく。日に日に水温が下がってゆくこれからは、マダイの群れが徐々に深場に固まりだし、越冬の準備でエサを荒食いするようになる。型は中、小型主体ながら、ひとり10枚とか、ときには20枚に迫るような爆釣があるのが秋シーズンだ。


イナダ! ワラサ! ブリ! 東京湾、秋の青物ゲーム開幕!!【東京湾】

イナダ! ワラサ! ブリ! 東京湾、秋の青物ゲーム開幕!!【東京湾】

不動の定番のイナダ&ワラサは安定好釣。加えて、今期はすでに11.5㎏のブリも出ているとのこと。数だけでなく、大物キャッチの報も度々届いている。俄に活気づく東京湾の青物。さぁ、ゲームの始まりだ。よっしょ、やったるで〜。


これから本格シーズン! ワラサ&イナダ絶好調【東伊豆・初島周り】

これから本格シーズン! ワラサ&イナダ絶好調【東伊豆・初島周り】

今年はどこの地区でもワラサの釣れ始めが早い。東伊豆・初島周りでも例年より早く、7月の終わりぐらいからワラサ、イナダがオキアミで釣れ始めていた。剣崎沖の好調で影に隠れていたが、8月の末に数、サイズともに爆発したぞっ。


ワラサ、入れ食いラッシュ突入!【久里浜~下浦沖】

ワラサ、入れ食いラッシュ突入!【久里浜~下浦沖】

次から次へと群れ来たる! 東京湾中に群れが入っているぞ! 栄養をたっぷり取ってうまさ抜群。今後の展開も期待十分。どこでも釣れているからロングランは間違いなしだっ。


ワラサ&イナダが釣れすぎてゴメン!【東伊豆・初島周り】

ワラサ&イナダが釣れすぎてゴメン!【東伊豆・初島周り】

東伊豆の一級ワラサポイント初島周りで、7月下旬ごろからイナワラサイズ中心の数釣りが続いている。2㎏前後主体にトップ20本近く釣れる日もあり、大型クーラー満タンということも少なくない。


タチウオ&イナダ・ワラサが夏の東京湾のルアーターゲット【東京湾】

タチウオ&イナダ・ワラサが夏の東京湾のルアーターゲット【東京湾】

タチウオ&イナダ・ワラサは夏の東京湾の人気ルアーターゲットだ。気軽に青物の強烈なファイトが味わえる、湾内のルアーゲーム。さあ、刺激的な時間の始まりだ。


ワラサ&イナダ、kg級の爆釣が続く!【東京湾口・剣崎沖】

ワラサ&イナダ、kg級の爆釣が続く!【東京湾口・剣崎沖】

8月に入っても依然、釣れ続く剣崎沖のワラサ、イナダ。7月中旬ぐらいからは連日のように爆釣し、多くの船が早揚がりするという状況が続いている。5時30分出船で9時に早揚がりでも、トップ30本以上や40本以上を記録する船もあるほどだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読