MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

スズキに関する記事

スズキに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
江戸前マコガレイの春が始まった。金沢八景の「荒川屋」では、コンスタントに40㎝前後の良型が上がっている。八景沖~横浜沖は大型が寄ることで知られたポイント。桜が咲く前後はジャンボサイズの実績が高い。
東京湾・第二海堡沖テンヤ&タイラバがバリ食い絶好調!厳冬期の今も4~5㎏オーバーといった大型が連発!お祭り状態に!大型にはタイラバ有利!水温上がればさらにスゴイことに!これが東京湾の底ヂカラだ!
東京湾のマダイをタイラバ釣法で狙う羽田「TAKEMARU」の釣果が絶好調だ!タイラバでの攻め方は、細かい情報が取れ、戦略を組み立てやすいバーチカルスタイル!ばっちり防寒して出掛けよう!!
春先〜夏場に館山湾にはカタクチイワシが大量に入ってくる。湾内にはイワシのイケスも多く、全国各地のカツオ船もエサの買い付けに訪れる。イワシを求めてやって来るのはカツオ船だけでなく、様々な魚達も同様だ。
富津沖のエビスズキは、70〜80㎝の大型サイズがターゲット!大型の魚を狙うにはタックルもゴツイ!と思う人もいるかもしれないが、道具立てはシンプルなライトタックルそのものと言っていいだろう。
道糸はナイロン7号。仕掛けは7号の三ケ月オモリを中オモリとしてナイロン糸に結び、そこから先にフロロカーボン5号、4.5mの一本バリ。重要なのはエサの付け方。水中でエビが元気よく泳ぐということが絶対条件!
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
湘南のシンボル烏帽子岩。そのホンのちょっと沖では多彩なゲストを従えてマダイを狙うことができる。5月下旬現在良型マダイはちょっと休憩モード? といった感じだが、600g~1㎏サイズが釣れている。
伊勢湾は東京湾と同じく、湾口部が狭まっていて、干満の差で激しい潮の流れが生じる。その潮の流れと湾内に流れ込む栄養分をたっぷりと含んだ大型河川の水が海の生き物たちをはぐくんでいるのだ。
富津沖のエビスズキは長い伝統を持ちながらも、いまだそのスリリングな釣り味は色あせていない魅力的な釣りだ。ライトな道具立てで、1メートルに届くかという超大型スズキを狙うのだ。
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読