MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

横浜沖に関する記事

横浜沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
オフショアルアーゲームのなかで、最もライトな釣りに入るメバル・カサゴゲーム。水温上昇に転じれば、バチ抜けも活発になり、メバルの活性も一気に上向く。ここでは「アイランドクルーズFC」の釣りを紹介する。
江戸前マコガレイの春が始まった。金沢八景の「荒川屋」では、コンスタントに40㎝前後の良型が上がっている。八景沖~横浜沖は大型が寄ることで知られたポイント。桜が咲く前後はジャンボサイズの実績が高い。
横浜新山下「アイランドクルーズFC」では、「メバカサ乗合&仕立」が盛況!メバル狙いの基本ルアーはジグヘッド&ソフトルアー!同船主催「デカメバルトーナメント」覇者、椎野さんオススメタックルも紹介!
江戸前の海を代表する釣魚のひとつがマコガレイ。東京湾遊漁船業協同組合が主催する「江戸前釣り大会 カレイ釣り」が今年も開催された。11軒の船宿から15隻の船が出動し、盛大な釣り大会となった。
東京湾のイシモチが好期に突入。手軽な道具で小さな子どもたちも楽しめるが、ベテランも夢中になる奥深さもある。これから春先までが落ちの時期で大型狙いも有望。銀色に輝く魚体は見事なサイズが揃っている。
東京湾では、異例のタチウオ激釣が続いている。小柴港「三喜丸」では指4本サイズがアベレージで、メーター超え指5本サイズも多くまじる確変中!今が釣行チャンスだ!
手軽に楽しめる東京湾・横浜沖のLTアジが好調!新山下「渡辺釣船店」では、船着き場から10分もかからないという近さで、半日トップ60匹台という好釣果を記録する日が目立っている。是非チャレンジしてみよう!
東京湾を舞台に展開されるボートからのクロダイ落とし込み釣り。その中で、周年を通して疑似餌を使った釣りを楽しませくれる新山下「フネクロ」オススメの「ジョイントキャンディー」を使った釣りがそれだ。
新子安恵比須橋の「だてまき丸」マゴチが宿の看板。一年の多くの期間をマゴチ乗合で出船しており、今シーズンも好釣果を出し続けている。これからの照りゴチシーズン!パワフルな夏マゴチの引きが堪能できるぞ‼
「例年、6月くらいを境にクロダイの食性が変わるんです。夏場にかけてはイガイが中心になります。」と池田船長。東京湾でも数少ないクロダイの落とし込み釣りを得意とする「フネクロ」のメイン船長だ。
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読