MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

横浜沖に関する記事

横浜沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
東京湾を舞台に展開されるボートからのクロダイ落とし込み釣り。その中で、周年を通して疑似餌を使った釣りを楽しませくれる船がある。新山下の「フネクロ」がおすすめしている「ジョイントキャンディー」を使った釣りが、それだ。
更新: 2019-09-16 07:00:00
新子安恵比須橋の「だてまき丸」マゴチが宿の看板。一年の多くの期間をマゴチ乗合で出船しており、今シーズンも好釣果を出し続けている。これからの照りゴチシーズン!パワフルな夏マゴチの引きが堪能できるぞ‼
更新: 2019-08-15 12:00:00
「例年、6月くらいを境にクロダイの食性が変わるんです。夏場にかけてはイガイが中心になります。」と池田船長。東京湾でも数少ないクロダイの落とし込み釣りを得意とする「フネクロ」のメイン船長だ。
更新: 2019-07-13 12:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
更新: 2019-03-06 12:00:00
ビギナーからベテランまで楽しめ、一年中いつでも釣れるLTアジ。ただし、水温がグッと下がる2月頃は食いが渋くなって釣果も落ちる傾向にと思いきや、東京湾・横浜沖の浅場で美味しいアジがたくさん釣れてるぞ!
更新: 2019-02-19 07:00:00
「今一つだった昨年に比べると、今年はだいぶ調子がいいですよ。1月中旬になって数も型も出るようになってきました。トップで100本overと食いっぷりの良さを披露してくれたのは、本牧「長崎屋」の長崎船長。
更新: 2019-02-18 12:00:00
東京湾のLTアジはここ最近、不調という話を聞かない。水温が低下する2~3月でさえ浅場で食いが続き、いまや年中絶好調な釣りと言えるだろう。LTといえどもサイズが良く、脂の乗りはバッチリで、最も人気の高い釣りと言っても過言ではないだろう。
更新: 2018-09-25 08:40:48
手軽に楽しめるターゲットの代表格といえるのが東京湾のLTアジ。今年は冬場から横浜沖が好調に釣れている。
更新: 2018-05-21 03:59:10
今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「渡辺釣船店」。東京湾のLTアジは、現在では欠かせない釣り物のひとつとなっているが、ここ最近の釣れっぷりは特にすごいことになっていて、ファンを喜ばせてくれている。
更新: 2019-01-28 17:32:50
辺りが夜闇に包まれると、大輪の花火のようなイルミネーションが浮かび上がる。横浜みなとみらいのシンボル「コスモクロック21」だ。移り変わる配色によって、次々にその姿を変えてみせる。海上から見るこの景色はまさに幻想的。竿を手にしていることさえ忘れてしまいそうなほどだ。
更新: 2018-04-12 01:41:35

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読