MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

佐渡島沖に関する記事

佐渡島沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
オキメバルは水深100m~200mの底付近で周年釣れるが、食べ頃は今。その好漁場ともいえる佐渡島沖へメバル狙いでプチ遠征を行っているのが、「魁明丸」だ。釣り方はオモリ200号使用の胴付きサビキ釣り。
3月から始まる佐渡沖小木の瀬のオキメバル釣り。今年は良型ぞろいでアベレージサイズが25㎝オーバー!水深100〜120mダチの点在するポイントを探るが、各ポイントの一流し目は魚の活性が高く多点掛けが期待できる。
「10㎏の大アラを釣りたい!」そんな幻級の高級魚を釣るなんて、夢の話だったが、現実にかなえてくれるのが、新潟県間瀬港「光海丸」だ。
新潟県の春告げ魚であるオキメバル釣りが中越地域で開幕した。なんといってもこの時期のオキメバル(ご当地では「ハチメ」と呼ぶ。標準和名はウスメバル)の魅力は上品な脂をまとった美味しさだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読