MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

乗っ込みマダイに関する記事

乗っ込みマダイに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
今回紹介するのは茨城~外房にかけて人気のひとつテンヤマダイ。シンプルな道具で力強い引き!高いゲーム性!遅れて開幕する茨城~外房の「乗っ込みマダイ」いよいよシーズン到来だ!
駿河湾“石花海”の乗っ込み大ダイ&激うまイサキが開幕中!大ダイ狙いで、10㎏前後のモンスター級がターゲット。一方、浅場でシーズン開幕中の激うまジャンボイサキも絶好調だ!
初島マダイの乗っ込みシーズンが本格化!宇佐美港の「富八丸」では、現在1~2㎏のマダイが上がっているが、今後は5~6kg級も姿を見せるハズ!乗っ込みシーズンラストチャンスは初島沖を攻めてみよう。
ライトでみんなで楽しく釣る!新潟県・寺泊沖〜間瀬沖の夜スルメイカシーズンが開幕!ライトスルメで気軽に遊ぼう!!昼は乗っ込みマダイ釣りで超大型チャンス!!
日立久慈沖のテンヤマダイがおもしろい!乗っ込みの大型が顔を出し、青物や各種根魚といった多彩なゲストも!取材後の5月22日には、4.5㎏の大ダイ&2㎏の中ダイと3〜7㎏のワラサ・ブリも取り込まれている。
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
完全に乗っ込み!コンスタントに大型が上がっている剣崎沖のマダイ。剣崎間口港の仕立船「孫武丸」では、出船の度に3~5㎏前後の大型を上げている。剣崎沖から目が離せない!
ようやく気配が出始めた、マダイの乗っ込み。「マダイ釣りならお任せ!」の葉山柴崎港「福栄丸」でも、食べ頃の1㎏級を中心に釣り頃の2~3㎏級がまじり、トップ二桁に迫る釣果も出ている。
魚影がすこぶる濃く、マダイ釣り場として有名な上越エリアは例年より遅れ気味の乗っ込み開始!ほぼ同時にこの海域に乗っ込むのがヒラメ!昼は大ダイ、夜は大ビラメを狙う!!
新潟県上越・直江津沖の初夏の2大乗っ込み魚であるヒラメとマダイ。早くもヒラメが乗っ込み中だ。全国的に珍しい夜のヒラメ釣り。直江津沖の水深20〜30mでアンカーをうってのカカリ釣りで狙う。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読