沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

観音崎沖に関する釣り記事


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


激うまドラゴン級まじりで楽しめる!東京湾タチウオジギング(太田屋)

激うまドラゴン級まじりで楽しめる!東京湾タチウオジギング(太田屋)

ロングランで楽しめる東京湾のタチウオゲーム。今期は安定感が高いのが特徴だが、季節が秋へと移ろい、ポイントが観音崎から下浦沖の深場が中心となってからは、釣果の上下が目立っている。


今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

「三喜丸」では、タックルはノーマル、ライトというシバリはないが、長時間誘い続けられるという点から、やはり軽量のライトタックルが主流。ただ、注意して欲しいことがある、と河野秀照船長は話す。


依然好釣継続中! 誘いがカギのタチウオ釣り(鴨下丸)

依然好釣継続中! 誘いがカギのタチウオ釣り(鴨下丸)

東京湾・観音崎沖から走水沖のタチウオがロングランで釣れている。初夏に大貫沖〜金谷沖で開幕したタチウオ釣りだが、8月には第二海堡〜観音崎沖の水深60〜80mにタチウオの群れが移動。現在もほぼ同じポイントで釣れ続いている。下浦沖でも釣れ始めた。


ゲーム感覚で楽しむ! 東京湾タチウオ釣りの仕掛け&釣り方(義和丸)

ゲーム感覚で楽しむ! 東京湾タチウオ釣りの仕掛け&釣り方(義和丸)

東京湾の夏タチウオが好調さをキープして、ファンを大いに楽しませてくれている。「今年も安定していますね。多少の上下はありますが、全体的に反応も多くて釣りやすいですよ」とは、横須賀・新安浦港「義和丸」の村上義人船長。


ジギング同船OK! 良型タチウオ絶好調だ! (三喜丸)

ジギング同船OK! 良型タチウオ絶好調だ! (三喜丸)

東京湾の看板ターゲット、タチウオが絶好調だ。近年ロングランの釣りものとして定着しているが、連日、安定釣果が記録されている。


細かい誘いとタナの見極めでタチウオの引きに酔いしれよう(浜新丸)

細かい誘いとタナの見極めでタチウオの引きに酔いしれよう(浜新丸)

タチウオと言えば一日で釣果がコロっと変わる気まぐれ魚の代表格だが、今シーズンは開幕から安定した釣果が続いている。「今年は6月の終わりごろから釣れ出しました。特別すごい釣果が出ているわけではありませんが、好不調の波が少なく狙いやすいですね」と、富津港「浜新丸」の浜名良男船長は言う。


深くなってますますテクニカルで面白い! 東京湾タチウオ(小川丸)

深くなってますますテクニカルで面白い! 東京湾タチウオ(小川丸)

今期好調の東京湾のタチウオ。8月中旬頃より釣れる水深が60~80mと深くなったが、それでも半日船でトップ10~30本と釣れている。ただその反面、スソは0だったり、ひと桁前半だったりと、トップと大きく差が開いている。


ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

午前、午後の二便で出船中の大津「小川丸」のマアジ船は、猿島沖〜観音崎沖を中心に周年を通して楽しめる。この海域のアジは、黄金色に輝き幅が広く脂の乗りも抜群。ブランドアジとして人気が高い。


開幕から絶好調! LTで軽快にシャクって数釣りを狙え!(三喜丸)

開幕から絶好調! LTで軽快にシャクって数釣りを狙え!(三喜丸)

夏の東京湾の人気ターゲット、LTタチウオが好調なスタートを切っている。小柴港「三喜丸」では、6月1日からLTタチウオ乗合をスタート。観音崎沖、金谷沖、久里浜沖などで浅場の群れを探して出船している。


ここのアジは幅広で超超超〜オイシイ!【東京湾・観音崎沖〜鴨居沖】

ここのアジは幅広で超超超〜オイシイ!【東京湾・観音崎沖〜鴨居沖】

釣りたての新鮮な美味しい魚が食べたい! そう思ったら、おすすめターゲットのひとつがアジだ。


極上の美味アジを手にしよう!!【東京湾・走水沖〜観音崎沖】

極上の美味アジを手にしよう!!【東京湾・走水沖〜観音崎沖】

昨年の夏〜秋は、ずっと絶好調が続いていた東京湾のアジ。冬以降も好調が続いていたが、早春の時期にきて釣果にムラが出てきた。一年のなかでも水温が低く、また海況が激しく変わりやすいことが影響したのだろうか? それでも好調な日には、トップ50匹以上という日も珍しくないのだ。


激うまサワラを求めてジギング&キャスティング【東京湾・観音崎沖】

激うまサワラを求めてジギング&キャスティング【東京湾・観音崎沖】

「サゴシは去年から青物やタチウオ釣りでまじっていたんですけど、サワラが出だしたのは年明けすぐですね。平均3㎏半が水面でボコボコ、なんて日もありましたけど…」とは、磯子八幡橋「鴨下丸」でルアー船を担当する萩原敏広船長。


東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

「観音崎沖の水深80mぐらいで釣れるタチウオは全体的にサイズがいいですね。この場所が好きなファンは多いですよ」と、新安浦港「長谷川丸」の岩瀬正紀船長。この時期は、この観音崎沖メインに狙う。昨シーズンの春は下浦沖の深場や、猿島周りから走水沖にかけて釣れていたが、しばらくはここが主戦場となりそう。


只今絶好調の東京湾のビシアジでありますっ!【東京湾・観音崎沖】

只今絶好調の東京湾のビシアジでありますっ!【東京湾・観音崎沖】

冬の到来と共に、その身に良質な脂を蓄えて美味しくなっていく魚たち。とりわけ東京湾のマアジは、そのうまさが倍増する! と評判で、こぞって太公望たちが仕留めに出掛けている。


観音崎沖のタチウオ&アジのリレーが凄くイイんです!【観音崎沖】

観音崎沖のタチウオ&アジのリレーが凄くイイんです!【観音崎沖】

鴨居大室港を離れた「福よし丸」は観音崎沖へと波をかき分けて進んだ。このところの悪天候に3日ぶりとなる出船だ。はたしてタチウオ&アジたちはお腹をすかせて待っていてくれるだろうか。


タチウオ&アジ、超おもしろリレー釣り【東京湾・観音崎沖〜鴨居沖】

タチウオ&アジ、超おもしろリレー釣り【東京湾・観音崎沖〜鴨居沖】

毎年、タチウオが釣れ出すと、タチウオとアジのリレー船を出す鴨居大室港「福よし丸」。今シーズンは6月末から、このリレー船をスタート。開始してしばらくタチウオは低調な日が続いたが、観音崎沖の水深80m前後で釣れるようになった8月中旬ぐらいから安定しはじめた。


脂たっぷり激うまタチウオ、大型シーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

脂たっぷり激うまタチウオ、大型シーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

いよいよ観音崎沖の80~90mラインでタチウオが始まった。この秋から冬にかけてのタチウオ釣りの魅力は、数こそ夏の浅場の釣りには及ばないものの、なんといってもサイズがいいこと。脂がたっぷりと乗った良&大型がターゲットだ。


観音崎沖のタチウオは大型まじりで数釣りも!【東京湾・観音崎沖】

観音崎沖のタチウオは大型まじりで数釣りも!【東京湾・観音崎沖】

神出鬼没で食いのパターンを変幻自在に変えるタチウオ! いかにタナを見つけ、また、どう食わすかのゲーム性が病み付きになると、東京湾でも大人気のターゲットだ。


タチウオ&アジをリレーで釣る【東京湾・久里浜沖〜観音崎沖〜第二海堡沖】

タチウオ&アジをリレーで釣る【東京湾・久里浜沖〜観音崎沖〜第二海堡沖】

7月中旬すぎ、関東地方が梅雨明けした。暑い日が続くが、東京湾のタチウオがおもしろくなる。今回取材で乗船したのは久里浜港「平作丸」。当宿ではタチウオ専門船のほか、好調なアジとのリレー船もある。リレーで2魚種を狙うもよし、タチウオ専門で狙うもよし! 東京湾はタチウオもアジもオススメだ!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読