MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

大ダイに関する記事

大ダイに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
房総半島の先端部、南房・西川名沖。魅力はショートロッド&ショートハリスで大ダイとのやり取りが可能なこと。午前と午後便で出船中なのでさらに手軽。年末年始のお目でタイ釣行におすすめだ。
上越沖の秋ダイがアツい!近年は冬場もよく釣れ、周年マダイ釣りを楽しめる。現在は中ダイ数釣りモードだが、6㎏大ダイも浮上している。今期はまじりで5kgオーバーのヒラマサや7kgのブリもキャッチされている!
伊豆のコマセマダイ専門船 下田柿崎「兵助屋」。ここ南伊豆沖はマダイポイントは広範囲にあり、風向きによって釣り分けることができる恵まれた海域なのだ。「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!
沼津沖、湾内のコマセ釣りマダイが高活性。湾内でも超一級ポイントで知られる平根を船宿の目前にする久料「魚磯丸」では、良型マダイをメインに数釣り中。「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!
スーパーライトジギング!ライトなタックルとライトなライン、軽量小型のジグを使い、いろんな魚を狙って釣る!スタイル。関東にも本格上陸!茨城・波崎港の「征海丸」がスーパーライトジギング船を開始。
飯岡沖のテンヤマダイが好調。魚礁周りでコンスタントに大ダイがヒット。大型を取り込むには多少の運も必要だが、太めのラインを使って、ドラグを緩めすぎず、強気のやり取りをするのが取り込む確率を高める。
常磐、日立会瀬沖は夏秋のマダイシーズンに突入。これからの時期は5㎏オーバーの大ダイチャンス!テンヤ、タイラバ、タイジグもOK!マゾイ、クロソイ、ホウボウ、オキメバル、イナダなど豪華ゲストも豊富だ。
テンヤマダイが盛んな茨城、外房エリアは、いよいよ秋の好シーズンに突入。この時期は浅場で多彩なゲストがまじり、突然の大型のヒットもあるので侮れない。さあ、秋のテンヤマダイに出かけよう!
いま最も話題になっている最新のオフショアLT、ひとつスッテのイカゲーム。 元祖はいうまでもなく福井・茱崎港の船宿「ディープオーシャン」だ。7月半ばのケンサキイカ到来のタイミングにあわせて、ひとつスッテゲーム専門船で本格出船。
例年、関東各地のマダイポイントよりも一足早く乗っ込みに突入する御前崎沖。東海地方に属するエリアだが、関東各地からも日帰りで行ける釣り場だ。今シーズンの御前崎沖は、関東各地のマダイポイント同様に乗っ込み開始が遅れた。それでも、3月末頃には「オモリ」と呼ばれる一級ポイントで本格化し、好釣果が記録され始めた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読