MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

大ダイに関する記事

大ダイに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
駿河湾“石花海”の乗っ込み大ダイ&激うまイサキが開幕中!大ダイ狙いで、10㎏前後のモンスター級がターゲット。一方、浅場でシーズン開幕中の激うまジャンボイサキも絶好調だ!
初島マダイの乗っ込みシーズンが本格化!宇佐美港の「富八丸」では、現在1~2㎏のマダイが上がっているが、今後は5~6kg級も姿を見せるハズ!乗っ込みシーズンラストチャンスは初島沖を攻めてみよう。
魚影がすこぶる濃く、マダイ釣り場として有名な上越エリアは例年より遅れ気味の乗っ込み開始!ほぼ同時にこの海域に乗っ込むのがヒラメ!昼は大ダイ、夜は大ビラメを狙う!!
駿河湾 最奥部の沼津沖。今期も例年どおりマダイが乗っ込み中だ。釣り方は、オキアミコマセ釣り。乗っ込みでも、指示ダナは高めではない。いかに、マダイの目の前に付けエサをもっていくかが、釣果のカギ。
乗っ込み気配ムンムンの三浦半島、剣崎沖のマダイ。剣崎間口港「利一丸」は、このところ、連日マダイ狙いで出船中。5㎏クラスの大型もポツポツまじるようになってきた。乗っ込み大ダイを狙いに行こう!
関東屈指の乗っ込みポイント剣崎沖!本番はマダイが浮き、タナが高くなるのが特徴。シーズンによっては水深の半分ぐらいのタナが指示されることもある。多彩なゲストもまじり、五目釣り感覚で楽しめる。
内房のマダイのメッカ、富浦沖の横瀬が乗っ込み本番!富浦港「共栄丸」ではハリス12mタナは高めで攻め、落とし込みの誘いが最大の武器!
東海エリアの大ダイ乗っ込み超一級ポイント御前崎沖〝オモリ〟が半月ほど遅れて乗っ込み開幕。オモリでは過去、この時期に数々の大ダイがキャッチされ、その乗っ込み注目度はNo.1といっても過言ではない。
静岡・御前崎沖は言わずと知れたマダイの超一級ポ イント!中でも「オモリ」は乗っ込みの本命場所としてその名を轟かせている!5kgオーバーの大物も多く、誰にでも大ダイのチャンス!
春の乗っ込みシーズン到来!鹿島新港「第五悌栄丸」では近年、ひとつテンヤにこだわらず、ジグやタイラバといった巻きモノ系で攻める釣り人が多く、実際、それで釣れていると若船長・久保聡志さん!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読