MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

マゴチに関する記事

マゴチに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
横浜磯子をベースに独自のルアーゲームを展開している「釣福丸」。季節ごとに細かく看板ゲームが変わるが、秋から冬にかけてはとくにおすすめの釣り物がある、という。
更新: 2018-10-22 02:15:13
新山下の「黒川本家」では、8月5日にはトップ22本、船中71本の好釣果を記録した。アワセのタイミングが難しいとされるマゴチ釣りだが、この釣りの老舗である「黒川本家」では、出船前に船長が独自の図を用いてレクチャーをしてくれるので、初めての人でもアワセのタイミングがわかりやすいはず。
更新: 2018-09-25 01:09:49
三浦半島・金田湾は古くからシロギス釣りのメッカとして知られているが、最近はボートで大物狙いができる場所として人気を集めている。「マゴチは好調ですね。サイズもいいし数も出ています。ヒラメは少し小型が多くなったけど、こちらも釣れてます」と、金田湾「浜千鳥」の飯島尚武さんは言う。
更新: 2018-08-22 00:58:29
内房・富浦は房総半島随一のボートフィールドだ。南側には太房岬がありまるで湖のような景色が広がる。シロギスが多いポイントだが、マゴチ、ヒラメの魚影も濃い。
更新: 2018-08-20 01:03:21
宮城県の仙台湾はカレイの海で全国に知られている。県内では人気№1の不動の沖釣りターゲットだが、8月はヒラメや青物などの引きが強い、または、大型の魚を看板にあげる船宿が多くなる。
更新: 2018-08-20 01:03:11
東京湾のマゴチが〝照りゴチ〟シーズンを迎え、絶好調の釣果に湧いている。取材は7月中旬の金沢八景「一之瀬丸」。船着き場を出てものの数分の八景沖から、千葉県側の海堡周りなどを攻めた。
更新: 2018-08-20 01:03:34
東京湾のマゴチが元気いっぱい! 連日トップ10本前後、サイズも60㎝オーバーが飛び出すなど絶好調だ。
更新: 2018-07-24 01:06:05
3月ごろに開幕し今シーズンも好調に釣れ続いている東京湾のマゴチ。新子安恵比須橋の「だてまき丸」は、このマゴチを宿の看板とし一年の多くの時間をかけて狙い続けている。 ただ、「照りゴチ釣り」という言葉もある通り、マゴチは本来夏の釣り物とされてきた。今回も夏の釣り物の代表として「だてまき丸」のマゴチを取材した。
更新: 2018-07-24 01:06:01
東京湾、江戸前ターゲットのなかでも、独特の釣趣があるマゴチ釣りが最盛期を迎えた。
更新: 2018-07-18 00:31:33
6月に鹿島沖のテンヤマゴチが開幕。ひとつテンヤのタックルで楽しめ、釣趣も食味も上々だ。型が良く、50㎝~60㎝級が多い。テンヤにセットするワームは、オレンジ系の4インチが定番。
更新: 2018-07-17 01:04:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読