MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

マゴチに関する記事

マゴチに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
東京湾内の人気ターゲットのシロギス。越冬のため水温の低下とともに深場へ移動。冬のシロギスは「落ちギス」とも言われる。数釣り&大型!いよいよ落ちギスシーズン開幕だ!
12月の全面解禁でチャンス拡大!茨城県鹿島沖のヒラメ!鹿島港「植田丸」ではLT専門乗合で出船し、絶好調!0.5~2㎏クラス主体に3~4㎏級まじりでトップ2桁釣果の好釣果が続いている。
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
鹿島旧港「義心丸」では、現在2便態勢でひとつテンヤマダイに出船。ハナダイ、青物、根魚、ヒラメやホウボウなどゲストも多彩。テンヤ&タイラバタックル、釣り方の基本を押さえて「紅葉鯛」を手にしよう!
仙台湾はフラットフィッシュの宝庫。ヒラメ、カレイ、マゴチのポイントが豊富。亘理荒浜港「拓洋丸」&「大海丸」ではビギナーもベテランも大満足のヒラメ釣りが可能だ。ヒラメ爆釣シーズンの仙台湾・南部にぜひ!
新子安恵比須橋の「だてまき丸」マゴチが宿の看板。一年の多くの期間をマゴチ乗合で出船しており、今シーズンも好釣果を出し続けている。これからの照りゴチシーズン!パワフルな夏マゴチの引きが堪能できるぞ‼
鹿島沖テンヤマダイが好調。タックルは専用竿に小型スピニングリールで仕掛け、ノット、エサ付け、釣り方まで詳しく図解。釣り場は浅場主体でアタリ多く大型も!ハナダイ、ショウサイフグなどゲストも豊富。
夏が旬といわれるマゴチ。仙台湾沿岸のマゴチも最盛期を迎えている。仙台湾内で、マゴチを専門に看板に揚げる乗合船やルアー船以外はほとんどなく、亘理「拓洋丸」は、その唯一の乗合船だ。
連日のように好釣果を記録している東京湾・八景沖周辺のマゴチ。アタッたときのドキドキ感~アワセ決まったときの衝撃が醍醐味!この時期、安定して好調が続くこのターゲットにぜひ挑戦してみよう!
夏が旬といわれるマゴチが浅場で釣れている。ここ数年で確立した釣り方はテンヤにソフトワームを装着するというもの。簡単に言ってしまえばルアー釣りだが、いまやエサ釣り師たちのスタンダートな釣法なのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読