MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

大貫沖に関する記事

大貫沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
一日で二種類の釣りが楽しめるリレー釣り。金沢八景の「野毛屋」では午前LTアジ、午後フグで出船中。どちらも絶好調!午前で帰りたい、寝坊して午後から釣りたい、など都合に応じて選べるのも半日船の魅力。
日立久慈港「大貫丸」の新造船「第五大貫丸」が完成し9月15日に進水式を行った。
ロングランで人気の高い東京湾タチウオジギング。長浦港「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといった一級ポイントを中心に転戦。F7=指7本の大型が連日キャッチされている。
ショウサイフグの凄まじい爆釣だった。大貫沖で群れを探していた金沢八景「野毛屋」の黒川健太郎船長から「これは絶対にすぐ食うよ」のアナウンスが出る。。沖揚がりまでフグの食いは衰えず、トップは120匹、2番手112匹と束越えの釣果となった。
アタリが頻繁に訪れても、なかなか掛からない。あの手この手でなんとか食わそうと努力するからアツくなる!そんなシーンが一日続く夏のタチウオ釣りが、盛り上がっている!!
夏タチウオは指3本前後の中・小型が主体で数が期待できるというイメージだが、「こなや」のルアータチウオは大型を中心に、状況で数も狙っていくというスタイルだ。
この時期避けては通れないターゲット、マゴチ! この時期は実は一番難しい時期なのだ。春先からスタートしたマゴチ釣りだが、産卵前のこの時期は、特に難しい。産卵を終えるとアタリも頻繁に増えてくるのだが…。
築地市場では、活けともなればキロ5000円以上もするという、超がつくほどの高級魚・マゴチ。そんなマゴチが4月後半、東京湾大貫沖で大爆発! ツ抜け当たり前、トップ20本前後という、まさに異常な釣れっぷりとなった。
東京湾のマゴチが早くも開幕している。新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月1日からマゴチ船を開始。初日は手探り状態ながらもトップ5本、最大58㎝も飛び出す好スタートを切っている。
新子安恵比須橋「だてまき丸」では、3月3日からマゴチ乗合をスタート。今回、本誌の取材は、その初日に敢行。トップは4本だったが、いきなり初日から62㎝、59㎝、55㎝という大型が取り込まれ盛り上がった。取材後もトップは4、5本をキープ。59㎝や57㎝の大型も取り込まれている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読