MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

直江津港に関する記事

直江津港に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
上越沖、春まで続く秋パターンのマダイシーズン開幕中!直江津港の老舗「第二八坂丸」では9㎏の大ダイキャッチ!大強烈な引きを味わおう!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
魚影がすこぶる濃く、マダイ釣り場として有名な上越エリアは例年より遅れ気味の乗っ込み開始!ほぼ同時にこの海域に乗っ込むのがヒラメ!昼は大ダイ、夜は大ビラメを狙う!!
新潟県上越・直江津沖の初夏の2大乗っ込み魚であるヒラメとマダイ。早くもヒラメが乗っ込み中だ。全国的に珍しい夜のヒラメ釣り。直江津沖の水深20〜30mでアンカーをうってのカカリ釣りで狙う。
上越沖のプレ乗っ込みがシーズンイン!直江津港「第二八坂丸」ではコンスタントに大ダイがあがり、2月21日には11㎏、翌日には7.7㎏がキャッチされている!
いよいよ日本海に春到来!新潟・上越沖のプレ乗っ込みマダイが開幕した。なんといっても、魅力は良型サイズ!ベテランもビギナーも基本釣法をおさらいしてシーズンを楽しもう!!
マダイの好漁場として全国的に有名な新潟県上越沖。数はもちろんのこと、5㎏オーバーの大型もまじる。時化の合間がチャンス日!荒食いシーズン攻略を解説!おいしいマダイを釣りに行こう!!
上越沖の秋ダイがアツい!近年は冬場もよく釣れ、周年マダイ釣りを楽しめる。現在は中ダイ数釣りモードだが、6㎏大ダイも浮上している。今期はまじりで5kgオーバーのヒラマサや7kgのブリもキャッチされている!
日本海はケンサキイカの季節に突入中。今回は、石川・金沢港の「北龍丸」&新潟・直江津港「第二八坂丸」の釣果情報とともに、釣り方の主流「メタルスッテ」基本タックル&基本釣法を詳しく解説する。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読