MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

千葉に関する記事

千葉に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
外房が青物ベストシーズン!メインターゲットのヒラマサをはじめ、ワラサ・イナダ、カンパチという青物御三家がジギングで好調にヒット。ゲストも多く、マハタ、サワラ、ヒラメ、ハガツオ、カサゴなどと実に多彩。
御宿沖でイサキ釣りが爆釣で開幕!御宿沖のイサキといえば御宿岩和田港の「義丸」。解禁後初出船日は、7人中6人が定数50匹の釣れっぷり!今季もイサキはストレス発散の数釣りが楽しめそうだ。
内房・富浦沖のタイ五目が絶好調!水深35mほどの浅場で多彩な魚を狙う五目釣りで、マダイ、ハナダイ、イナダ、大アジと美味しい魚ばかり釣れ上がる。LTタックルでも十分楽しめるのでおすすめだ。
東京湾 湾奥のサワラゲームが激アツだ。千葉・船橋港「フレンドシップ」はこの日は午前と午後の二便で出船。午後のポイントはなんと東京ディズニーシーの目の前。こんなところでサワラがボッコボコ!
夏にもヒラメを狙える貴重な釣り場、銚子沖が秋を迎えても絶好調。銚子外川港の「福田丸」では連日トップ15枚を超え、20枚を超える日も!今後は、計画段階だが深場の新ターゲットも開拓予定!こちらも楽しみだ!
中ダイ以上のマダイにこだわり、今年から釣り方をテンヤマダイからタイラバ釣法にチェンジした外房 川津港「とみ丸」の釣果がグングンアップ中!ドテラ流しを理解して大ダイ狙いにイザ出陣だ!
大原沖のショウサイフグが満を持して解禁。春先までロングランで大原沖を熱くするターゲットだ!大原港「敷嶋丸」はイチ早く「カットウ釣り」を取り入れた草分け的な存在。今シーズンは例年以上に視界良好だ!
「2019 がまかつ関東地区カワハギ釣り大会」(主催:地区内がまかつフィッシングロッド販売契約店、がまかつ)が10月30日(水)に千葉県浦安「吉野屋」で開催される。
「JGFA沖釣り同好会・ヒラメ釣り」(主催:JGFA)が10月27日(日)に千葉県銚子外川港「福田丸」(TEL 0479・22・5741)で開催される。参加者を募集。
飯岡沖のテンヤマダイが好調。魚礁周りでコンスタントに大ダイがヒット。大型を取り込むには多少の運も必要だが、太めのラインを使って、ドラグを緩めすぎず、強気のやり取りをするのが取り込む確率を高める。
1 2 3 4 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読