神奈川に関する釣り記事


浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

夏のまっ盛りに開幕した東京湾のタチウオ、今シーズンも魚影は濃いようで、良い日はトップ30本前後の釣果が聞こえていた。光り輝く銀色の魚体に会いに向かったのは、シーズンを通してタチウオ乗合を出船している金沢漁港の「鴨下丸」。


暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

昨年の夏場は、東京湾のアジが広範囲で絶好調続きだった。今シーズンも同じように好調が続いている。走水港「吉明丸」では走水沖をメインに狙って、35㎝前後の良型を主体に、トップ50匹以上を記録することもしばしばだ。今回の取材では、走水沖40m前後を狙って、トップは60匹だった!


ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

午前、午後の二便で出船中の大津「小川丸」のマアジ船は、猿島沖〜観音崎沖を中心に周年を通して楽しめる。この海域のアジは、黄金色に輝き幅が広く脂の乗りも抜群。ブランドアジとして人気が高い。


相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

コマセ釣りが解禁して間もなく、相模湾にカタクチイワシが回遊し、突如としてルアーの釣果が上向いた。各所でトリヤマが立ち、キハダが巨大な水飛沫を上げてボイルしているのだ。さらにアベレージサイズも25〜30㎏とひと回り大きくなり、非常にエキサイティングな状況となっている。


面白いぞ! 注目! ベイエリアシーバスゲーム(アイランドクルーズFC)

面白いぞ! 注目! ベイエリアシーバスゲーム(アイランドクルーズFC)

「夏から秋口のシーバスは、実はなかなか面白い時期のひとつなんですよ」とは横浜新山下をベースにシーバスゲームを展開している「アイランドクルーズFC」の遠藤正明キャプテン。


強烈な引きと極上の味をぜひ! ワラサシーズン開幕(一義丸)

強烈な引きと極上の味をぜひ! ワラサシーズン開幕(一義丸)

三浦半島剣崎沖には毎年毎年〝律儀〟にワラサの群れがやってくる。今シーズンは例年並みと言える8月上旬に食いだした。「今年は今のところ3㎏未満のサイズが多いですが、反応はまずまずですよ」と、剣崎松輪「一義丸」の北風謙一船長は言う。


コツは指示ダナを守ること! キハダの仕掛けをご紹介(湘南 海成丸)

コツは指示ダナを守ること! キハダの仕掛けをご紹介(湘南 海成丸)

今回、「湘南 海成丸」の取材は二日間敢行。その二日で女将は20㎏以上と思われるキハダを4回ヒットさせた。惜しくも海面でキハダをサメに食われたり、オマツリしてハリスが切れるなどして取り込むことはできなかったが、渋いなか連発させたのは驚異的だった。


20kg越えデカキハダもヒット! さぁ、万全の態勢で挑め!(島きち丸)

20kg越えデカキハダもヒット! さぁ、万全の態勢で挑め!(島きち丸)

キメジ主体で開幕した2015相模湾カツオ&キハダのコマセ釣り。当初は絶好調だったが、その後イワシが回遊した影響か、キメジはコマセへの反応があまりよくなくなってしまった。


超人気ルアーターゲット! 美味魚タチウオを釣る!(渡辺釣船店)

超人気ルアーターゲット! 美味魚タチウオを釣る!(渡辺釣船店)

東京湾が誇る人気ルアーターゲット、タチウオ。釣趣の良さと食味を兼ね備え、老若男女、初心者から上級者にいたるまで、幅広い層の釣り人たちから支持されている。


まだまだ続く! 東京湾のマゴチは年内いっぱい狙える!(だてまき丸)

まだまだ続く! 東京湾のマゴチは年内いっぱい狙える!(だてまき丸)

東京湾、江戸前ターゲットのなかでも、独特の釣趣があるマゴチ釣りが最盛期を迎えた。


浅ダナでダイレクトに! 夏のタチウオ仕掛け&釣り方(義和丸)

浅ダナでダイレクトに! 夏のタチウオ仕掛け&釣り方(義和丸)

今シーズンの夏タチは6月初旬にスタートとかなり早く釣れだした。その後は多少はムラがあるものの、概ね好調と言えるだろう。


カツオラッシュ突入! 全速全開でガンガン行こうぜ!(たいぞう丸)

カツオラッシュ突入! 全速全開でガンガン行こうぜ!(たいぞう丸)

今シーズンの相模湾は早くからルアーで大型キハダが数多く取り込まれ、「今年はいる!」と多くのファンに期待されて8月1日のコマセ釣り解禁日を迎えた。


手軽で簡単な2種の釣りを楽しむ! 東京湾LTアジ&シロギス(あい川丸)

手軽で簡単な2種の釣りを楽しむ! 東京湾LTアジ&シロギス(あい川丸)

老若男女を問わずに人気の釣り物、アジとシロギス。この両魚を一緒に釣ってやろうというのが、「あい川丸」のリレー乗合だ


神出鬼没で食い逃げする夏タチウオをテクニカルに釣る(長谷川丸)

神出鬼没で食い逃げする夏タチウオをテクニカルに釣る(長谷川丸)

アタリが頻繁に訪れても、なかなか掛からない。あの手この手でなんとか食わそうと努力するからアツくなる!そんなシーンが一日続く夏のタチウオ釣りが、盛り上がっている!!


真夏の激アツターゲット! 相模湾キハダ&カツオ(たいぞう丸)

真夏の激アツターゲット! 相模湾キハダ&カツオ(たいぞう丸)

8月1日、今年も相模湾で待望のコマセ釣りによるキハダ&カツオが開幕した。開幕初日はコマセに反応するのか心配なところもあったが、今年も初日からコマセに反応した! なかには群れを見つけて、1投目でキメジを釣り上げた船もあったほどだった。


カツオ&キメジ好調! 相模湾のキャスティングゲーム開始(丸伊丸)

カツオ&キメジ好調! 相模湾のキャスティングゲーム開始(丸伊丸)

8月も中旬に入り、相模湾のオフショアキャスティング・ゲームは最盛期を迎えている。今年の相模湾の特徴は、カツオ&キメジの姿が多いことだろう。


相模湾・江の島沖のスルメイカの仕掛け&釣り方を解説!(島きち丸)

相模湾・江の島沖のスルメイカの仕掛け&釣り方を解説!(島きち丸)

夏のイカといえば、このスルメ。今回取材した片瀬港「島きち丸」では、多少のムラはあるもののトップが束近い釣果を出す日もあるなど好調だ。6月上旬の取材では、イカのサイズはムギまたはそれよりひと回り程度大きなニセイカと呼ばれるものが中心。


仕立船で楽しむオススメプラン! 金田湾のマゴチ&シロギス(邦丸)

仕立船で楽しむオススメプラン! 金田湾のマゴチ&シロギス(邦丸)

太陽がジリジリと照りつける真夏が最も美味しいマゴチ。「照りゴチ」とも呼ばれ江戸前の夏を代表する魚だ。


美味な金アジが絶好調! ビシアジの仕掛け&釣り方(村上釣舟店)

美味な金アジが絶好調! ビシアジの仕掛け&釣り方(村上釣舟店)

猿島沖は周年アジが狙える一級ポイントとして名高い。今年は6月に入ると、好釣果が目立つようになった。猿島沖のアジをメインに狙っている新安浦港「村上釣舟店」では、6月に入り絶好調な釣果が続いている。


とろける激ウマトロサバを半日船で釣る! 仕掛け&釣り方(小川丸)

とろける激ウマトロサバを半日船で釣る! 仕掛け&釣り方(小川丸)

釣り方カンタン、引きが強いから子供は大喜び。そして何より食べて最高に美味しい!! そんな釣りが、この「トロサバ」だ。大津港「小川丸」では、このトロサバ釣りを午後船で楽しませてくれる。


ランキング


>>総合人気ランキング