MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

神奈川に関する記事

神奈川に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
更新: 2019-01-15 06:45:47
仕掛けはプラヅノ11㎝で組んだブランコ式の5〜7本ヅノが標準。枝スは3号、幹糸は5号。仕掛けの途中に赤白のウキスッテをまぜると有効なときもあるので準備しておくといいだろう。
更新: 2019-01-16 00:55:54
竿は130号のオモリに対応した、7対3調子の先調子気味で2m前後のもがあればOK。7対3調子のビシアジ用のほか、汎用性の高いゲームロッド、ライト泳がせ用、コマセキハダ用を使う人もいた。
更新: 2019-01-16 00:55:12
ジギングは、ロッドは長さ6フィート前後、ラインはPE2〜3号、リーダーはフロロの40〜60Lb。キャスティングは、ロッドは長さ7フィート前後、ラインはPE2号、リーダーはナイロンの40Lb。
更新: 2019-01-15 00:50:41
「太郎丸」の「アコウダイ五目」で使用するオモリは250号(潮が速いときは350号を使うこともある)。狙う水深は深くても500mぐらいまで。そのため、竿はオモリ250号に対応した深海用がベスト。
更新: 2019-01-15 00:49:27
東京湾のタチウオゲームがトップシーズンを迎えている。しかも、この時期のタチウオは良・大型揃い! みな指3.5~5本オーバーのメーター前後で、指2~2.5本という小型は1本たりともまじらなかった。
更新: 2019-01-15 00:49:54
「魚探に反応はしっかり出ているんですけどね。よほどなにかを嫌っているんでしょう。口を使ってくれませんね」と、状況を教えてくれたのは川崎「つり幸」の村上船長。言葉のやり取りがあったのは、昨年の暮れ。
更新: 2019-01-15 00:49:23
タックルはイカ専用竿に小型電動リール。電動リールには道糸として、PEラインの4〜5号を300m以上巻いておく。11㎝のプラヅノで組んだブランコ仕掛けとサバが多いときのための直結仕掛けは必須。
更新: 2019-01-08 01:05:33
東京湾のイシモチが好調だ。25㎝前後の良型が中心で、30㎝級もまじる。金沢八景「黒川丸」では数量限定だが、レンタルのカッパや長靴もあるため、電車釣行でも安心だ。
更新: 2019-01-07 00:57:49
「今年は水温が高いこともあって、猿島の浅場で根周りをやってます。ここは型がいいのが特徴です」と「小川丸」のアジ船担当船長。連日クーラーBOXは満タンでイナダやサワラ、クロダイなど外道も楽しみである。
更新: 2019-01-07 00:57:51
先頭 1 2 3 4 5 6 7 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読