MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

平塚港に関する記事

平塚港に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
サバなんて!そんな偏見もいまは昔。手頃な乗船料金、穏やかな湾内の近場を中心に短時間出船で楽しめて、家族やカップルから熱い支持を受けている。またサバを中心としたエモノの2枚おろしサービスまで受けられる。
更新: 2019-05-20 07:00:00
相模湾のライトルアーが始まった!低価格で短時間、大人も子供もみんなで手軽にルアーフィッシングが楽しめるとあって大人気だ。ターゲットはサバをメインに、そのときに釣れる魚。高い確率でお土産確保可能だ。
更新: 2019-05-17 12:00:00
春本番を迎え色々な魚が乗っ込みの態勢に入っている。深場釣りではアコウダイもその一つ。平塚港「豊漁丸」は相模湾でアコウ専門乗合いを出船!出船の度にボコン!ボコン!と海面にアコウ花を咲かせている。
更新: 2019-05-05 07:00:00
ここ数年、相模湾で冬場に手軽にルアーゲームが楽しめるということで、人気急上昇中の釣り物がある。高級魚「ホウボウ」だ。テクニカルでおもしろく、奥が深い。ジグは基本100g以下。タックルはシーバス用でOK!
更新: 2019-02-26 12:00:00
相模湾・平塚沖〜大磯沖で楽しむ、高級魚ホウボウ釣り!テクニカルで面白さも想像以上で、しかも美味しいときたら、ハマる人も多い。ジグは主に30〜40gを使用。フックはアシストのみで楽しめる。
更新: 2019-02-06 07:00:00
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
更新: 2019-01-15 06:45:47
竿はライトタックル用の汎用竿が人気だ。7対3〜8対2の先調子がオススメ。これよりも軟らかい調子の竿は、仕掛けの操作が難しくなり、また小さなアタリがわかりにくくなるのでオススメではない。長さは1.7〜2.2mぐらいが扱いやすいだろう。
更新: 2018-12-03 01:11:54
冬の本格シーズンを迎え、相模湾エリアのアマダイが好調だ。アマダイ狙いで出船している平塚港「庄治郎丸」では、トップ2ケタ釣果も珍しくなく、40㎝オーバーの良型もコンスタントに釣れている。さらに50㎝オーバーの良型もけっこう上がっているのだ。
更新: 2018-10-12 02:23:20
ここ数年キハダ、カツオにその座を奪われた感もあるが、本家『相模湾秋の回遊魚代表』といえばイナダだ。そのイナダが湘南の名礁エボシ岩沖で好スタート!
更新: 2018-09-06 06:03:59

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読