MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

静岡に関する記事

静岡に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
「千とせ丸」藤間船長がエスコートする網代沖はカワハギ、カサゴ、タイやイサキ、青物コマセ五目、夏のキハダ&カツオにヒラメの食わせサビキ、冬場のキンメなど…多彩なターゲットを有す、絶好のフィールドだ。
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
駿河湾・沼津沖は、西から回遊してくるタチウオの大きな群れがたまり、一人100本釣りなんてことも過去に珍しくない。夜が苦手な人には、湾内の大アジ釣りがオススメ。沼津沖はこの冬にはかかせない釣り場だ。
11月末から東伊豆のイカブリが開幕。一時は船中100本以上の釣果も報告され、食いが良いときは船中数十本の釣果もあり、3〜4㎏級のワラサが多いが8㎏級のブリも期待できる。
東伊豆の冬夜の風物詩、イカブリ釣りが今期も開幕。ワラサやブリが夜釣りなら意外と簡単にゲットできてしまうという、寒さをも忘れさせてしまうほどの人気の釣り物だ。イカが回遊すればいよいよ爆釣モード突入だ!
昨シーズン大ブレイクのアカムツ宝庫!遠州灘。今期もコンスタントにアカムツを釣り上げている高速ボート「カロライナスキッフ」で攻める「ボートクラブ カナル」。凪ぎればチャンス!今期もフィーバー中だ!
初島周りのマダイを一年を通して狙っている宇佐美港「富八丸」。年末にかけては、ゲスト豊富で絶好期!初島沖の深場では4㎏、5㎏の大型も!初島沖のマダイで納竿釣行というプランはいかがだろう。
東伊豆、初島周りの夜イカブリが好調なスタートを切った。開幕から釣れたのは3~4㎏級のワラサ主体だが、ブリ級の姿も確認されている。今後はヤリイカが釣れ出すので、大型ブリのチャンスだ!
清水港「大宝丸」ではF8=指8本という驚異的なサイズのタチウオがヒット中!ここではF8を狙うタックル、釣り方など攻略法を解説。防寒対策をしっかりとして挑んでいただきたい。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
1 2 3 4 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読