MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

鹿島港に関する記事

鹿島港に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
鹿島港「豊丸」。鹿島沖のヤリイカが出足好調だ!群れの量はハンパないことがあり、100杯以上釣るなんてことも!ヤリイカ基本釣法、仕掛け、タックルセッティングをわかりやすく図解。
鹿島沖のワラサが好調だ。しかも今期のワラサは丸々と太っている個体が多く、腹周りの身は真っ白で、大変美味。巻きさえ合えば、ビギナーでも連続ヒットあり!鹿島沖のワラサは群れも多いので、今後も期待だ!
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
12月から茨城海域は生きイワシエサによるヒラメ釣りが県内全面解禁!ポイントの状況と船の流し方&イワシ回遊のパターンのを理解して、鹿島沖の美味ヒラメを楽しんでもらいたい。
茨城・鹿島港「幸栄丸」のルアー船では、丸々と太ったワラサを中心に狙っている。サイズは6㎏オーバーも珍しくはなく、正にブリ級!この大ワラサを狙うなら、とにもかくにもスグの釣行がオススメだ。
12月の全面解禁でチャンス拡大!茨城県鹿島沖のヒラメ!鹿島港「植田丸」ではLT専門乗合で出船し、絶好調!0.5~2㎏クラス主体に3~4㎏級まじりでトップ2桁釣果の好釣果が続いている。
イナダやワラサ、ヒラマサ、サワラといった青物たちが回遊中の鹿島沖で青物ジギングが好調だ!1セットだけの持参であれば、大型に備えてPE3号を巻いたスピニングリールをセットしたタックルをオススメする。
鹿島沖テンヤマダイが好調。タックルは専用竿に小型スピニングリールで仕掛け、ノット、エサ付け、釣り方まで詳しく図解。釣り場は浅場主体でアタリ多く大型も!ハナダイ、ショウサイフグなどゲストも豊富。
鹿島沖の青物がようやく本格化して来た。まだ日ムラはあるものの、ヒラマサにワラサ・イナダがジギングで好調に釣れているのだ。
タックルは通常のブランコ仕掛け、直結ともに1.7〜2m程度のヤリイカ専用竿に小型電動リール。道糸はPE4号を300m以上。仕掛けはプラヅノ11㎝をブランコの場合は5〜8本程度。直結で慣れた人は10本程度。慣れない人は5本くらいで。
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読