MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

片貝旧港に関する記事

片貝旧港に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
外房・片貝沖のイサキがブースト加速中!片貝港「二三丸」では釣行日に40㎝に迫る黄金の特大イサキがまじり、トップ46匹!これからの最盛期に向けて期待大だ!
外房・片貝〜太東沖イサキが魚影濃く、良型主体で好調な滑り出し!〝秘伝〟カラーバリがいい仕事をしている!誘いとコマセワークで食わせ、目指すは定量50匹!タナ厳守で幅広の良型ざっくざくを体感しよう!
片貝港「勇幸丸」では、人工漁礁や根周りのハナダイをコマセ釣りで周年狙っている。25㎝以上の魚も多く、ゲストはウマヅラやメバルのほかマハタもまじり、相当に面白い。
今年も2月から片貝港の「二三丸」で前半にキンメダイを狙い後半にヤリイカを狙うリレー釣りが好調にスタート!この時季ならばサバも大歓迎。お刺身もう一品だ!
水深500mの世界を探索する魅惑の釣り物・アコウダイが片貝旧港「正一丸」でスタートした。 2㎏級の良型を主体に、4〜5㎏のグッドサイズが浮上、ハリ数パーフェクトの15点掛けに歓声が上がる!
片貝旧港「直栄丸」のコマセシャクリのハナダイ五目が絶好調!ハナダイをメインにイシダイやイシガキダイ、イナダやメバルなど真冬でも美味しい魚がいろいろ釣れる穴場の海で、楽しんじゃいましょう!
格的な冬を前にした晩秋のコマセ釣りは、多彩な魚種がまじっておもしろい。11月中旬、片貝旧港「勇幸丸」のハナダイ五目釣りに。アタリダナと誘いパターンを探すのがカギでハマればダブル&トリプル連発だ!
外房を熱く盛り上げる人気ターゲットのヒラメ。片貝沖~大原沖の部分解禁からエリアを徐々に拡大し、10月1日にいよいよ全面解禁!連日、2〜3㎏クラスの良型が舞っている!解禁以降も片貝沖ヒラメは絶好調だ!
部分解禁している片貝沖のヒラメが好スタートを切っている。2、3㎏の良型まじりで、アタリも多い。9月の部分解禁で釣り場拡大、10月には全面解禁で今以上に期待が高まる!今後がますます楽しみだ!
梅雨イサキのシーズンを待ち望むファンも多いことだろう。そんなイサキファンにオススメしたい釣り物が、片貝沖のイサキ&メバル&ハナダイ五目リレー釣りだ!多彩な魚種が釣れるのが魅力!お土産たっぷりだぞ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読