MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

波崎港に関する記事

波崎港に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
関東エリアのアカムツの聖地、波崎沖のカンネコ根が激アツだ! 乗っ込みの最盛期を迎え、波崎港「東洋丸」では規定数となる10匹をキャッチする釣り人が続出している。
紅い超高級魚!波崎沖のアカムツが秋の本格シーズン突入!波崎港「浜茄子丸」での当日は制限尾数の10匹達成達が5人!取材翌々日には、今季最大53㎝(2.1㎏)のビッグワンも飛び出した!
波崎沖のオフショアルアーゲームが超激アツ!波崎港「征海丸」が狙っている大根周辺では、ジギングでヒラマサが絶好調!取材日はワラサやヒラメなども加わり、船上は確変!大フィーバー状態だった。
波崎港の「信栄丸」ではキハダフィーバー中!少し沖合となる犬吠崎沖の黒潮流域を狙っており、キハダ(キメジ)やカツオが回遊!大海原のナブラを独り占め!キャスティング&ジギングで攻略しよう!!
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春の定番釣り物として定着したホウボウのジギングゲーム。テクニカルで超おもしろい!誘い方やジグによって、大きく釣果に差が出てしまうからだ。ただシャクるだけではダメ!ベイトや活性に合わせて攻略しよう!
年明けにロケットスタートを切った波崎沖カンネコ根周辺のヤリイカ。今回は仕掛け~釣り方~サバ&サメ対策もバッチリ紹介!うまい波崎沖のジャンボヤリイカを釣りに行きましょう!!
犬吠沖のアカムツが連日好釣果!深場釣りを得意とする波崎「仁徳丸」。今期はポイントも広範囲でコンスタントに良型があがっている。上手な計画をたてておいしいアカムツをゲットしよう。
常磐沖・大根で青物ジギングが絶好調!ターゲットはヒラマサ、ワラサ・ブリ(イナダ)、サワラ、カンパチ。まさに青物勢揃い!波崎港「征海丸」では昨年12月は10㎏を超す大物が何本も取り込まれた。
現在、波崎沖の青物は小型のヒラマサがよくヒットしているが、今後はワラサがおもしろくなる。ワラサは例年では年明け以降も続く。ベイトとスピニングを使い分け、エキサイティングなジギングを楽しもう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読