MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

剣崎間口港に関する記事

剣崎間口港に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
完全に乗っ込み!コンスタントに大型が上がっている剣崎沖のマダイ。剣崎間口港の仕立船「孫武丸」では、出船の度に3~5㎏前後の大型を上げている。剣崎沖から目が離せない!
乗っ込み気配ムンムンの三浦半島、剣崎沖のマダイ。剣崎間口港「利一丸」は、このところ、連日マダイ狙いで出船中。5㎏クラスの大型もポツポツまじるようになってきた。乗っ込み大ダイを狙いに行こう!
深紅の大型美味魚、ベニアコウ。1匹でも釣れれば最高だが…逢瀬を願う者全てを虜にするその魅力こそ、究極の深海ターゲット「魔性の紅」ベニアコウの真骨頂。剣崎間口港「小やぶ丸」でぜひトライしてほしい。
究極の深海釣り。それがベニアコウだろう。釣り場の水深は1000m。ポイントまでは約1時間。イメージ的には相模湾の真ん中あたり。意外に近場で釣ることができる。今回の釣行ではラストに見事!紅い花が咲いた!
城ヶ島沖のマルイカのベストシーズンは6〜7月。釣って楽しく食べて美味しいこの釣りのファンは多い。例年、釣果にムラもあり、動向が気になって仕方がないが、突如として爆発することもある。準備は万全に!!
今期は各地で乗っ込み本番の声があがっているが、東京湾のストロングポイント・剣崎沖も他の追随を許さない高活性モードに入り、良型まじりの数釣りまで楽しめているので要チェックだ!
今シーズンのマルイカは開幕は早かったが、深場主体の釣りから次のステップに移行するのに時間を要した。つまり浅場で釣れなかった。現在水温上昇と濁り入って第二ステージ突入へ良型主体の乗り味を楽しもう!
ベニアコウは「超」がつくほどの高級魚。刺身、鍋ネタ、煮付け、焼き物、何にしても最高の味だ!剣崎間口港「小やぶ丸」では、ハリ間隔4m、ハリス1.5mの8本バリ仕掛けをすすめている。幻の魚を釣り上げよう!
ベストシーズンを迎えようとしている、江の島から沖の瀬周辺にかけてのヤリイカ釣りを紹介していこう!好調上向き! ということで、今回取材したのは2ヵ所. 剣崎間口港「喜平治丸」と片瀬港「島きち丸」である。
剣崎沖のイシダイ五目釣りが始まった。この釣りを金看板に掲げる剣崎間口港の「育丸」では、11月に入って本格的に狙い始め、いい日にはトップ10匹以上、全員坊主なしと好釣果を連発中だ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読