沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

アカムツに関する釣り情報


遠州灘の魚影の濃さを体感!ボートアカムツ釣り(ボートクラブカナル)

遠州灘の魚影の濃さを体感!ボートアカムツ釣り(ボートクラブカナル)

浜名湖沖でアカムツ釣りを楽しめる遊漁船は意外と少ない。それがアカムツが多く居残っている理由のひとつとも考えられるが、この宝庫を目の前にしてどうしても深海のルビーを釣りたくなるのが釣り人の性。そこで、救世主的なのが浜名湖から出船している「ボートクラブ カナル」。チャーターではあるが、人数がまとまれば乗合も可能だ。


メタリックレッドの深海メジャーターゲット!”アカムツ”(たか丸)

メタリックレッドの深海メジャーターゲット!”アカムツ”(たか丸)

アカムツのタックルは意外とライトなものでよい。ハリス10号の胴付き仕掛けなので、深場専用じゃなきゃダメと思われるが、オモリ200号を背負える竿とPE5号以上400m巻ける電動リールの組み合わせがあればよい。


美味な高級魚アカムツが片貝沖で連発! クロムツも釣れる(正一丸)

美味な高級魚アカムツが片貝沖で連発! クロムツも釣れる(正一丸)

最上級と言っても過言ではない食味のアカムツ。グルメな釣り師なら一度は釣りたい、食べたいターゲットだ。


アカムツ前線北上中! 水深140m手付かずの宝庫開拓中(第8光勝丸)

アカムツ前線北上中! 水深140m手付かずの宝庫開拓中(第8光勝丸)

「9月から小名浜沖を本格的に探り始めました。アカムツがいるだろうと思われるポイントは、実は誰もノーマークのところ。反応もない泥場で底引き網漁もやらないところですよ」とは、昨年末に中深場のアカムツを始め、いきなり爆釣させた小名浜港「第8光勝丸」の松原光平船長。


勝浦沖ディープゾーンで狙う! 超高級魚アラ…ゲストも(初栄丸)

勝浦沖ディープゾーンで狙う! 超高級魚アラ…ゲストも(初栄丸)

勝浦沖の中深場を「ディープゾーン」と称し、高級根魚を追い続ける勝浦港「初栄丸」渡辺和明船長。


シーズン終盤! ラストルビー”アカムツ”を狙え!(桜井丸)

シーズン終盤! ラストルビー”アカムツ”を狙え!(桜井丸)

三連休で唯一の好天&凪に恵まれた9月23日、鹿島新港「桜井丸」のアカムツ船の乗合客は14名。片舷7名は決して少ない人数ではないが、6月に就航した20tの「第27桜井丸」の広々とした釣り座なら余裕の広々、ノープロブレム。


南房・和田沖のアカムツゲーム! ライトタックルで釣る(渡辺丸)

南房・和田沖のアカムツゲーム! ライトタックルで釣る(渡辺丸)

ここ数年で南房のアカムツ釣りのメジャー船になった江見太夫崎「渡辺丸」。 それもそのはず、40㎝オーバーの大型ばかりをコンスタントに釣らせてくれるからだ。もちろん、条件が悪いときは釣れないこともある。しかし、ほぼ周年、アカムツを狙っていることにより、アカムツの動きを理解し、渡辺英雄船長はポイントが把握できたというのだ。


水深250mも簡単お手軽タックルで大型アカムツを釣る!(たか丸)

水深250mも簡単お手軽タックルで大型アカムツを釣る!(たか丸)

これから年末にかけては、うまい紅い魚が気になる季節だ。そんな魚の代表がアカムツ。激うまな身を一度でも味わってしまったら、あなたはこの魚のとりこだ。近年では大型アカムツが潜む水深200〜300mの深海を普段使い慣れたタックルで手軽に釣れるようになった。


チャンスタイムを逃すな! 大型アカムツの仕掛けをご紹介(明進丸)

チャンスタイムを逃すな! 大型アカムツの仕掛けをご紹介(明進丸)

タックルはノーマル、ライトどちらでもOKだ。ノーマルの場合はオモリは120号、ライトはオモリ80~100号だ。ノーマルの場合は、2m前後のアカムツ竿、ビシアジ竿、中深場竿等を使用する。リールは小型電動でPEは3号が標準。


アカムツ名人から学ぶ! 絶品アカムツの仕掛け(波崎・信栄丸)

アカムツ名人から学ぶ! 絶品アカムツの仕掛け(波崎・信栄丸)

不動のエース三沢氏のアカムツ仕掛けはいたってシンプル。ハリスのアピールアイテムはマシュマロボールLサイズを1ヶ付けるのみ。ハリは太字ムツ18号を使用。 中オモリは10号を必ず付けるのが、彼の仕掛けの特徴のひとつだ。


条件が良ければルビー連発! 由比沖のアカムツ(龍神丸)

条件が良ければルビー連発! 由比沖のアカムツ(龍神丸)

由比漁港から航程10分ほどの港目前が、200m以深に落ち込むドン深の海でのアカムツ釣り。最初は6月に挑んだものの、時期尚早だったようで全員玉砕となった。


アカムツファン垂涎のエリア! 日立久慈沖のアカムツ(モンロー号)

アカムツファン垂涎のエリア! 日立久慈沖のアカムツ(モンロー号)

茨城のアカムツというと真っ先に思い浮かべるのは、現在絶好調が続いている波崎沖だろう。だけど今、ファンの間で密かに、そして熱い注目を浴びているのが、日立久慈港出船、「モンロー号」のアカムツだ。


魚影抜群のポイントを攻める!浜名湖沖アカムツ(ボートクラブカナル)

魚影抜群のポイントを攻める!浜名湖沖アカムツ(ボートクラブカナル)

洒落たクラブハウス横のポンツーンに係留されたカロライナスキッフ。かつて訪れた海外のマリーナを彷彿させるロケーションは「漁港の釣り船」を見慣れた我々の目にはとても斬新に映る。


波崎沖カンネコ根で釣る! 良型アカムツフィーバー中(仁徳丸)

波崎沖カンネコ根で釣る! 良型アカムツフィーバー中(仁徳丸)

7月から開幕した波崎沖カンネコ根のアカムツ釣り。例年、9月10月がハイシーズン。今期も絶好調だ。


激うまアカムツ最盛期! 今期のコツは静かに誘う(ひろの丸)

激うまアカムツ最盛期! 今期のコツは静かに誘う(ひろの丸)

激うま高級魚として知られるアカムツが手軽に釣れる波崎沖カンネコ根。最盛期は10月だ。


40cm級大型アカムツ浮上中! これが最盛期の証明だ!(波崎・信栄丸)

40cm級大型アカムツ浮上中! これが最盛期の証明だ!(波崎・信栄丸)

波崎沖約9マイル沖に広がる水深100〜150mの岩礁帯が“カンネコ根”だ。周囲は起伏が少ないなだらかな砂泥帯で、毎年9月10月にアカムツが産卵のためにこの根周辺に集結するピークを迎える。


人気の深海釣り! 富戸沖のアカムツ&キンメダイ(ひろし丸)

人気の深海釣り! 富戸沖のアカムツ&キンメダイ(ひろし丸)

今回は東伊豆・富戸沖でキンメとアカムツを狙った。札幌からはるばる来てくれた内山夫妻に、いいお土産を持ち帰らせることができるか!?


波崎沖カンネコ根のアカムツを釣る! 仕掛け&釣り方(波崎・信栄丸)

波崎沖カンネコ根のアカムツを釣る! 仕掛け&釣り方(波崎・信栄丸)

波崎沖カンネコ根のアカムツは、今期6月に例年より1ヵ月ほど早く始まったがこれまではいつも通りの釣れ方をしていた。毎年、9月と10月がカンネコ根のアカムツの乗っ込み期。その本格化の合図は、40㎝前後の大型まじりで数釣りができること。1匹釣れれば御の字の激うま高級魚がなんとツ抜けしてしまうのだから、贅沢きわまりない。


大型アカムツにクロムツさらにキンメも! 深海の高級魚(ひろし丸)

大型アカムツにクロムツさらにキンメも! 深海の高級魚(ひろし丸)

初秋の深海釣りで、真っ先に頭に浮かぶのが「深海のルビー」ことアカムツ。北は東北青森から西は四国の高知までの太平洋と日本海。今やほぼ本州全域、津々浦々で「最もメジャーな深海ターゲット」となったこの魚だが、2㎏超の最大級を「狙って釣れる」ポイントはそんなに多くは無いだろう。


小さなアタリも大きくでるので釣果アップ! LTアカムツ(東洋丸)

小さなアタリも大きくでるので釣果アップ! LTアカムツ(東洋丸)

今期もまずまずのすべりだしの波崎沖カンネコ根のアカムツ。開幕当初は、小さい個体が多く、これからどうなってしまうのだろう!?と心配されたが、8月になって30㎝オーバーはもちろん、40㎝前後の良型が頻繁に顔をみせるようになり、9月10月の最盛期間近の様相だ。


ランキング


>>総合人気ランキング

つり丸定期購読