アカムツに関する釣り記事


待望のアカムツ早くも開幕! 今期良型数釣りオーケー(東洋丸)

待望のアカムツ早くも開幕! 今期良型数釣りオーケー(東洋丸)

7月の声を聞くころ、早くも波崎沖カンネコ根のアカムツ釣りが開幕した。水深140m前後のポイントで試し釣りからいきなりの良型数釣り釣果をたたき出したのだ。


オニカサゴ! アカムツ! アラ! 勝浦のディープゾーン潜入(初栄丸)

オニカサゴ! アカムツ! アラ! 勝浦のディープゾーン潜入(初栄丸)

TEAM OKAMOTOの梅雨時恒例行事のひとつが勝浦港「初栄丸」を仕立て、午前・午後ブッ通しで勝浦沖「ディープゾーン」に挑む「12時間耐久フィッシング」。


アベレージで1.5㎏!? 狙いは2㎏越え! 稲取沖アカムツ(安貞丸)

アベレージで1.5㎏!? 狙いは2㎏越え! 稲取沖アカムツ(安貞丸)

波を被らぬようにゆっくりと走る「第三安貞丸」のエンジンがスローになったのは出船後わずか15分。東伊豆沖の「ドン深」の海は、港から至近ポイントで深海ゲームを存分に楽しませてくれる。


大型アカムツの仕掛け・釣り方の基本と応用を公開!(渡辺丸)

大型アカムツの仕掛け・釣り方の基本と応用を公開!(渡辺丸)

南房・江見沖は急深の地形のみならず、近くに鴨川海溝を有する。これはアカムツの生息域を決定付けるなにものでもない。しかも、アカムツ自体の生体は深海魚という理由ですべてが解明されておらず、いまだ不明な部分が多い。


良型アカムツラッシュ! 多点掛けも期待大!【南房鴨川沖〜和田沖】

良型アカムツラッシュ! 多点掛けも期待大!【南房鴨川沖〜和田沖】

「40㎝オーバーのアカムツばかり10匹釣れましたよ!」という話を聞いたのは、5月初旬。しかも、オニカサゴやヤリイカなどの中深場タックルで上げたという。この情報を確かめるべく、さっそく南房・江見太夫崎「渡辺丸」へ釣行した。


周年キロ級が釣れるアカムツの穴場はここだ!【遠州灘・浜名湖沖】

周年キロ級が釣れるアカムツの穴場はここだ!【遠州灘・浜名湖沖】

遠州灘には何本もの海溝があり、そのそれぞれに深海魚であるアカムツが生息している。近年では遠州灘産のアカムツもブランド化され魚市場では高値で取引されている。


「アカムツ」の寿司…口に入れてトロッととろけ感がある

「アカムツ」の寿司…口に入れてトロッととろけ感がある

そのうち桜も咲きそうな陽気である。いただいたアカムツで料理あれこれ。まずは半身で炊き込みご飯。一尾丸ごと姿煮。姿造りのお刺身に塩焼き、唐揚げ。春の宴はアカムツ尽くし。尽くしにしても飽きが来ないのが超高級魚たる所以だろう。しめは島根県産アカムツの塩辛。愛知の銘酒がすすむ、すすむ。春の酔い深しなのだ。


昨年の大フィーバーポイントで今期もアカムツ再ブレイク【犬吠埼沖】

昨年の大フィーバーポイントで今期もアカムツ再ブレイク【犬吠埼沖】

犬吠埼沖では昨年のゴールデンウイークに爆釣したポイントで再び今期もアカムツがフィーバー。いまや、水深300mの深場のアカムツは誰もが手軽に体験できる身近なターゲットになっている。


近場でコンスタントに釣れる良型アカムツ【駿河湾・焼津沖】

近場でコンスタントに釣れる良型アカムツ【駿河湾・焼津沖】

今シーズン、駿河湾のアカムツが絶好調だ。ここ焼津沖周辺は急深の地形のため、ポイントは港から至近。水深200〜250mには周年、アカムツが生息しているという。そのため、一年中アカムツが狙えるという。


ターゲットは水深200〜300mのアカムツだぁ!【駿河湾・清水沖】

ターゲットは水深200〜300mのアカムツだぁ!【駿河湾・清水沖】

こんな陸近くでアカムツが釣れるの? 目の前の船は何? コマセマダイ船団かあ」、こんな会話が世界遺産になっている三保の松原をすぐ目前にする海上で交わされる。駿河湾は急深のところが多く、水深200mまで一気に掛け下がっているところも珍しくない。陸近くであっても、そこはアカムツのポイントとなるという。


冨山湾で狙うはタチウオ&アマダイ・アカムツだ【富山湾・新湊沖】

冨山湾で狙うはタチウオ&アマダイ・アカムツだ【富山湾・新湊沖】

日本海は大荒れの季節だ。だが、富山湾内はちょっと様子が違う。季節風である西風を能登半島がさえぎり、なんと寒さはともかくとして、高出船率で冬絶品ターゲットが狙える。まさに、北陸の救世主的な釣り場なのだ。


狙いは激うま大型アカムツだっ!【東伊豆・伊東沖】

狙いは激うま大型アカムツだっ!【東伊豆・伊東沖】

この年末に激うま大型アカムツを釣るなら伊藤沖、ココしかないぞ! さまざな工夫を凝らして深海のルビーをキャッチせよ!!


使い慣れた中深場タックルでお手軽アカムツ釣り【南房・江見沖】

使い慣れた中深場タックルでお手軽アカムツ釣り【南房・江見沖】

波崎沖のシーズンは11月いっぱい。来年、6月までお休みだ。波崎沖で誕生した熱烈なアカムツフリークたちは、その矛先をほぼ周年狙えるこの南房へ向けたのだ。


稲取沖の大型アカムツ、好シーズン来たる!【東伊豆・稲取沖】

稲取沖の大型アカムツ、好シーズン来たる!【東伊豆・稲取沖】

言わずと知れた高級魚アカムツ。今回の取材の釣果により本格シーズン突入を実感。年末年始に向け、更なる期待が膨らむ。


こんなところでアカムツが釣れるの? 釣れるんです!!【清水沖】

こんなところでアカムツが釣れるの? 釣れるんです!!【清水沖】

みんな大好きな高級魚アカムツ。この高嶺(高値?)の花とも言うべきターゲットが、超身近な港前のポイントで釣れてしまうのだ。高嶺の花にビビる必要なし。気軽にレッツチャレンジであります。


アカムツ&アマダイ豪華リレー、タチウオも開幕!【富山湾・新湊沖】

アカムツ&アマダイ豪華リレー、タチウオも開幕!【富山湾・新湊沖】

冬の富山湾内はぜいたくだ。港からほど近くのポイントでアカムツ、アマダイ、タチウオ、オニカサゴ、アラ、アオリイカ、キジハタなどが釣れるのだ。なかでもいま好調なのは、激ウマのアカムツ。アカムツをメインターゲットに、リレーでアマダイを狙い、ゲストも豪華で豊富。こりゃーもう一年を締めくくるにふさわしい釣行となること請け合いだ。


怒涛の連釣!  カンネコ根のアカムツ【鹿島沖・カンネコ根】

怒涛の連釣! カンネコ根のアカムツ【鹿島沖・カンネコ根】

序盤戦は「全く持っていない」状態だったのだが…「また食ったんですか!?」20分刻みで訪れる本命のアプローチ。「さっきから独り占めじゃないですか」と言われ(心中ニンマリも)苦笑。


ッ抜けも珍しくない! アカムツ大フィーバー!!【波崎沖カンネコ根】

ッ抜けも珍しくない! アカムツ大フィーバー!!【波崎沖カンネコ根】

食欲の秋。一般家庭の食卓での代表魚はサンマだろうが、ワタクシ個人的にはなんと言ってもアカムツ。アカムツを釣りたい! 食べたい! と思っていたところに、飛び込んできたのは波崎のアカムツの取材依頼。猫に鰹節、願ったり叶ったりで向かったのは、波崎港の「三栄丸」。


大型アカムツの実績は超高いぞ!【茨城・日立沖〜高萩沖】

大型アカムツの実績は超高いぞ!【茨城・日立沖〜高萩沖】

日立久慈出船のアカムツは大型が数釣れることで、急激に人気を高めている。シーズンは9月中旬から11月ごろまで。これから後半戦に入るが、北西の強風が吹かなければまだまだチャンスがある。


浅場から深場へと移動する大型アカムツを狙い撃ち【南房・江見沖】

浅場から深場へと移動する大型アカムツを狙い撃ち【南房・江見沖】

元々9〜11月というのは、アカムツの乗っ込み期。普段は200〜300mの砂泥地に生息していると考えられているこの魚は、産卵と捕食行動のために、水深150mの浅場に群れて回遊。その時期がシーズンとされていたが、近年、普段の生息域である水深200〜300mを攻めることができるようになり、ほぼ周年狙えるターゲットになった。


ランキング


>>総合人気ランキング