MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

アカムツに関する記事

アカムツに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
深場の激うま魚の冬の人気ターゲット、アカムツとキンメダイ。犬吠埼沖と相模湾はどちらもエントリーしやすいポイント。ここで基本釣法をしっかりと学んで確実釣果を目指そう!
更新: 2019-02-09 07:00:00
中オモリは10号、幹糸は8号90㎝、捨て糸6号1m~120㎝。ハリス5号45㎝。ハリはムツ太地18号が基本で食いがよい時のみ使用。ハリ数は2本。ハリスのチモトに名人はフロートパイプを3~4㎝つける。
更新: 2019-01-15 00:50:46
「11月から3月までここ富山湾内で出船してます。うちの看板は高級根魚であるアカムツ、アマダイ、オニカサゴの3種。そのうち2種または3種のリレー釣りをメインに出船してます。」と、「北龍丸」の安藤船長。
更新: 2019-01-15 00:48:52
遠州灘のボートの釣り方。茨城の波崎沖や南房総で行われているアカムツ釣りと同じだ。「カナル」では、チャータースタイルのため、水深200m以上でもオモリは150号で十分。仕掛けは、胴付き2本バリでよい。
更新: 2019-01-15 00:48:46
仕掛けは、胴付き2〜3本バリ。ハリス5〜6号40〜50㎝。ハリはホタ16〜18号。またはムツ16〜18号。幹糸は8〜10号。枝間は1.2m。ステ糸6号1〜1.2m。中オモリは8〜10号でなくてもよい。
更新: 2019-01-07 00:57:23
浜名湖沖でアカムツ釣りを楽しめる遊漁船は意外と少ない。それがアカムツが多く居残っている理由のひとつとも考えられるが、この宝庫を目の前にしてどうしても深海のルビーを釣りたくなるのが釣り人の性。そこで、救世主的なのが浜名湖から出船している「ボートクラブ カナル」。チャーターではあるが、人数がまとまれば乗合も可能だ。
更新: 2018-12-17 01:03:14
アカムツのタックルは意外とライトなものでよい。ハリス10号の胴付き仕掛けなので、深場専用じゃなきゃダメと思われるが、オモリ200号を背負える竿とPE5号以上400m巻ける電動リールの組み合わせがあればよい。
更新: 2018-12-06 01:06:55
最上級と言っても過言ではない食味のアカムツ。グルメな釣り師なら一度は釣りたい、食べたいターゲットだ。
更新: 2018-10-31 04:27:09
「9月から小名浜沖を本格的に探り始めました。アカムツがいるだろうと思われるポイントは、実は誰もノーマークのところ。反応もない泥場で底引き網漁もやらないところですよ」とは、昨年末に中深場のアカムツを始め、いきなり爆釣させた小名浜港「第8光勝丸」の松原光平船長。
更新: 2018-11-26 04:09:04
勝浦沖の中深場を「ディープゾーン」と称し、高級根魚を追い続ける勝浦港「初栄丸」渡辺和明船長。
更新: 2018-10-30 02:30:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読