MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

小柴港に関する

表示順:
「三喜丸」では、タックルはノーマル、ライトというシバリはないが、長時間誘い続けられるという点から、やはり軽量のライトタックルが主流。ただ、注意して欲しいことがある、と河野秀照船長は話す。
東京湾の看板ターゲット、タチウオが絶好調だ。近年ロングランの釣りものとして定着しているが、連日、安定釣果が記録されている。
夏の東京湾の人気ターゲット、LTタチウオが好調なスタートを切っている。小柴港「三喜丸」では、6月1日からLTタチウオ乗合をスタート。観音崎沖、金谷沖、久里浜沖などで浅場の群れを探して出船している。
東京湾のマアジ。もうすっかりブランド化されている。湾内のアジは、金アジ・黄金アジとも呼ばれ、その魚体は金色もしくは薄く紫かかっている。脂ののりはもちろん、そのうまみを一度味わってしまうと、誰もが虜になってしまう。
東京湾内のマアジがいま絶好調だ。各船宿のホームページを見れば、数釣れているのが一目瞭然。まさに今年はマアジ当たり年。マアジは初夏から夏に産卵期を迎えるので、いまが旬。当たり年に加え乗っ込み期が重なるので、確実釣果も〝お約束〟である。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読