MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

小坪港に関する

表示順:
8月の開幕からカツオ絶好調でスタートした相模湾のコマセのキハダ・カツオ釣り。その後徐々にキメジ、キハダも食い出し、9月に入ると20〜30kgクラスのキハダのアタリも増え、現在は大型キハダ、カツオとともに順調な食いを見せている。
8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。
コマセ釣り解禁後、一時食いが悪くなっていたキハダ&カツオ。その理由は、シラスや小さなイワシを捕食していたことが原因だが、ここにきてコマセに馴染み、口を使いだした! ってことで、さっそく取材を敢行。この釣りにアツい情熱を燃やす小坪港「洋征丸」の高木洋征船長の元へ向かった。
うまい魚の代名詞、深場のアコウダイやキンメダイのシーズンが冬だと思っている方が多いと思いますが、実はこの時期、最も美味しいとツウ達が口を揃えて言うのをご存知でしたか?そんな魚をターゲットにアコウ五目で日々、相模湾の沖ノ瀬へ出船し、コンスタントな釣果を揚げているのが三浦半島小坪港の「太郎丸」だ。
相模湾で安定してアジの好釣果が記録されているのが相模湾東部一帯。なかでも城ヶ島沖周辺では連日、トップで40匹台から50匹台の釣果が出ている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読