MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

大原港に関する記事

大原港に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
10月から開幕している大原沖のヒラメは、今シーズンも好スタートを切った。その後も、まずまずの好調をキープしている。これからの時期は、イワシの群れがやってくると本格シーズンに突入!大原沖が楽しみだ。
外房が青物ベストシーズン!メインターゲットのヒラマサをはじめ、ワラサ・イナダ、カンパチという青物御三家がジギングで好調にヒット。ゲストも多く、マハタ、サワラ、ヒラメ、ハガツオ、カサゴなどと実に多彩。
大原沖のショウサイフグが満を持して解禁。春先までロングランで大原沖を熱くするターゲットだ!大原港「敷嶋丸」はイチ早く「カットウ釣り」を取り入れた草分け的な存在。今シーズンは例年以上に視界良好だ!
ヒラマサ狙いで人気の千葉県外房沖。一般アングラーの足が遠のきがちな夏季も、時期ならではの魅力がある。夏から秋シーズンもジギング&キャスティングで狙うヒラマサを中心に、魚種多彩なゲストも楽しめる。
外房のヒラマサシーズンが終盤戦に突入!浅場の根周りで釣りが出来るまでワラサ狙い、竿入れ時間を迎えてからはヒラマサ狙いのパターン。ワラサは連続ヒット、ヒラマサも充分楽しめる。早めの釣行がおすすめだ。
5月に開幕になる大原沖のイサキ釣り。イサキの魚影が濃いのはもちろんのこと、それにまじってくる外道の顔ぶれが魅力的なことも特徴だ。なかでもシマアジはここ数年で増えてきた超高級ゲストだ!! 
外房の青物ルアーゲームが絶好調!メインターゲットはヒラマサとワラサ。この時期のヒラマサは“春マサ”と呼ばれ、秋と並んで2大シーズンのひとつだ。夢の外房ヒラマサ10㎏オーバーをキャッチするチャンス!!
黒潮の接岸と共に開幕を迎える外房の“春マサ”シーズンは、例年3㎏前後がアベレージ。ベストシーズンの今大いに盛り上がっている。
外房の青物がベストシーズンを迎える。メインターゲットはヒラマサとワラサ。とくにヒラマサは“春マサ”と呼び名もあり、いい時期だ。ヒラマサはプラグキャスティングとジギング、ワラサは主にジギングで狙う。
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読