MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

大磯港に関する記事

大磯港に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
相模湾にブリの季節が到来。瀬の海周辺の水深120〜200mの広範囲にブリが回遊している模様。今期のブリの生きエサはサバ、まずは手ごわいサバを確保~泳がせは指示ダナ待ちで早アワセは禁物!
相模湾のサワラのルアーゲームは、イワシを追って跳ねればキャスティング、それ以外はジギング。タックルは2種類が必要となる。今回はタックルと釣り方の概要を紹介!極上サワラをぜひキャッチしていただきたい。
相模湾・大磯沖の泳がせブリが、好調に釣れている。泳がせるエサはアジだ!船中全体でガチでアジ釣りをしてイケスに生かしておく。狙いは寒ブリ10kgオーバー!寒さは増すが熱い釣りは1月ごろまで続くぞ!
シロギス釣りはビギナーでも簡単で手軽な釣りだが、数に差が出る奥の深い玄人好みの釣りでもある。相模湾でこれからポイントが浅くなり、数釣りが楽しめるようになる。初夏はお手軽なシロギス釣りがオススメだ!
相模湾のアジの名ポイント瀬の海で春アジが好調だ。「瀬着きのアジは旨い」とよく言われるように味も上々!特に中アジは身厚でコロっと太って脂の乗りも抜群だ。爽やかな季節!美味しいアジを釣りに行こう!
シロギス釣りはビギナーや女性子供にも優しい反面、シロギス一筋のファンもいるほどマニアックな奥深さもある。この時期は後者の色合いが強いが、相模湾エリアではさらにハモノ釣りの楽しみもあり楽しめる。
相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。
相模湾のキハダゲームがついに開幕! この瞬間を首を長〜くして待っていたアングラーも多いことだろう。ただ、である。はっきりと言ってしまえば、今年は例年とは異なりやや厳しい状況となっている。
コマセ釣りが解禁して間もなく、相模湾にカタクチイワシが回遊し、突如としてルアーの釣果が上向いた。各所でトリヤマが立ち、キハダが巨大な水飛沫を上げてボイルしているのだ。さらにアベレージサイズも25〜30㎏とひと回り大きくなり、非常にエキサイティングな状況となっている。
とっても気持ちいい季節だから、「少しの時間でいいからふらっと釣りに行きたいな~」なんて気分になることもあるのではないだろうか? そんなときにおすすめなのが大磯港「邦丸」のシロギス乗合だ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読