MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

常磐に関する記事

常磐に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
飯岡沖を代表する人気ターゲットのリレー釣り!飯岡港「龍鳳丸」では、40cm超えのショウサイフグ、ヒラメも良型揃いで絶好調!今シーズンもかなり期待できそうだ!
常磐エリア春のメインターゲットヤリイカ!最近では、もっとも人気のある釣り物だ。それもそのハズ、水深100m前後から浅場でパラソル級の爆乗りを体感できるから。そんなヤリイカの攻略法&釣果を紹介!
ターゲット不足に悩まされていた常磐・鹿島沖のルアー船。鹿島「幸栄丸」では大洗沖の水深20〜30mのタチウオに照準を合わせると、なんとタチウオが大爆釣。前例のないフィーバーに今後も期待だ!
鹿島港「豊丸」。鹿島沖のヤリイカが出足好調だ!群れの量はハンパないことがあり、100杯以上釣るなんてことも!ヤリイカ基本釣法、仕掛け、タックルセッティングをわかりやすく図解。
常磐エリア鹿島北沖のブランドタコが早くも解禁&絶好調!根掛かり少なく1kg前後良型安定釣果をキープしている。開幕初日に約10人のマダコフリークが集まり、いま流行りの2個餌木仕掛けでマダコを狙った!!
常磐、日立会瀬沖は夏秋のマダイシーズンに突入。これからの時期は5㎏オーバーの大ダイチャンス!テンヤ、タイラバ、タイジグもOK!マゾイ、クロソイ、ホウボウ、オキメバル、イナダなど豪華ゲストも豊富だ。
波崎沖のジギングがベストシーズン!「征海丸」須之内船長によると、5月以降のメインターゲットは、「ワラサ・イナダ、ヒラマサの青物です。また状況を見ながらスローピッチジャークを行いきます」という。
エントリークラスでも大ダイのチャンスがある〝ひとつテンヤマダイ〟。春は、乗っ込み期(産卵で浅場に入る)となり、各地でビッグワンが良いペースで浮上するが、ここ日立久慈沖でも、その傾向は強くなる。
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
釣り方はオモリ60号のサビキ釣り。タックルは、11月から好調に釣れているヒラメ竿が流用可能。竿選びで迷うのが、胴調子の軟らかいものか、先調子のものだ。このメバル釣りでは胴調子の軟らかめの竿がベター。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読