MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

コマセマダイに関する記事

コマセマダイに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
相模湾・茅ヶ崎沖のコマセマダイは、多彩なゲストがまじって秋のような釣れ具合が続いている。そんなマダイの仕掛け、編み付け補強でハリの結びの強度アップ、基本の釣り方などを図解で紹介!
新潟県中越の寺泊沖のマダイに注目!自主禁漁が今期から解除!周年、マダイ釣りが行われるようになったのである。昨年から小ダイが多く、突如ドカンっと大ダイがヒット。このパターンが継続しているというのだ。
気持ちいい新年を迎えた関東周年。富浦沖は、高水温が続き、すべての魚たちが高活性!ナイスボディの個体がそろう!冬の落ちのマダイシーズンはこれから!良型マダイを求めて富浦沖へ行こう!
マダイの好漁場として全国的に有名な新潟県上越沖。数はもちろんのこと、5㎏オーバーの大型もまじる。時化の合間がチャンス日!荒食いシーズン攻略を解説!おいしいマダイを釣りに行こう!!
初 釣りは、魚の王様・マダイからスタート!今、一番ホットなエリア・城ケ島~剣崎沖のコマセマダイ攻略法を紹介。おめでタイ〝マダイ〟を釣って、2020年のスタートダッシュをキメちゃいましょう!!
東京湾口の剣崎沖はコマセでマダイ、ワラサやイナダなどの青物もアタッている!マダイはおめでたい魚の代表格。イナダやワラサは縁起がいい出世魚。これらが狙える剣崎沖は、新年の初釣りにオススメだ!
初島周りのマダイを一年を通して狙っている宇佐美港「富八丸」。年末にかけては、ゲスト豊富で絶好期!初島沖の深場では4㎏、5㎏の大型も!初島沖のマダイで納竿釣行というプランはいかがだろう。
年末年始に狙いたいターゲットの筆頭格がマダイ!相模湾東部の葉山沖周辺では11月後半ぐらいからワラサまじりで楽しめている。年末年始はこれで決まり!縁起がいい高級魚を狙おう!
房総半島の先端部、南房・西川名沖。魅力はショートロッド&ショートハリスで大ダイとのやり取りが可能なこと。午前と午後便で出船中なのでさらに手軽。年末年始のお目でタイ釣行におすすめだ。
葉山沖のコマセマダイが、イナダ&ワラサ、カンパチなど青物まじりで楽しめている。注意したいのが仕掛けだ。ワラサは中型サイズでも引きは強い。青物に対応できるような仕掛けで臨むことが大事だ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読