MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

イサキに関する記事

イサキに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
好調が続く南房洲崎沖のイサキ。旬のイサキは旬を迎えて脂が乗って、白子、真子も入っており、食味もバッチリ!産卵を控えて群れが浅場に固まることもあり、釣りやすくなるのもウレシイ。南房はイサキ本番だ!
網代南沖の「遠征シマアジ&イサキ五目」が好機を迎えた。シマアジはもちろん、ヒラマサやカンパチも期待できる。別ポイントではマダイが乗っ込み中!高級魚と旬のイサキを一度に狙える。ぜひチャレンジしてみよう!
昨年、大山沖のイサキ釣りを初経験。「幅広、身厚で良型でこんな美味しいとは」と。関東周辺で釣りをしていると、なかなかイサキ釣行までたどり着かない。その時決意した。「来年こそは、真っ先釣るぞ!」と。
6月1日、三浦半島剣崎沖のイサキ釣りが解禁した。ここのイサキのウリは、なんといってもその食味。「脂が乗って味がバツグン」と、解禁を心待ちにしているファンも多い。ジャンボサイズまじりで楽しめるぞ!
梅雨イサキのシーズンを待ち望むファンも多いことだろう。そんなイサキファンにオススメしたい釣り物が、片貝沖のイサキ&メバル&ハナダイ五目リレー釣りだ!多彩な魚種が釣れるのが魅力!お土産たっぷりだぞ!
5月に開幕になる大原沖のイサキ釣り。イサキの魚影が濃いのはもちろんのこと、それにまじってくる外道の顔ぶれが魅力的なことも特徴だ。なかでもシマアジはここ数年で増えてきた超高級ゲストだ!! 
うちが本格的にイサキで出船しはじめたのはゴールデンウイーク明けからです。それまでヒラメをメインにやっていましたが、イサキは4月から好調に釣れていました」と話すのは大原港「春栄丸」の白川永一船長。
爽やかな初夏の陽気が続いているが、そんななか房総エリアのイサキ釣りが好調! 好釣果が安定して続いており、釣果に規定数を設けているエリアでは、トップが規定数に達することも。
片貝沖のハナダイはほぼ1年中狙えるが、4月からはイサキも開幕。2魚種をリレーで狙える時期を迎えた。釣り方は60号ビシを使ったコマセ釣り、アミコマセで仕掛けは2.5〜3mの3本バリ、ハリスは2号が基準だ。
南房のイサキが元気いっぱいだ。連日トップ50匹を超える勢いでファンを楽しませてくれている。4月になり、水温も上昇しで活性も引き味もアップ!釣果も安定してきた。美味しいイサキを誰でも数釣りOKだ!
先頭 1 2 3 4 5 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読