ルアーの釣り記事一覧

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


NEWスタイルゲーム「スキッデイング」で釣る(アシストクラブ金進丸)

NEWスタイルゲーム「スキッデイング」で釣る(アシストクラブ金進丸)

新潟のオフショアシーンを切り開いてきた柏崎「アシストクラブ金進丸」。近年、本船発のNEWスタイルゲームとして注目を集めているのが「スキッディング」だ。「簡単に言えばNEISの『ザ・スイッチバック』を使って、小魚を捕食するイカの動きを演出する釣りです」と話す、秋山進一船長。


巻きスピードを合わせて数を伸ばせ! 東京湾のタチウオ(こなや丸)

巻きスピードを合わせて数を伸ばせ! 東京湾のタチウオ(こなや丸)

東京湾の人気ルアーターゲット・タチウオが連日好調だ。「このところトップで30本前後、平均でも10本以上という日が続いています。サイズもよく、指3.5本クラスが中心で、4本以上のサイズもよくヒットしています。今日は出ませんでしたが、ドラゴンサイズも連日ヒットしていますよ」とは、千葉・長浦港「こなや丸」進藤通孝船長。


真夏の沖釣り! 仙台湾のカレイ&マゴチを釣りに行こう!(拓洋丸)

真夏の沖釣り! 仙台湾のカレイ&マゴチを釣りに行こう!(拓洋丸)

宮城県の仙台湾はカレイの海で全国に知られている。県内では人気№1の不動の沖釣りターゲットだが、8月はヒラメや青物などの引きが強い、または、大型の魚を看板にあげる船宿が多くなる。


ジギング&キャスティングで狙う! ヒラマサ&ワラサ(山正丸)

ジギング&キャスティングで狙う! ヒラマサ&ワラサ(山正丸)

千葉・外房に秋の青物シーズンの到来だ。メインターゲットは、もちろんヒラマサ! それにワラサ(イナダ)やカンパチ、昨年はハガツオなどもよくヒットした。秋は魚種も多彩なので、まさに入門には最適な時期といえよう。


NEWジギング”スキッティング”を体験(アシストクラブ金進丸)

NEWジギング”スキッティング”を体験(アシストクラブ金進丸)

「最近は浅場だけでなく中深場を狙うことも多くなってきました。いままでのジギングでは攻略できなかったターゲットも狙って釣れるようになってきたので、ぜひ挑戦してもらいたいですね」言葉の主は新潟県柏崎港を拠点とする「アシストクラブ金進丸」の秋山進一船長。


最盛期に突入! 東京湾のシーバスゲーム(アイランドクルーズ FC)

最盛期に突入! 東京湾のシーバスゲーム(アイランドクルーズ FC)

東京湾のシーバスゲームが、最盛期に突入する。「東京湾のシーバスは周年狙えますが、なかでも10、11、12月はサイズ、数ともに楽しめる絶好期です」とは、横浜新山下「アイランドクルーズFC」の遠藤正明船長。


オフショアキャスティング入門はシイラから始めよう! (庄三郎丸)

オフショアキャスティング入門はシイラから始めよう! (庄三郎丸)

例年よりも早く梅雨明けを迎え、相模湾は夏全開! それに伴い、真夏の、そして黒潮のファイター「シイラ」も元気いっぱい! だ。


黒潮の申し子たちと遊ぶ! 飯岡沖のカツオ&キハダゲーム(幸丸)

黒潮の申し子たちと遊ぶ! 飯岡沖のカツオ&キハダゲーム(幸丸)

飯岡港出船で狙うカツオ、キハダが好調だ。「多少の上下はありますが、好調と言っていいと思いますよ。とくにカツオはずっと釣れていますね」と話す、飯岡港「幸丸」の向後恵一船長。


相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

コマセ釣りが解禁して間もなく、相模湾にカタクチイワシが回遊し、突如としてルアーの釣果が上向いた。各所でトリヤマが立ち、キハダが巨大な水飛沫を上げてボイルしているのだ。さらにアベレージサイズも25〜30㎏とひと回り大きくなり、非常にエキサイティングな状況となっている。


面白いぞ! 注目!ベイエリアシーバスゲーム(アイランドクルーズ FC)

面白いぞ! 注目!ベイエリアシーバスゲーム(アイランドクルーズ FC)

「夏から秋口のシーバスは、実はなかなか面白い時期のひとつなんですよ」とは横浜新山下をベースにシーバスゲームを展開している「アイランドクルーズFC」の遠藤正明キャプテン。


今期は7月以降もチャンス大! 外房のヒラマサ&ワラサ(山正丸)

今期は7月以降もチャンス大! 外房のヒラマサ&ワラサ(山正丸)

例年であれば、ゴールデンウイーク前から夏前頃までは外房は青物のベストシーズンを迎える。この頃をとくに“春マサシーズン”と呼び、ヒラマサはもちろんワラサの好釣果で大いに賑わう。


超人気ルアーターゲット! 美味魚タチウオを釣る!(渡辺釣船店)

超人気ルアーターゲット! 美味魚タチウオを釣る!(渡辺釣船店)

東京湾が誇る人気ルアーターゲット、タチウオ。釣趣の良さと食味を兼ね備え、老若男女、初心者から上級者にいたるまで、幅広い層の釣り人たちから支持されている。


ウルトラスーパー激アツ! 犬吠埼デカキハダ&カツオ(波崎・信栄丸)

ウルトラスーパー激アツ! 犬吠埼デカキハダ&カツオ(波崎・信栄丸)

いま、犬吠埼沖のキハダ(キメジ)&カツオがウルトラスーパー激アツだ。とくにキハダ! 波崎港「信栄丸」では、なんと18〜31㎏が船中12本!! という日もあったほど。


40kg級キハダを迎撃! 大型マグロを制覇せよ!(惠丸)

40kg級キハダを迎撃! 大型マグロを制覇せよ!(惠丸)

「ずっと船を揚げていたから、キハダ狙いは今年初めてなんだよ。どうなんだろうね? 普通にいると思うよ」言葉の主は南伊豆手石「恵丸」の良川福一船長。自信がないようにも取れたコメントだったが、ポイントに着いたらトリがブンブン、気配はムンムン。


サイズが良く今年も楽しめそう! 鹿島沖のテンヤマゴチ(清栄丸)

サイズが良く今年も楽しめそう! 鹿島沖のテンヤマゴチ(清栄丸)

6月に鹿島沖のテンヤマゴチが開幕。ひとつテンヤのタックルで楽しめ、釣趣も食味も上々だ。型が良く、50㎝~60㎝級が多い。テンヤにセットするワームは、オレンジ系の4インチが定番。


トップ50本は当たり前! ジギングで狙う河口沖のタチウオ(神栄丸)

トップ50本は当たり前! ジギングで狙う河口沖のタチウオ(神栄丸)

「今日はトップ100本を超えましたよ。平均で80本くらいかな。来るなら早いほうがいいですよ」釣況を伺うために電話した相手は、由比港「神栄丸」の石原佑樹船長。数字を示されてあおられては? 黙ってはいられない。明日行きます! と同船取材をお願いした。


カツオ&キメジ好調! 相模湾のキャスティングゲーム開始(丸伊丸)

カツオ&キメジ好調! 相模湾のキャスティングゲーム開始(丸伊丸)

8月も中旬に入り、相模湾のオフショアキャスティング・ゲームは最盛期を迎えている。今年の相模湾の特徴は、カツオ&キメジの姿が多いことだろう。


真夏の東京湾の風物詩”タチウオジギング”大型まじりだ(こなや)

真夏の東京湾の風物詩”タチウオジギング”大型まじりだ(こなや)

今季の東京湾タチウオゲーム、どうも爆発力に欠ける、というイメージを持つ人も少なくないだろう。これまでのところトップで20本弱、というのが平均的な釣果だが、ときにはとんでもなく苦戦したりもする。トップ50本、60本は当たり前、という好シーズに比較すると寂しさはある。しかし、良型が目立っているのが救いだ。


テクニカルにエキサイティング! 相模湾のシイラにGO(庄治郎丸)

テクニカルにエキサイティング! 相模湾のシイラにGO(庄治郎丸)

7月下旬になっても梅雨が明けない関東地方だが、相模湾は真夏のターゲットで盛り上がっている。シイラだ。


ランキング


>>総合人気ランキング