沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト


ルアーの釣り情報一覧

ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

「最近は浅場で釣れているんですよ。水深は20mから40mが多いかな。深場に行くこともありますけど、まずは浅場からやっていきます」と、「渡辺釣船店」の田中茂生船長。取材日は本牧沖の水深40mからスタートした。


餌木とシャクリが合うと連発も! 相模湾のアオリイカ(庄三郎丸)

餌木とシャクリが合うと連発も! 相模湾のアオリイカ(庄三郎丸)

アオリイカ釣りは、道具がシンプルで釣り方も簡単。ビギナーや女性でも手軽に楽しめる。シンプルなだけに極めれば奥深く、毎週のように通い詰めるベテランも多い。この釣りは、餌木の選択と正確なタナ取り。そして、一にも二にもシャクリである。


釣れない時は船長がアドバイス! 大型化するアオリイカ(野毛屋)

釣れない時は船長がアドバイス! 大型化するアオリイカ(野毛屋)

「今シーズンのアオリイカは型がいいよ」。出船前の黒川勇治船長の言葉通り、釣り上げられるイカは良型ぞろいだ。平均サイズは800g、11月ではあるがキロオーバーも珍しくない。軟調長竿が満月に絞り込まれるシーンが続出した。


スローピッチジャークで狙う! 半夜のキンメ・クロムツ(松栄丸)

スローピッチジャークで狙う! 半夜のキンメ・クロムツ(松栄丸)

「おすすめのタックルセッティングは、ラインはPE1.5号、リーダーはフロロの6号です。現在のところはエサ釣りと同船なので、メインラインは細いくても太すぎてもトラブルが多くなってしまいます。とくに太いと水切れと感度が悪くなってしまうので、一番バランスがいいのが1.5号です」


タイラバ絶好調! トップ釣果でひとり12枚も!(フレンドシップ)

タイラバ絶好調! トップ釣果でひとり12枚も!(フレンドシップ)

「今年はマダイの調子がいいですよ。10月からマダイと青物のリレー乗合を始めていますが、マダイを青物が釣れないときの保険に考えているくらいですからね」とは船橋港「フレンドシップ」の田岡要司船長の言葉。


[アカハタ釣り]ビッグサイズも狙えるロックフィッシュゲーム(惠丸)

[アカハタ釣り]ビッグサイズも狙えるロックフィッシュゲーム(惠丸)

「最近、弓ヶ浜の『惠丸』さんに面白い釣りをさせてもらっているんですよ、ぜひ来ませんか?」誘ってくれたのは、シマノインストラクターの新保明弘さん。聞けば、アカハタをメインとしたロックフィッシュを釣りまくっている、らしい。興味津々で同船取材をお願いした。


イカの中でもトップレベルにウマい! 東京湾アオリイカ(きよし丸)

イカの中でもトップレベルにウマい! 東京湾アオリイカ(きよし丸)

鴨居港「きよし丸」の秋から冬にかけての看板はアオリイカ。今年は10月13日からのスタートとなった。今シーズンの東京湾はアオリイカの湧きが良く、トップ二桁釣果が続出している。23日には全員がツ抜けする4人で44杯の釣果も飛び出した。


東京湾口の餌木イカ開幕! アオリイカ&スミイカ釣り(きよし丸)

東京湾口の餌木イカ開幕! アオリイカ&スミイカ釣り(きよし丸)

餌木イカフリーク待望のシーズンが開幕だ。取材先である鴨居「きよし丸」では、取材日が4回目の餌木イカ出船となったが、初日はスミイカ狙いでトップが14杯。二日目はアオリイカ狙いで4杯、3杯、3杯…と満遍ない釣果。


Xデーに備えて準備を! ヒラマサ&ワラサのタックル紹介(松鶴丸)

Xデーに備えて準備を! ヒラマサ&ワラサのタックル紹介(松鶴丸)

外房の青物をターゲットとしたルアータックルは、ジギングとキャスティングの2種類が必携。ラインは、最近は細くて強い高性能モデルが各メーカーから発売されているので、ジギングはPE3号をメインに、対大物用で4号。キャスティングは4〜5号をメインに、対大物用で6〜8号を用意しても損はない。


新群れ回遊! 復調! 夜タチウオゲームで熱くなろう(幸松丸)

新群れ回遊! 復調! 夜タチウオゲームで熱くなろう(幸松丸)

「うちでは2ヵ月くらいやっているかな。ここのところはちょっと調子が悪かったんだけど、昨日から新群れが入ってきたみたい。期待できるんじゃないかな?」とは静浦港「幸松丸」の松坂孝憲船長。直前まで良かった! と聞くことが多いのが釣りの常だが、その反対というのだから心躍る。


外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

「急に逆潮(北からの冷たい潮)になって、水温が下がっちゃったんですよ…。ただ、魚はいますし、ベイトもいますので、真潮(南からの暖かい潮)に変わって水温が安定さえすれば期待できると思いますよ!」と話すのは、千葉・勝浦川津港「不動丸」の吉清晃朗船長。


ビッグベイトで狙う!東京湾シーバス(アイランドクルーズFC)

ビッグベイトで狙う!東京湾シーバス(アイランドクルーズFC)

「10月初旬には釣れ始めています。大型ばかりというわけではないですが、例年より少しスタートが早いですね」言葉の主は「アイランドクルーズFC」の遠藤正明キャプテン。


秋のベストシーズン到来! 外房のヒラマサが今アツい(山正丸)

秋のベストシーズン到来! 外房のヒラマサが今アツい(山正丸)

外房のヒラマサが秋のシーズンを迎えている。春ほど数が出ているわけではないが、サイズがよく、ジギングでは3〜4㎏、キャスティングでは7〜8㎏が中心にキャッチされている。


超お手軽なゲームで楽しむ! ターゲットはマゴチ、マアジ他(釣福丸)

超お手軽なゲームで楽しむ! ターゲットはマゴチ、マアジ他(釣福丸)

横浜磯子をベースに独自のルアーゲームを展開している「釣福丸」。季節ごとに細かく看板ゲームが変わるが、秋から冬にかけてはとくにおすすめの釣り物がある、という。


タイラバ専門船で楽しむ! ベイエリアのマダイゲーム(TAKEMARU)

タイラバ専門船で楽しむ! ベイエリアのマダイゲーム(TAKEMARU)

ひと昔前より釣れるようになった! そんな数少ないターゲット、そして釣法が、東京湾のマダイ、そしてタイラバゲームだ。「リクエストでほかの釣り物もやりますが、基本的には周年、タイラバ中心に出船しています」とは羽田「TAKEMARU」の半谷武(はんがい・たけし)船長。


ファン注目のターゲット!オオモンハタの仕掛けと釣り方(ふじなみ丸)

ファン注目のターゲット!オオモンハタの仕掛けと釣り方(ふじなみ丸)

竿はひとつテンヤ用、またはロックフィッシュ用。長さは2.4〜2.7m。リールは小型スピニング。できればドラグ性能がいいもの。道糸はPEラインの1号以下。リーダーはフロロカーボンの5号前後。つまり、ひとつテンヤマダイ用のタックルがあればOKなのだ。


ヒラマサ炸裂! キャスティング&ジギングで狙う!(松鶴丸)

ヒラマサ炸裂! キャスティング&ジギングで狙う!(松鶴丸)

例年ならすでに秋のベストシーズンに突入している外房のヒラマサ。しかし今年は高水温の影響なのか、本格化が少し遅れていた。


今年も季節到来! ビッグシーバスシーズン(アイランドクルーズ FC)

今年も季節到来! ビッグシーバスシーズン(アイランドクルーズ FC)

「今年は水温が高いこともあって、少しスタートが遅い感じですね。コノシロパターンも散発的にありますけど、今のところはイワシが多いので、こちらを意識した釣りのほうがメインパターンになっていますね」と話す、10月下旬時点での模様を教えてくれたのは、横浜新山下の人気シーバス船「アイランドクルーズFC」の家田茂大船長。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法、スキッディングメソッドを駆使して多彩なターゲットを楽しませてくれる新潟県柏崎港の「アシストクラブ金進丸」。積極的な情報発信を行っていない同船。それだけに、どんな釣りが展開されているのか、よく分からないという方も多いようだ。


ランキング


>>総合人気ランキング

つり丸定期購読