ルアーの釣り記事一覧

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

台風の影響によるウネリが大きい。次第に風が強まる予報もあった。ピーカン&ベタ凪ぎが最高とされるシイラ狙いには、決して好条件とは言えない。そんな取材日だった。


ひとつスッテ釣法の聖地、越前沖ケンサキイカ(ディープオーシャン)

ひとつスッテ釣法の聖地、越前沖ケンサキイカ(ディープオーシャン)

今年も日本海にケンサキイカがやってきた! 不漁だった昨年だが、今期は当たり年の気配。山陰エリアではすでに好漁の報が届いている。本場、福井越前沖はもちろん、金沢沖、上越〜中越沖でも釣れ始めた。今シーズン、最新釣法であり最高に楽しいひとつスッテ(イカメタル)釣法でケンサキイカを攻略しよう!!


相模湾のエキサイティングな夏がやってきた! 名物シイラ釣り(昇丸)

相模湾のエキサイティングな夏がやってきた! 名物シイラ釣り(昇丸)

キハダで大盛り上がりの相模湾だが、今期はシイラやカツオも絶好調! これはぜひ取材しなければ…と考えていると、長井漆山港「昇丸」でシイラメインのチャーター船が出船するという情報を聞きつけ、早速取材をお願いして乗船した。


ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

「柏崎沖で釣れる魚を何でも狙っていきます。夏におすすめなのはジギングを中心としたライトゲームと、キャスティングゲームですね」と話す、高い支持を得る新潟県柏崎港「アシストクラブ 金進丸」秋山進一船長。


今期絶好調! 相模湾シイラゲームで遊ぶ夏のススメ(庄治郎丸)

今期絶好調! 相模湾シイラゲームで遊ぶ夏のススメ(庄治郎丸)

不安定が定番のシーズン初期のシイラゲーム。しかし、嬉しいことに今期はシーズン初期から安定感がある。「うちでは5月の終わりから出船を始めました。多少は上下するけど、シイラの数は多い。楽しんでもらえると思いますよ」と話す、平塚港「庄治郎丸」でシイラ船を担当する、世古勇次郎船長。


ひとつテンヤタックルで楽しめる鹿島沖のマゴチが好調だ!(植田丸)

ひとつテンヤタックルで楽しめる鹿島沖のマゴチが好調だ!(植田丸)

昨年ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年も5月後半から本格的に開幕し、好調が継続している。とくに7月に入ってからは絶好調の釣果が記録されているのだ。


釣れるものはみんなターゲットだ! 相模湾のLTルアー(島きち丸)

釣れるものはみんなターゲットだ! 相模湾のLTルアー(島きち丸)

さあ、夏休み目前。子供と一緒に夏の思い出づくりのプランを練っているお父さんお母さんも少なくないのではないだろうか? そんなお父さんお母さんにオススメなのが、片瀬港「島きち丸」のLTルアーだ。


安定感増加中! これからは数狙いも…東京湾タチウオ(こなや)

安定感増加中! これからは数狙いも…東京湾タチウオ(こなや)

東京湾のタチウオが本格シーズンに突入! スタート直後こそ不安定な状況が続いてきた今期だが、右肩上がりに調子アップ。6月下旬に入ってからは大型含みでトップ30本、40本という日もよく見られるようになっている。


狙え! スーパードラゴン級のタチウオ! ジギングが好調(神栄丸)

狙え! スーパードラゴン級のタチウオ! ジギングが好調(神栄丸)

駿河湾のタチウオというと、“夜”というイメージが強いかもしれないが、ここ由比~富士川沖ではこの時期は日中に楽しめる。雨の季節を迎え富士川から濁りが入ると、日中でも浅いタナで釣れるようになるのだ。そう、ついに早朝タチウオが開幕したのだ!


夏の風物詩! 東京湾のルアータチウオ開幕だ!(渡辺釣船店)

夏の風物詩! 東京湾のルアータチウオ開幕だ!(渡辺釣船店)

バタバタッと釣れては沈黙。そんな釣果が繰り返されてきた、6月中の東京湾、タチウオゲーム。釣果の上下があるのはシーズン初期特有の状況だが、多くのファンを有するゲームだけに動向が気になる……。


攻略法が年々進化! 東京湾のマゴチゲーム開始!(太田屋)

攻略法が年々進化! 東京湾のマゴチゲーム開始!(太田屋)

東京湾の新たなルアーターゲットとして注目を集めつつあるマゴチ。以前は玄人向けのイメージもあったが、攻略法が進化してきたこともあり、誰もが楽しめる釣りに変わりつつある。


波崎沖・大根のヒラマサ絶好調! 青物ジギング炸裂!(征海丸)

波崎沖・大根のヒラマサ絶好調! 青物ジギング炸裂!(征海丸)

今年は当たり年! と言われ、関東近郊各エリアではヒラマサが好調にヒットしている。もちろんここ波崎沖・大根周辺も例外ではない。 “一日やって1本獲れるか獲れないか”といわれるほど難しいとされるヒラマサだが、ここ大根周辺では6月中旬頃より一人複数キャッチは当たり前というほど絶好調だ。


東京湾の夏の超人気ターゲット! タチウオゲーム開幕(渡辺釣船店)

東京湾の夏の超人気ターゲット! タチウオゲーム開幕(渡辺釣船店)

関東近県在住のオフショアルアーファンから絶大な人気を集める、そんな東京湾のタチウオゲームが開幕した。今シーズンは少し遅めのスタート、しかも少々釣果にムラが目立つことから、様子見を決めこむアングラーも多かったようだ。


中深海を「スキッディング」ゲームで攻める!(アシストクラブ金進丸)

中深海を「スキッディング」ゲームで攻める!(アシストクラブ金進丸)

これまでのジギングとは異なる発想のスタイルとして、全国規模で拡がり始めている。その提唱者が新潟県柏崎港「アシストクラブ金進丸」の秋山進一船長だ。


あの手この手で幽霊魚を攻略! 東京湾のタチウオゲーム(渡辺釣船店)

あの手この手で幽霊魚を攻略! 東京湾のタチウオゲーム(渡辺釣船店)

東京湾の夏タチウオがついに開幕した。6月下旬現在メインポイントとなっている金谷沖には、このときを待ちわびた多くのタチウオファンが乗った船で大船団が形成されていた。


カツオゲーム! 脂が乗ったうまいカツオをGETしよう(波崎・信栄丸)

カツオゲーム! 脂が乗ったうまいカツオをGETしよう(波崎・信栄丸)

「カツオを狙うのは久しぶりだよ。東日本大震災以来かな。出船し始めたのは5月のGWから。今年のカツオは昇りなのに脂がのっていてすごく美味しいよ」 弾んだ声で答えてくれたのは、波崎港「信栄丸」の浮島和雄船長。


トップに炸裂高活性! 相模湾シイラ釣り&タックルご紹介(庄治郎丸)

トップに炸裂高活性! 相模湾シイラ釣り&タックルご紹介(庄治郎丸)

今年の梅雨は雨がドカッと降ったかと思うと数日晴天が続く、というのを繰り返している。取材はそんな晴天が続いた日だった。シイラの活性はこの時期にしては高く、トップウォータープラグに猛然と襲いかかる姿が多数!! こうなると、相模湾のシイラは本格シーズン到来! と言っていいだろう。


ヒラマサゲーム好調継続中! 気軽にチャレンジしてみよう(松鶴丸)

ヒラマサゲーム好調継続中! 気軽にチャレンジしてみよう(松鶴丸)

外房・大原沖のヒラマサジギングで最も多く釣られているのは小型が多いものの、僚船を含めた釣果ではジギングでも6〜8㎏クラス、キャスティングでは10㎏前後も姿を見せており、小型ばかりとなめていると手痛いしっぺ返しをくらう。そんな状況が続いている。


外房”春マサ”シーズン! ラストスパートのヒラマサを狙う(山正丸)

外房”春マサ”シーズン! ラストスパートのヒラマサを狙う(山正丸)

外房の春マサがいよいよ終盤戦だ。例年春シーズンは2〜3㎏が主体で比較的数が出やすいことから、初心者がチャレンジしてキャッチすることも多く、それゆえ青物ルアー入門者にも最適な時期として人気が高い。


ランキング


>>総合人気ランキング