ルアーの釣り記事一覧

爆釣を味わうなら今! 駿河湾のタチウオナイトゲーム【駿河湾】

爆釣を味わうなら今! 駿河湾のタチウオナイトゲーム【駿河湾】

怒号が聞こえた。釣れ盛っているようだ。指示ダナは30〜50m。投入の合図と同時にメタルジグを落とすと、途中でガツガツアタってくる。たしかに「あくでえ」食いだ。


ヤリイカ、新群れ入って数も上昇中、いよいよ本番!【南房・白浜沖】

ヤリイカ、新群れ入って数も上昇中、いよいよ本番!【南房・白浜沖】

冬の釣りの花形のひとつ、ヤリイカが南房エリアで好調に釣れている。「今シーズンは全体的にサイズがいいですね。本当はもっと小型もまじったほうがいいんだけどね」とは、乙浜港「信栄丸」の安田仁船長。


ついに開幕、待ってたぞ!  マルイカが来た!【相模湾・亀城根周辺】

ついに開幕、待ってたぞ! マルイカが来た!【相模湾・亀城根周辺】

ついにマルイカが姿を現した! 今期の開幕の状況は、“いい年”の例年パターンと同じ。相模湾・亀城根周辺の水深70~100mに群れが広範囲に押し寄せてきたのだ。取材では60杯超の釣果も記録! もうこれは本物と言ってもいいだろう。さあ、昨シーズンの分まで釣りまくるぞ!


釣ってユカイ、 食ってウマイ。 相模湾のホウボウゲーム【相模湾】

釣ってユカイ、 食ってウマイ。 相模湾のホウボウゲーム【相模湾】

例年であれば新しい年が明けてから開幕する相模湾のホウボウゲーム。だが今シーズンは、早くも11月の中旬から開幕した。


短時間で大満足! ナイトゲームで楽しむアジング【横浜根岸湾】

短時間で大満足! ナイトゲームで楽しむアジング【横浜根岸湾】

釣って楽しく、食べて美味しい! 本誌のモットーともいえる、釣りの醍醐味を堪能させてくれる代表選手が、アジ、そしてアジングだ。「うちではだいたい一年中出来ますよ。年が明けてもメバルが中心になる3月くらいまでは十分に楽しめます」とは福住武彦船長。


ジギング炸裂! 良・大型タチウオ乱舞!!【駿河湾・焼津沖】

ジギング炸裂! 良・大型タチウオ乱舞!!【駿河湾・焼津沖】

駿河湾のタチウオジギングが好調だ。しかし、爆っていてもコロリと状況が変わってしまうのが幽霊魚・タチウオ。今、釣れているなら、即座に行かなければ! 行けるときに、すぐ行く。これがタチウオ攻略の基本中の基本の第一歩だ。


水深浅く手軽に数釣り、沼津沖の夜タチウオ絶好調!【沼津沖】

水深浅く手軽に数釣り、沼津沖の夜タチウオ絶好調!【沼津沖】

沼津沖のタチウオが11月末ごろからコンスタントに数釣れている。なんといってもここの魅力は、タナが浅いこと。当たりダナは深くても40m。例年、年末頃から地元でジンドウイカといわれるケンサキイカの仔イカが表層付近を群れて泳ぐため、それを捕食するためにタチウオも浮く。水深10m以浅、もしくは水面直下でヒットすることもザラだ。


東京湾の冬の定番ゲーム、シーバスバーチカルジギング【東京湾】

東京湾の冬の定番ゲーム、シーバスバーチカルジギング【東京湾】

「昨年のスタート時点はいまひとつだったんですけどね。年明けからグッと調子が良くなっていますよ」とは杉村裕二船長。


ブリ&ワラサに期待! 波崎沖のジギングゲーム【茨城県・波崎沖】

ブリ&ワラサに期待! 波崎沖のジギングゲーム【茨城県・波崎沖】

「水温がまだ高く、潮も澄んでいる影響はあるとは思いますが、本来であれば今まさに最盛期を迎えているはずのワラサやブリが、今期は北からまだ本格的に降りて来ていないんです」と話すのは、波崎港「征海丸」の須之内哲也船長だ。


極意は “通う”ことなり…外房のヒラマサ、大型ヒット中!【外房】

極意は “通う”ことなり…外房のヒラマサ、大型ヒット中!【外房】

オフショアルアーアングラーなら、おそらく誰もがその魚体を我が手に抱くことを憧れる魚が「外房のヒラマサ」だろう。その理由は単純明快。「難しい」からだ。


東京湾のタイラバゲームは冬の陣突入中!【東京湾】

東京湾のタイラバゲームは冬の陣突入中!【東京湾】

「いきなりゴツゴツと来ました! 重かったです!」と、息を弾ませながら答えてくれたのは、新宿区の坊内聡太くん。11月下旬、マダイ狙いに出た「フレンドシップ」船上。朝一番、ひと流し目の出来事だった。マダイは2㎏ジャスト、初挑戦での快挙だった。


南房総のヤリイカはこれから春先まで熱い【南房総・布良沖〜白浜沖】

南房総のヤリイカはこれから春先まで熱い【南房総・布良沖〜白浜沖】

シーズンの南房総のヤリイカは、例年になく早い時期からスタートした。昨年の11月ぐらいからポツポツと顔をだしはじめ、12月に入ると本格化。トップ20杯台から30杯台をコンスタントに記録しはじめた。


相模湾東部でヤリイカ開幕&ポイントも拡大中【相模湾・長井沖】

相模湾東部でヤリイカ開幕&ポイントも拡大中【相模湾・長井沖】

相模湾東部のヤリイカ釣りは、一昔前なら初秋頃から釣れ出していたが、現在は水温がなかなか下がらないからか、年末年始頃に本格化するのだ。


相模湾から東京湾口エリアのヤリイカ、本格開幕!【城ヶ島〜洲崎沖】

相模湾から東京湾口エリアのヤリイカ、本格開幕!【城ヶ島〜洲崎沖】

相模湾から東京湾口エリアのヤリイカが本格的な開幕を迎えるのは、暮れから年明けにかけて、というのがここ数年のパターンになっている。狙う海域の洲崎沖、城ヶ島沖、沖ノ瀬は、いずれも黒潮の影響を受けやすく、厳冬期でも高水温をキープしていることが、ヤリイカシーズンが遅れる理由とも言われている。


ジャンボヤリイカ爆釣ルポ&ヤリイカ必釣ガイド 【伊豆・波勝崎沖】

ジャンボヤリイカ爆釣ルポ&ヤリイカ必釣ガイド 【伊豆・波勝崎沖】

これからが本番のヤリイカ。この釣りの魅力は、比較的簡単に「乗る」「釣れる」ことと、食べておいしく、料理も簡単なこと。保存もOKのヤリイカを初めての人でも簡単に多点掛けして、満足してもらうために、基本釣法を優しく紹介。ベテラン釣り師も基本をおさらいしていざ、ヤリイカ釣りへ!!


キロ級主体にトップ18杯!! 東京湾のアオリイカが最盛期だ【東京湾】

キロ級主体にトップ18杯!! 東京湾のアオリイカが最盛期だ【東京湾】

秋から冬にかけてシーズンを迎える東京湾のアオリイカ。キロ級の良型が竿を止める衝撃は他の釣りでは味わえない快感だ。鴨居港の「きよし丸」はアオリイカ釣りを得意にしていて、シーズンになると毎年通っている船宿だ。今年のアオリイカの模様はどうだろうか?


サイズアップ! 冬の良型タチウオゲーム再開だ!【東京湾・走水沖】

サイズアップ! 冬の良型タチウオゲーム再開だ!【東京湾・走水沖】

「昨日は底から4〜5mまでの反応が多くてね。その少し上までゆっくりチョンチョン見せて、フォールさせるのが良かったですよ。でも、毎日パターンは変わるのでいろいろ試してくださいね」。船上にはやる気を煽る?丁寧なアナウンスが響き渡る。声の主は金沢八景「太田屋」のルアー船担当、佐野一也船長だ。


寒ブリ大回遊!10年ぶりの当たり年だっ【新潟県上越・有間川沖】

寒ブリ大回遊!10年ぶりの当たり年だっ【新潟県上越・有間川沖】

上越沖では、毎年、11月半ばからブリが回遊する。全国的にもブリは年々増加しているが、ここのブリはちょっと違う。あの有名な高級ブリ、富山の氷見の寒ブリと同じなのだ。丸々とした魚体、そして、身にはたっぷりと脂を蓄え、最高級ブリの名のとおり、食せば誰もが舌鼓を打つこと間違いなしの魚だ。


いよいよ佳境! 焼津沖の夜タチウオは超美味です【駿河湾・焼津沖】

いよいよ佳境! 焼津沖の夜タチウオは超美味です【駿河湾・焼津沖】

「焼津沖のタチウオはサクラエビを食べているので、甘みが非常に強くて最高に美味しいよ。これからの季節はちょっと寒いけど、本当に美味しいタチウオだから、来る価値は十分にありますよ!」と常連さんは語った。嘘か誠か…。


最大3㎏、一人で10枚も! ルアーで極上キンメダイを狙う【南伊豆沖】

最大3㎏、一人で10枚も! ルアーで極上キンメダイを狙う【南伊豆沖】

「釣るポイントが絞れてきたっていうこともあるけど、今年はルアーキンメの当たり年だと思うよ。数も型もいいからね」。言葉の主は弓ヶ浜「惠丸」の良川福一船長だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読
フィッシングショー2018