MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ルアー釣り

ルアー釣り

ルアー釣りに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

ルアー釣りの記事一覧

表示順:
「まだ始めたばかりで、数のほうはちょっと不安定なんですよね。ただ型はいい感じでそろっていますよ」(渡辺釣船店・田中茂生船長)人気を集める東京湾のタチウオジギング。まだか! まだか! の声に応え、先陣を切って出船を開始したのが横浜新山下「渡辺釣船店」だ。
更新: 2018-06-05 01:01:33
南房布良沖のルアーゲームがいよいよ本格始動だ。ジギングやキャスティングにより、ヒラマサ、カンパチ、ワラサ(ブリ)の青物御三家をはじめ、マハタなどの根魚まじりで釣果上昇中なのだ。
更新: 2018-06-13 07:50:20
気軽に楽しめる釣りとして人気を集めているライトルアー船が、今年もスタート。サバをメインに、ライトタックルを駆使して釣れるものは何でも釣ってしまおう! という欲張りスタイル。なんといっても魅力は短時間&低料金。サクっと釣って帰る、しかもお土産付き、という密度の高さが現代のニーズにマッチしているのだろう。
更新: 2018-06-04 00:58:46
ここ数年、高いゲーム性とその絶大な釣果から、急速に人気が高まっている鹿島のワームマゴチ。この釣りは、ひとつテンヤマダイのタックルを用いる釣りだ。
更新: 2018-06-07 02:11:48
4日くらい前から黒潮が入ってきたね。ちょっと潮が澄んで手強いけど、流れているから食うよ。昨日は7人で9本キャッチかな。アベレージは2〜3㎏と小振りだけど、まさに初夏のヒラマサって感じだよね」と話すのは、大原港「松鶴丸」のオキさんこと、中村洋行船長。船長の言葉通り、外房沖は初夏マサシーズンまっさかり、という状況だった。
更新: 2018-05-30 01:00:31
「今年もよさそうですよ。魚は西から東まで、相模湾の広範囲にいます。数もかなり入って来ているようですよ」と話すのは、今期いち早くシイラ乗合船を開始した平塚港「庄三郎丸」の後藤久船長。いよいよ相模湾にエキサイティングなシーズンがやって来た。
更新: 2018-05-28 00:57:16
パワー全開のスピードランが、多くのファンを集める外房沖のヒラマサ。近年では周年のターゲットとして、各地のアングラーを惹きつけているが、やはり春から初夏にかけての、いわゆる「春マサ」シーズンはおおいに盛り上がる。黒潮の影響を受けた南からの潮、「真潮」が勢力を増し、多くのヒラマサを外房沖に送りこんでくる。
更新: 2018-05-25 08:01:32
去年、鹿島沖で爆釣につぐ激釣を記録し、アッと言う間に大ブレイクしたマゴチ釣りの新提案・ひとつテンヤマゴチが、今年も満を持して開幕。その初日に鹿島港「長岡丸」にお邪魔して様子を伺ってきた。
更新: 2018-05-24 00:43:14
最高級のイカとされている伊豆諸島周辺のアカイカ。大型でしかも身厚。そして、なによりも甘く大変美味。もちろん、伊豆諸島のブランド高級食材として市場に出回っている。そんなアカイカが手軽に釣れるのが、まさにいまだ。
更新: 2018-12-12 05:37:01
いま、東京湾では非常に熱いゲームが密かに盛り上がっている。“マゴチ”のルアーゲームだ。この釣りが東京湾で本格的にスタートしてからはまだ浅く、そのため専用タックルやルアーは極一部。そして楽しませてくれる船自体もまだ少ないとあって、話題に出ることもあまりない。だが、やってみるとこれが本当に楽しい!
更新: 2018-05-21 03:59:01
先頭 12 13 14 15 16 17 18 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読