MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ルアー釣り

ルアー釣り

ルアー釣りに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

ルアー釣りの記事一覧

表示順:
小麦の花穂が見られるようになるとムギイカが釣れ始まる。一年を通じて様々なイカが我々を楽しませてくれるが、その年度初めを感じさせるのがムギイカだと私は思う。3月末日、西伊豆は戸田港「福将丸」でイカ釣り師待望の夜ムギイカが始まり、4月に入るといきなり三束もの釣果を叩き出した。
更新: 2018-04-29 16:30:15
「どうぞ。水深は56mかな? だんだん浅くなって行きますよ。根のトップではヒラマサ、落ちたところではワラサって感じです」と船長がアナウンス。この船はライト&スローなスタイルにこだわって出船、人気を集めている船だ。
更新: 2018-04-24 06:07:02
南伊豆下田沖に鎮座する神子元島。磯釣りでは超一級のポイントが多いことで有名だが、黒潮の影響が濃く出るこの島の周りには、大型青物たちが回遊することでも知られる。その様子は、ダイバーたちによって連日インターネット上に詳細に紹介されている。
更新: 2018-04-24 06:06:30
駿河湾の大人気ターゲット・タチウオが、いきなりなんとトップ60~80本以上という驚くべき釣果で開幕した。まさに大爆釣だ。
更新: 2018-04-24 06:06:35
早春の時期から開幕している外房のヤリイカ。4月に入ると絶好調。パラソル級の大型主体に数釣れている。
更新: 2018-04-24 06:06:38
いよいよ外房に青物ルアーゲームの好機到来だ。例年この時期は、ヒラマサやワラサが大きな群れでここ外房に回遊して来るのだ。
更新: 2018-03-30 02:33:20
関東エリアでは非常に人気の高いゲームのひとつ、外房沖のヒラマサジギングゲーム。周年楽しむことができる釣りではあるが春は絶好機。ゴールデンウイーク前後を目安に一気に急上昇する、というのが例年のパターンだ。
更新: 2018-04-24 06:06:11
伊豆半島の先端、石廊崎から南へ約100㎞、黒潮のど真ん中に突出する絶海の孤島、イナンバ。毎年春、黒潮に乗りここにキハダが回遊してくる。イナンバは、天然のパヤオのようなもの、潮の流れによっては、キハダやカツオの大群がここに居付く。基本的には、この海域は回遊魚にとっては通り道。行ってみなくちゃ、キハダがいるかは分からない。
更新: 2018-04-24 06:06:12
数を楽しむ釣りではない。一枚一枚を大事に楽しむ。そんな釣りのひとつが東京湾のタイラバゲームだ。
更新: 2018-04-19 04:24:34
夜イカ釣りをほぼ周年専門にしている西伊豆・戸田港「福将丸」。例年、4月から6月半ばまでは、ムギイカ釣りが楽しめる。だが、今期はちょっとスタートが遅れ気味。本格化の兆しが明確になったのは、GW。ウネリ&月夜というけしてよい条件ではないものの、トップ50〜100杯という釣果をタタキだした。
更新: 2018-04-19 04:24:17
先頭 12 13 14 15 16 17 18 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読