MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ルアー釣り

ルアー釣り

ルアー釣りに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

ルアー釣りの記事一覧

表示順:
ジギングは、ロッドは長さ6フィート前後、ラインはPE2〜3号、リーダーはフロロの40〜60Lb。キャスティングは、ロッドは長さ7フィート前後、ラインはPE2号、リーダーはナイロンの40Lb。
更新: 2019-01-15 00:50:41
東京湾のタチウオゲームがトップシーズンを迎えている。しかも、この時期のタチウオは良・大型揃い! みな指3.5~5本オーバーのメーター前後で、指2~2.5本という小型は1本たりともまじらなかった。
更新: 2019-01-15 00:49:54
「魚探に反応はしっかり出ているんですけどね。よほどなにかを嫌っているんでしょう。口を使ってくれませんね」と、状況を教えてくれたのは川崎「つり幸」の村上船長。言葉のやり取りがあったのは、昨年の暮れ。
更新: 2019-01-15 00:49:23
“タルイカ”。北陸で呼ばれている名だが、東日本では聞きなれない名前のイカだろう。標準和名はソデイカ。このイカが昨年、一昨年の秋から冬に、山陰から北陸にかけて大発生。大きくなると20㎏を超えるという。
更新: 2019-01-11 00:56:27
爆発的人気! とは言えないが、年を追うごとに着実にファンを増やしているのが、南伊豆出船で狙う新島沖のキンメダイゲームだ。新島沖のキンメダイは、数こそ望めないものの、2㎏クラスは当たり前、狙いは3㎏!
更新: 2019-01-09 00:55:52
シンプルなライトタックルで、極端なことを言ってしまえば「落として巻くだけ」でマダイをはじめ根魚や青物など多彩な魚が釣れ、しかも老若男女誰でも手軽にゲーム性の高い釣りが楽しめると人気が高い「タイラバ」。
更新: 2019-01-08 01:04:59
昨年、ほぼ周年に渡って好調だったのがタイラバ。「8月、9月を除いてかなり安定感がありましたね。魚影が濃かったというよりは、やはり遊動式のタイラバになってから釣果が安定したんだと思いますよ」と田岡船長。
更新: 2019-01-07 00:58:29
未だ水温が高く、ワラサやイナダをメインターゲットとした青物ジギングの本格化が大幅に遅れている波崎沖・大根エリア。本来であれば11月頃といえばすでに絶好調なのだが、今期はポツリ、ポツリ…。
更新: 2019-01-11 00:55:39
犬吠埼沖・大根と外房という、全国に名を轟かせる有名ルアーポイントの間に位置する飯岡沖。九十九里浜の北端ということで、海底は沿岸の陸地同様、砂地や砂利場がメインだが、ここでのルアーゲームはそこに点在する魚礁や沈船などを主に狙っていくスタイルだ。
更新: 2019-01-11 00:54:48
「ドンッ!」、もしくは「ドスッ!」ヒット直後の重量感を表現するなら、こんな言葉が適当だろうか? リールを巻く手が止まってしまうほどの強烈なアタック! 東京湾の冬タチジギングは、アベレージサイズのよさが魅力だ。
更新: 2019-01-08 01:08:57
先頭 1 2 3 4 5 6 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読