MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ルアー釣り

ルアー釣り

ルアー釣りに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

ルアー釣りの記事一覧

表示順:
タックルは、シャクれるライト系の竿なら何でもOK。昔はシャクリアオリ専用ロッドも発売されていたが、現在は1.4~1.6mの軟らかめのマルイカロッドや、LTゲーム用のロッドを使用する。
更新: 2019-01-08 01:08:16
関東圏で話題になりつつある2つの餌木を付けて釣るアオリイカの新釣法〝ティップランプラス〟。この釣りを開発した張本人たちが関東の海で新釣法を披露した。
更新: 2019-01-07 00:57:38
東京湾のシーバスがジギングで爆釣中! 12月上旬の取材では終始食い活発で、半日でなんとトップ67本! 最大74㎝とまさに絶好調。取材後も多少の上下はあるものの、順調に釣れ続いている。
更新: 2019-01-07 00:57:20
水温が17度を下回ってからは、ちょっとヒラマサが厳しくなってきましたね。今後はワラサ、ブリを中心に狙っていくと思いますよ」12月中旬に行った取材時、波崎港「征海丸」須之内哲也船長の言葉だ。
更新: 2019-01-07 00:57:21
11月中旬現在、東京湾でサワラとシーバスが好調だ。しかもサワラは4㎏オーバー、シーバスは70〜80㎝オーバーというグッドサイズがヒット中!そのため、千葉・寒川港「小峯丸」船上は平日もアングラーの姿が絶えない。
更新: 2019-01-07 00:57:16
「最近は浅場で釣れているんですよ。水深は20mから40mが多いかな。深場に行くこともありますけど、まずは浅場からやっていきます」と、「渡辺釣船店」の田中茂生船長。取材日は本牧沖の水深40mからスタートした。
更新: 2018-12-27 01:03:03
アオリイカ釣りは、道具がシンプルで釣り方も簡単。ビギナーや女性でも手軽に楽しめる。シンプルなだけに極めれば奥深く、毎週のように通い詰めるベテランも多い。この釣りは、餌木の選択と正確なタナ取り。そして、一にも二にもシャクリである。
更新: 2018-12-25 00:49:27
「今シーズンのアオリイカは型がいいよ」。出船前の黒川勇治船長の言葉通り、釣り上げられるイカは良型ぞろいだ。平均サイズは800g、11月ではあるがキロオーバーも珍しくない。軟調長竿が満月に絞り込まれるシーンが続出した。
更新: 2018-12-21 01:03:30
「おすすめのタックルセッティングは、ラインはPE1.5号、リーダーはフロロの6号です。現在のところはエサ釣りと同船なので、メインラインは細いくても太すぎてもトラブルが多くなってしまいます。とくに太いと水切れと感度が悪くなってしまうので、一番バランスがいいのが1.5号です」
更新: 2018-12-14 00:55:48
「今年はマダイの調子がいいですよ。10月からマダイと青物のリレー乗合を始めていますが、マダイを青物が釣れないときの保険に考えているくらいですからね」とは船橋港「フレンドシップ」の田岡要司船長の言葉。
更新: 2018-12-13 01:01:03
先頭 1 2 3 4 5 6 7 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読