記事総数:252

公開済みの釣り記事


相模湾のカツオ&キハダ、連日複数アタリ、複数キャッチだ【相模湾】

相模湾のカツオ&キハダ、連日複数アタリ、複数キャッチだ【相模湾】

8月に開幕した相模湾のカツオ&キハダ。今シーズンは開幕からどちらも絶好調の年と言えるだろう。相模湾一帯から三浦まで多くの船宿が出船しており、中には1軒で3隻、4隻と複数の船が出船しているところもある。連日、激しく熱い状況が続いているぞ。


 こんなに釣れていいかしら? マゴチ戦線異常アリ【東京湾】

こんなに釣れていいかしら? マゴチ戦線異常アリ【東京湾】

「照りゴチ」の異名を持つマゴチ。真夏をイメージするこの釣りは、夏季限定で結成される蝉の合唱団が解散される頃に旬を終える釣りものだと認識していた。だが、その認識は誤っていたのだ。


青物・根魚&アオリイカ、五目ゲームのすすめ【新潟・柏崎沖】

青物・根魚&アオリイカ、五目ゲームのすすめ【新潟・柏崎沖】

秋の日本海はにぎやかだ。メインは青物ジギング、アオリイカ狙いのエギング、キジハタなどの底物狙いのジギング、浅場のロックフィッシュをテキサスリグで攻める釣りも面白い。ジギングタイムなら、漁具ING系の釣りやスロー系の釣りだって楽しめる。目移りするほどの多彩さが魅力だ。


良型多く引き味&食味抜群、秋のワラサ祭りだ!【東伊豆・初島周り】

良型多く引き味&食味抜群、秋のワラサ祭りだ!【東伊豆・初島周り】

ここ近年、ワラサといえば三浦半島・剣崎沖で早い年には7月末ごろに幕を開けることが多かったが、今年は模様が中々出ない状況が続いた。そんな中、台風15号が北上した翌日、9月3日から東伊豆・熱海沖にある初島周りで急きょ食いだした。


大型狙いならココだ! 東伊豆富戸沖のアカムツ【東伊豆富戸沖】

大型狙いならココだ! 東伊豆富戸沖のアカムツ【東伊豆富戸沖】

この時期、「ひろし丸」での紅い魚は、究極の深海釣り「ベニアコウ」、または大島沖の「キンメ&アコウ」、富戸沖の「オニカサゴ」、そして深海のルビー「アカムツ」と盛り沢山だ。で、今回は…狙うは「アカムツ」の首ひとつっ!!(大仁田厚調)。


手軽に気軽にライトに数釣り! 秋の美味アジ好釣です【東京湾】

手軽に気軽にライトに数釣り! 秋の美味アジ好釣です【東京湾】

手軽なライトタックルで簡単に楽しむことのできる東京湾のLTアジ。老若男女、多くの釣り人に人気の釣りだ。ほぼ周年楽しめ、比較的釣果も安定していている釣りだが、どうしたわけか今年の夏場は食い渋りが続いたが、秋の気配が色濃くなった現在の東京湾では、少し前の食い渋りがウソのように好調にアジが釣れているという。


竹岡沖のカワハギは数釣り有望、肝パンパンです【東京湾・竹岡沖】

竹岡沖のカワハギは数釣り有望、肝パンパンです【東京湾・竹岡沖】

肝もたっぷり入って、いよいよカワハギのベストシーズンがやってきた。今回取材した竹岡沖は、海底が比較的平坦な砂地メインで、所々に根が点在している。水深は10~20mと浅く、根掛かりが少ないので初心者も釣りやすいのが特徴だ。カワハギのストック量も多く、トップ40~50枚という釣果は珍しくない。


脂たっぷり激うまタチウオ、大型シーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

脂たっぷり激うまタチウオ、大型シーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

いよいよ観音崎沖の80~90mラインでタチウオが始まった。この秋から冬にかけてのタチウオ釣りの魅力は、数こそ夏の浅場の釣りには及ばないものの、なんといってもサイズがいいこと。脂がたっぷりと乗った良&大型がターゲットだ。


アベレージサイズアップ中!東京湾のタチウオジギング【東京湾】

アベレージサイズアップ中!東京湾のタチウオジギング【東京湾】

食べて美味しく釣って楽しいタチウオが絶好調で、しかもアベレージサイズがよくなっている…こりゃーもう居ても立ってもいられず、矢も楯もたまらず、釣り船に乗り込んだのでありますです、ハイ。


駿河湾のキハダ、湾内大量回遊中!【駿河湾】

駿河湾のキハダ、湾内大量回遊中!【駿河湾】

キハダゲームならではの極上のギャンブル感。これに多くのアングラーは虜になってしまうのだ。スーパーボイルに遭遇すれば、その日はビッグデイ。さぁ行こう、大物が待ってるぜ!


話題の釣法でお手軽簡単に釣れるアオリイカ【新潟・寺泊沖】

話題の釣法でお手軽簡単に釣れるアオリイカ【新潟・寺泊沖】

一躍脚光を浴びているアオリイカの新釣法であるティップランとスパイラル釣法(スパ釣)。ここ寺泊沖でもブレイク中だ。


ショウサイフグはやっぱりココ!良型の数釣りシーズン突入【大原沖】

ショウサイフグはやっぱりココ!良型の数釣りシーズン突入【大原沖】

外房大原沖のショウサイフグが10月に解禁になった。約5カ月間禁漁でポイントを休めたおかげで、初期は特に良型が数釣れる時期だ。制限匹数である80匹に到達するのも珍しくなく、初心者でも30匹、40匹とまとまった数を釣るのが可能なのも、このショウサイフグ釣りなのである。


良型多く釣り味も抜群、秋も走水沖の美味しいアジを狙おう【走水沖】

良型多く釣り味も抜群、秋も走水沖の美味しいアジを狙おう【走水沖】

潮がかっ飛び、130号のビシがどんどん流される。スプーを親指で押さえ、数回止めながら底を取った。2m巻き上げ、コマセを振ってアタリを待つ。30秒ほど待ってから、再び底を取り、コマセを振ると穂先がギュギュッと絞り込まれる。ビシを巻き上げ、ハリスを手繰ると30㎝を超えるアジが水面下に現れた。


由比沖のヒラメ、穴場の解禁ポイントでアタリ連発【駿河湾・由比沖】

由比沖のヒラメ、穴場の解禁ポイントでアタリ連発【駿河湾・由比沖】

ヒラメの解禁というと房総エリアや茨城エリアに注目が集まるが、実はその他のエリアでも、ひっそりと? ヒラメが解禁し好調に釣れている場所がある。駿河湾の湾奥部、由比沖周辺は、そんなヒラメ釣り場のひとつだ。


大原沖のヒラメは今シーズンも期待度◎【外房・大原沖】

大原沖のヒラメは今シーズンも期待度◎【外房・大原沖】

外房・大原沖のヒラメの解禁初日。初日は台風通過直後で底荒れし、しかも雨が降りそうな曇天。ヒラメ釣りとしては悪条件のもとでの出船となった…。


佐島沖のマダイ、秋の好シーズン突入! 【佐島沖】

佐島沖のマダイ、秋の好シーズン突入! 【佐島沖】

相模湾ではコマセキハダで連日大フィーバーしているが、佐島沖のマダイもオススメ。連日のように右肩上がりの安定した釣果を見せている。秋のマダイの特徴は、アタリが多くて数、型ともに期待できる。そして、嬉しい外道も豊富でイナダやワラサなどの青物やイトヨリ、メジナなど五目釣りが楽しめるのだ。


秋の外房でカンパチ五目が好釣、トップ40匹越え!【外房・小湊沖】

秋の外房でカンパチ五目が好釣、トップ40匹越え!【外房・小湊沖】

四季を通して独特な釣りが楽しめる小湊港、そこで旬のターゲットを釣らせているのが「寿々木丸」だ。夏から秋口にはカンパチを主体に五目釣りで出船しているが、今年はカンパチの魚影がすこぶる濃いと聞き、久しぶりにカッタクリ道具を引っ張りだした。


マダイにワラサがざっくざく、伊東に穴場み〜っけ【東伊豆・伊東沖】

マダイにワラサがざっくざく、伊東に穴場み〜っけ【東伊豆・伊東沖】

「えっ? こんなところでマダイが釣れるの?」船長が「やってください」と言ったのは、日本一の道の駅とも言われる「伊東マリンタウン」のちょっと沖。「ハトヤ大漁苑」も近くに見える。午前のワラサ狙いでは、ワラサを抱える懐かしの「ハトヤ」CMのような光景がココで繰り広げられていた。


手バネ竿で粋に楽しもう! 江戸前のハゼ釣り【東京・深川】

手バネ竿で粋に楽しもう! 江戸前のハゼ釣り【東京・深川】

大都会・東京での忙しい毎日にお疲れの貴方にオススメ。遠出も早起きもせずに楽しめる東京での夕釣り。たまにはのんびりとした時間を過ごすのもいいんじゃないでしょうか。


本命アラは 5㎏! 6㎏!! 新潟・間瀬沖の五目釣り【新潟・間瀬沖】

本命アラは 5㎏! 6㎏!! 新潟・間瀬沖の五目釣り【新潟・間瀬沖】

新潟・間瀬沖の五目釣りは、本命のアラに加えて、脇を固めるのはマゾイにメバル、カレイにマダラと豪華ラインナップ。美味しいお土産がいっぱいなのだ。


ランキング


>>総合人気ランキング