記事総数:608

公開済みの釣り記事


興奮のエビメバル! 東京湾にはメバルが春を連れてきた!!【東京湾】

興奮のエビメバル! 東京湾にはメバルが春を連れてきた!!【東京湾】

東京湾のエビメバル。開幕の声を聞くと春を大いに感じさせてくれる釣りだ。「長い冬もようやく終わりだ」、こんな気分にさせてくれる。とは言っても、開幕の2月はまだまだ厳冬期。ちょっぴり沖に出るのはツライ季節だけど、それをガマンしてでも行きたいのがまたこのエビメバル釣りなのである。


常磐の春は生きエビエサで大型クロメバルを狙え!【茨城・波崎沖】

常磐の春は生きエビエサで大型クロメバルを狙え!【茨城・波崎沖】

春告魚“メバル”。茨城の海もシーズンを迎えている。「キュン、キュン、キューン!」と竿先に明確にアタリが出るこの魚。愛くるしい姿形からは想像できないほど、パワフルである。


これから本番! 南房・千田沖のキンメ&アコウ【南房・千田沖】

これから本番! 南房・千田沖のキンメ&アコウ【南房・千田沖】

一年の中で最も寒い時期である「寒の内」。われら「食いしん坊」にとっては鍋が最も旨い季節となった。この時期の鍋料理にもってこいの鍋ネタとして、キンメダイとアコウダイがあげられる。どちらも高値安定の高級魚だ。南房総千田港「三喜丸」には、このふたつの高級魚を狙えるメニューがある。これはまさに垂涎のメニューだ。


寒イサキ絶好調! ハナダイも楽しみ! 江見沖の五目釣り【江見沖】

寒イサキ絶好調! ハナダイも楽しみ! 江見沖の五目釣り【江見沖】

今年の初取材は、昨年暮れから好釣果が続いている江見沖の五目釣り、イサキ五目となった。イサキといえば梅雨の時期を連想する。しかし、「寒イサキ」と呼ばれるこの時期はお腹に脂をびっしり抱えて、甘味が強くトロける旨さ。そのうえ、ハナダイ、アジ、カイワリ、マダイなどうれしいゲストも多彩で楽しむことができる。


片貝沖のハナダイ五目、ハナダイのほか大型アジも好調!!【片貝沖】

片貝沖のハナダイ五目、ハナダイのほか大型アジも好調!!【片貝沖】

アミコマセを使うハナダイ五目。この釣りのいいところは、コマセで魚を寄せるので手軽に数が釣れ、いろいろな魚が釣れること。しかも、狙う水深が浅く手返しも楽。また水温が低いこの時期に釣れる魚は、食べてもとても美味しいのだ。


「プチ」深場釣り気分が楽しむ銚子外川沖のオキメバル【銚子外川沖】

「プチ」深場釣り気分が楽しむ銚子外川沖のオキメバル【銚子外川沖】

年末来の不調を年明け後も引きずり、初釣り以降もイマイチどころかイマニ、イマサンの釣果が続いた。そんなところに編集部から舞い込んだ今年初の指令は銚子沖のオキメバル釣り。個人的にもこの時季の欠かせない釣り物となっていて、まことにもってウエルカム。喜び勇んで銚子外川港の「福田丸」に出掛けた。


ジギング炸裂! 良・大型タチウオ乱舞!!【駿河湾・焼津沖】

ジギング炸裂! 良・大型タチウオ乱舞!!【駿河湾・焼津沖】

駿河湾のタチウオジギングが好調だ。しかし、爆っていてもコロリと状況が変わってしまうのが幽霊魚・タチウオ。今、釣れているなら、即座に行かなければ! 行けるときに、すぐ行く。これがタチウオ攻略の基本中の基本の第一歩だ。


東京湾の冬の定番ゲーム、シーバスバーチカルジギング【東京湾】

東京湾の冬の定番ゲーム、シーバスバーチカルジギング【東京湾】

「昨年のスタート時点はいまひとつだったんですけどね。年明けからグッと調子が良くなっていますよ」とは杉村裕二船長。


温泉宿&釣りを同時に楽しむ冬の伊豆釣行【南伊豆・下田外浦沖】

温泉宿&釣りを同時に楽しむ冬の伊豆釣行【南伊豆・下田外浦沖】

南伊豆・外浦から河津の沖は、西風に強い海域で知られる。冬将軍が本州に居座るこの時期、出船率の高さは大変魅力だ。


シマアジシーズン本格化! 高級魚五目を楽しむ冬の八丈島【八丈島】

シマアジシーズン本格化! 高級魚五目を楽しむ冬の八丈島【八丈島】

東京から南へ約300㎞、黒潮が洗う太平洋上に鎮座する八丈島。いま、一年のなかで最も熱くなるターゲットであるシマアジが2月にハイシーズンを迎える。


朝イチはスルメ、後半ヤリイカを狙え!【南房・布良沖〜白浜沖】

朝イチはスルメ、後半ヤリイカを狙え!【南房・布良沖〜白浜沖】

「今シーズンは遅いよね。昨シーズンは初冬から釣れていたからね。ここにきてやっと始まったという感じだよ」、南房・布良港「松栄丸」の黒川一夫船長はこう話す。相模湾のヤリイカも遅れているが、この海域もまた遅いスタートとなった。


アジは絶好調続き! ゲストのマダイも冬場は確率高し【相模湾東部】

アジは絶好調続き! ゲストのマダイも冬場は確率高し【相模湾東部】

冬場の相模湾において、安定して好釣果が望める釣り物はアジだろう。相模湾のアジは広範囲で狙えるが、とくに好調なのが相模湾東部・城ヶ島沖周辺だ。


高級絶品オニカサゴが良型主体に7匹!8匹!!【相模湾・小田原沖】

高級絶品オニカサゴが良型主体に7匹!8匹!!【相模湾・小田原沖】

冬深まり、鍋がますます美味しい今日この頃。プリッとした食感が魅力のオニカサゴは鍋ネタにも最高。魚屋さんではなかなか手に入らない食材だ。何としても釣り上げて、絶品オニカサゴ鍋を堪能しよう。


最高級のブランド魚! 激うま良型トロキンメ好調【南伊豆・須崎沖】

最高級のブランド魚! 激うま良型トロキンメ好調【南伊豆・須崎沖】

冬の南伊豆の釣りは、意外と知られていない。1月2月はシケの日が多いためだろう。釣り物は多く、近場ではイサキ、マダイ、ヒラメ、ハタ、カワハギ、中深場ではヤリイカ、オニカサゴ、イシナギ、メダイ、そして、深場はキンメダイやアコウが狙える。どれも、出船できれば大型が高確率で釣れるのが特徴だ。


納竿は大晦日の城ヶ島沖、凄技で美マダイを食わせた!【城ヶ島沖】

納竿は大晦日の城ヶ島沖、凄技で美マダイを食わせた!【城ヶ島沖】

昨年の12月から3〜4㎏クラスの良型まじりでコンスタントに型が見られているということで、納竿に永井名人が選んだのが城ヶ島沖のマダイだ。


絶品の久里浜マダイは小型ながら数釣り絶好調!【東京湾・久里浜沖】

絶品の久里浜マダイは小型ながら数釣り絶好調!【東京湾・久里浜沖】

久里浜沖のマダイが、サイズは1㎏前後の小型主体ながら年明けから好調に釣れている。トップ5~10枚という日が多く、なんとトップ17枚という驚異の釣果を記録した日もあったのだ。


釣ってユカイ、 食ってウマイ。 相模湾のホウボウゲーム【相模湾】

釣ってユカイ、 食ってウマイ。 相模湾のホウボウゲーム【相模湾】

例年であれば新しい年が明けてから開幕する相模湾のホウボウゲーム。だが今シーズンは、早くも11月の中旬から開幕した。


短時間で大満足! ナイトゲームで楽しむアジング【横浜根岸湾】

短時間で大満足! ナイトゲームで楽しむアジング【横浜根岸湾】

釣って楽しく、食べて美味しい! 本誌のモットーともいえる、釣りの醍醐味を堪能させてくれる代表選手が、アジ、そしてアジングだ。「うちではだいたい一年中出来ますよ。年が明けてもメバルが中心になる3月くらいまでは十分に楽しめます」とは福住武彦船長。


 片貝沖のハナダイ五目はゲストも多彩で楽しめるぞ!【片貝沖】

片貝沖のハナダイ五目はゲストも多彩で楽しめるぞ!【片貝沖】

新年初釣りはこれで決まり! 2018年のスタートにオススメなのが片貝沖のハナダイ五目だ。縁起のいい看板ハナダイやマダイは良型揃い。イシダイ、イシガキダイやハタ、青物など高級五目釣りが楽しめる。連日、クーラーボックスは色とりどりの魚種で大賑わいの欲ばりメニューだ!


鹿島沖のヒラメは、さらに身も厚くなって楽しみアップ!【鹿島沖】

鹿島沖のヒラメは、さらに身も厚くなって楽しみアップ!【鹿島沖】

茨城県のヒラメ釣りは12月に全面解禁を迎えたが、各地で好調な釣れっぷりを見せている。鹿島沖もまたアツい釣りが展開されている。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読