記事総数:1559  総PV数:2711495

公開済みの釣り記事


こだわり船長が穴場ポイントを案内するヒラメ釣りに行こう(龍神丸)

こだわり船長が穴場ポイントを案内するヒラメ釣りに行こう(龍神丸)

11月以降の関東東海エリアのヒラメ釣りのイメージは、どうしても本場の茨城や千葉の太平洋側に偏ってしまう。そんななか注目したいのが、なんと駿河湾の由比沖周辺。駿河湾全域の浅場には、ヒラメは多く生息するが、専門に狙う遊漁船は少ない。


釣る前に、食べる前に、メガネモチノウオという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、メガネモチノウオという魚を知ろう!

メガネモチノウオは、スズキ目・ベラ科に分類される魚の一種で、ベラ科の魚ではもっとも大きくなる。インド太平洋の熱帯海域に広く分布する大型の海水魚である。ナポレオンフィッシュという別名でも知られる。


メインベイトはトビウオ! キハダのルアーキャスティング(邦丸)

メインベイトはトビウオ! キハダのルアーキャスティング(邦丸)

相模湾のキハダゲームがついに開幕! この瞬間を首を長〜くして待っていたアングラーも多いことだろう。ただ、である。はっきりと言ってしまえば、今年は例年とは異なりやや厳しい状況となっている。


夏休みに超オススメ! 誰にも気軽に楽しめるLTルアー(島きち丸)

夏休みに超オススメ! 誰にも気軽に楽しめるLTルアー(島きち丸)

相模湾の人気看板のひとつ、LTルアー。片瀬「島きち丸」では、6時と11時の二便体制で出船中だ。気軽に夏休みの釣りを楽しみたい! というファミリーやカップルはもちろん、この釣りに魅了されて通っているという常連さんなど、多彩な釣り人たちを惹きつけている。


魚影抜群のポイントを攻める!浜名湖沖アカムツ(ボートクラブカナル)

魚影抜群のポイントを攻める!浜名湖沖アカムツ(ボートクラブカナル)

洒落たクラブハウス横のポンツーンに係留されたカロライナスキッフ。かつて訪れた海外のマリーナを彷彿させるロケーションは「漁港の釣り船」を見慣れた我々の目にはとても斬新に映る。


島に行かなくても釣れる⁉︎ 大原沖で高級魚シマアジを釣る(春栄丸)

島に行かなくても釣れる⁉︎ 大原沖で高級魚シマアジを釣る(春栄丸)

大原沖ではイサキにまじって超高級魚が釣れている。それはシマアジだ。大原港「春栄丸」では、シマアジとイサキの両狙いで出船中。竿とリールはイサキと兼用で、タナも10m前後と浅い。近場で手軽に高級魚狙いができる絶好のチャンスが訪れている。


真夏の最高シーズンがやってきた! 銚子沖のヒラメ(孝進丸)

真夏の最高シーズンがやってきた! 銚子沖のヒラメ(孝進丸)

ヒラメというと冬のイメージがある魚だが、ここ銚子・外川沖では夏ビラメも人気が高い。海が穏やかで水温も高く高活性、イワシを丸呑みすることも多く、数、型ともに期待大なのだ。


真夏も元気なショウサイフグ! 大型主体で引き味抜群(野毛屋)

真夏も元気なショウサイフグ! 大型主体で引き味抜群(野毛屋)

ほぼ周年楽しめる東京湾のショウサイフグ釣り、いわゆる「湾フグ」だが、とくに人気が高いのは初夏と秋のシーズン。初夏には産卵で浅場に集まる良型、秋には当歳魚などの中、小型主体に群れが固まり数釣りができる季節だ。


近場の浅場で数釣りも! 東京湾LTアジの仕掛け&タナ取り(忠彦丸)

近場の浅場で数釣りも! 東京湾LTアジの仕掛け&タナ取り(忠彦丸)

今回の取材では金沢漁港「忠彦丸」の半日LTアジに乗船。取材当日は横須賀寄りの水深20m前後と野島沖の水深20m前後を狙った。この日は野島沖で好調にアタって、トップは33匹。35㎝を超える大アジや小型ながらマダイもまじった。


ゲーム感覚で楽しむ! 東京湾タチウオ釣りの仕掛け&釣り方(義和丸)

ゲーム感覚で楽しむ! 東京湾タチウオ釣りの仕掛け&釣り方(義和丸)

東京湾の夏タチウオが好調さをキープして、ファンを大いに楽しませてくれている。「今年も安定していますね。多少の上下はありますが、全体的に反応も多くて釣りやすいですよ」とは、横須賀・新安浦港「義和丸」の村上義人船長。


カカリ釣りで楽しめる! ビシアジ釣りの仕掛け&応用編(広川丸)

カカリ釣りで楽しめる! ビシアジ釣りの仕掛け&応用編(広川丸)

東京湾のビシアジは、かれこれ盛んになって40年以上を経過している。イワシのミンチを使用するこの釣りは、コマセ釣りの原点であり、いまもなお盛んに行われている。タックルの進化でつり丸が推奨してきたLTアジ(ライトタックル)もすっかり定着し、こちらも大人気。


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


早めのアワセでゲット! 大原沖ヒラメの仕掛け&釣り方(力漁丸)

早めのアワセでゲット! 大原沖ヒラメの仕掛け&釣り方(力漁丸)

外房・大原沖のヒラメは10月に解禁する。「今年は浅場のポイントが全然ダメだったね。潮が流れなかったのもあるけど、エサも小さいイワシしかなくて調子悪かったね。10月後半になって深場で数が出だしたね。どうなるかと思ったけど、やっと本番という感じです」とは、大原港「力漁丸」の中井聡船長。


依然好釣継続中! 誘いがカギのタチウオ釣り(鴨下丸)

依然好釣継続中! 誘いがカギのタチウオ釣り(鴨下丸)

東京湾・観音崎沖から走水沖のタチウオがロングランで釣れている。初夏に大貫沖〜金谷沖で開幕したタチウオ釣りだが、8月には第二海堡〜観音崎沖の水深60〜80mにタチウオの群れが移動。現在もほぼ同じポイントで釣れ続いている。下浦沖でも釣れ始めた。


35cmオーバーの大型連発! 潮の速い走水沖で釣るアジ(吉明丸)

35cmオーバーの大型連発! 潮の速い走水沖で釣るアジ(吉明丸)

「吉明丸」の船上では、35㎝越えの大アジが次々と抜き上げられていた。普段は大事にタモ取りをする型だが、活発な食いでがっちりと上アゴにハリが刺さっている。大アジがこんなに気前よく抜き上げられるシーンは珍しい。


6.9kgも上がった⁉︎ 浅場で大ダイのチャンス!(一之瀬丸)

6.9kgも上がった⁉︎ 浅場で大ダイのチャンス!(一之瀬丸)

昨年晩秋11月に突然フィーバーした八景沖のマダイ。4~5㎏級の大ダイが水深20mタナ10m前後の超浅場で、それこそバホバホと食ったのには驚いた。


江戸前の趣深き釣りの世界へ…木更津沖のハゼ釣り(冨士見)

江戸前の趣深き釣りの世界へ…木更津沖のハゼ釣り(冨士見)

ハゼ釣りといえば、初心者も楽しめる手軽な釣り、ファミリー向けの釣り、というイメージを持つ人も多いのではないだろうか。だが、ハゼを侮ることなかれ。そこそこに釣るのなら誰でも楽しめるが、そこから上を目指すとなれば、超ウルトラディープな世界が待っている。


日立沖のルアーゲーム! 今後はジギングがおもしろい!(日立丸)

日立沖のルアーゲーム! 今後はジギングがおもしろい!(日立丸)

2014年8月、108㎏というクロマグロがキャッチされ、一躍注目を集めた茨城・日立港の「日立丸」。その後も50㎏のキハダや170㎏のカジキなど、超大物が次々と釣り上げられた。だが「日立丸」では、実はそんな超大物に遭遇することは珍しいことではない。毎年のことなのだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読