記事総数:608

公開済みの釣り記事


そろそろ本格開幕だ! 日立沖の大判ビラメが釣りたいっ【日立沖】

そろそろ本格開幕だ! 日立沖の大判ビラメが釣りたいっ【日立沖】

今回もしっかりと着込む準備をして向かったのは茨城の日立港。ただでさえ寒いのに、より寒そうな茨城北部エリアへ何故行くの? と聞かれれば、行く価値大有りだからである。市場でも常磐物と呼ばれワンランク上の扱い、大ビラメの確率が高く10㎏オーバーも夢ではない、味良し型良しなのが日立沖のヒラメだ。


水深浅く手軽に数釣り、沼津沖の夜タチウオ絶好調!【沼津沖】

水深浅く手軽に数釣り、沼津沖の夜タチウオ絶好調!【沼津沖】

沼津沖のタチウオが11月末ごろからコンスタントに数釣れている。なんといってもここの魅力は、タナが浅いこと。当たりダナは深くても40m。例年、年末頃から地元でジンドウイカといわれるケンサキイカの仔イカが表層付近を群れて泳ぐため、それを捕食するためにタチウオも浮く。水深10m以浅、もしくは水面直下でヒットすることもザラだ。


相模湾のアマダイ、今シーズンは良型が多いぞ!【相模湾】

相模湾のアマダイ、今シーズンは良型が多いぞ!【相模湾】

穂先を「ツツッ」と引き込まれアワセを入れると、これまでのゲストとは明らかに違う引き味。ドラグを締めすぎないよう注意しながら巻き上げると、澄んだ冬の海に泡を吹きながらピンク色の魚体が浮いてきた。


イワシの回遊が始まれば渡りの大判ビラメも期待大【鹿島沖〜神栖沖】

イワシの回遊が始まれば渡りの大判ビラメも期待大【鹿島沖〜神栖沖】

大型が期待できる鹿島沖のヒラメが全面解禁し、少しずつそのムードが高まってきている。


マダイや青物も! アジ五目は最高です【相模湾・鎌倉沖〜城ケ島沖】

マダイや青物も! アジ五目は最高です【相模湾・鎌倉沖〜城ケ島沖】

この時期、相模湾のビシアジはサイドメニューが豊富。小坪港「洋征丸」では「アジ&マダイ五目」で出船している。このメニューはイワシミンチコマセでアジ、マダイを狙うというもの。アジは一般的なビシアジだが、マダイは通常のビシアジ仕掛けを太くして、サバの切り身エサで狙う。アジのポイントで掛かるマダイはサイズがいいのが特徴だ。


初釣りは東京湾のビシアジでスタートだっ【東京湾・小柴沖〜猿島沖】

初釣りは東京湾のビシアジでスタートだっ【東京湾・小柴沖〜猿島沖】

東京湾のマアジは、ほぼ周年釣れ続く湾内不動の超人気ターゲット。とくに、観音崎から湾の奥部のアジは食べておいしいと評判だ。そのうまいアジを周年専門に釣らせてくれるのが、小柴港「小金丸」だ。


ターゲットは水深200〜300mのアカムツだぁ!【駿河湾・清水沖】

ターゲットは水深200〜300mのアカムツだぁ!【駿河湾・清水沖】

こんな陸近くでアカムツが釣れるの? 目の前の船は何? コマセマダイ船団かあ」、こんな会話が世界遺産になっている三保の松原をすぐ目前にする海上で交わされる。駿河湾は急深のところが多く、水深200mまで一気に掛け下がっているところも珍しくない。陸近くであっても、そこはアカムツのポイントとなるという。


脂ノリノリ美味マダイが条件次第で数釣りも!【東京湾・久里浜沖】

脂ノリノリ美味マダイが条件次第で数釣りも!【東京湾・久里浜沖】

新年のスタートにふさわしいのがマダイ釣り。東京湾口の久里浜沖では12月に入ると安定して好釣果が記録されるようになり、トップ10枚以上の日もあった。


近場の爆旨キンメ好調! 誰でも気軽に多点掛け【相模湾・沖ノ瀬】

近場の爆旨キンメ好調! 誰でも気軽に多点掛け【相模湾・沖ノ瀬】

キンメダイなど深場の魚というと、ビギナーにはなかなか敷居が高い釣りだと思うだろう。ところが、ここ小坪港「太郎丸」のキンメ五目船は、ビギナーにもやさしいと評判だ。


新春釣行はコレ! 高級赤魚キンメダイを狙え!!【伊豆諸島・新島沖】

新春釣行はコレ! 高級赤魚キンメダイを狙え!!【伊豆諸島・新島沖】

赤いボディーは見た目も派手でおめでたい! しかも食べておいしい高級魚! キンメダイは新春釣行にオススメのターゲット。さぁ、初釣りに行こう!


ロングランで絶好調! 誰でも良型数釣りならイシモチだ【東京湾】

ロングランで絶好調! 誰でも良型数釣りならイシモチだ【東京湾】

今回お世話になった金沢八景「新健丸」は、ほぼ一年中イシモチにターゲットを絞ったこだわり宿。前日、出船確認すると新明秀幸船長の声のトーンは高く、電話越しに絶好調ぶりが伝わってくる。「お土産は間違いないと思いますよー。昨日は子供さんにも2㎏オーバーのマダイが釣れたから写真見せますね」と期待十分の情報に明日の釣行が楽しみだ。


狙って行きます特大アジ、価値ある1匹を狙え!!【東京湾・走水沖】

狙って行きます特大アジ、価値ある1匹を狙え!!【東京湾・走水沖】

沖釣りはアジに始まりアジに終わる、と思っている私が選んだ2012年の竿納めはやっぱりアジ。正月の祝い膳にも胸を張って供することが出来る東京湾走水沖の大アジを狙って、走水港「広川丸」から出船した。


今シーズンはチャンス、高級魚アマダイが絶好調【相模湾・江の島沖】

今シーズンはチャンス、高級魚アマダイが絶好調【相模湾・江の島沖】

今回の取材釣行は、湘南片瀬港「島きち丸」のアマダイだ。「今年の相模湾は異常だよね」という会話が、アマダイ釣りを好む釣り人たちの間では、もはや挨拶がわりとなっている。それほどまでに釣れている相模湾のアマダイ。取材日のような好ましくない潮流でさえも凌駕してしまうのだろうか?


南房のオニカサゴは寒い季節だからこそ釣れるのだ!【南房】

南房のオニカサゴは寒い季節だからこそ釣れるのだ!【南房】

冬将軍の到来とともに、寒さがこたえる時期になってきた。底冷えのする夜にはストーブの効いた部屋で鍋でもつつきながら暖まりたいところだが、その前に極上の鍋ネタを調達しなければいけない。鍋ネタにうってつけのターゲットと聞かれれば、私は迷い無くこの魚を挙げる。それがオニカサゴだ。南房で鍋ネタ魚が好調だ!


冨山湾で狙うはタチウオ&アマダイ・アカムツだ【富山湾・新湊沖】

冨山湾で狙うはタチウオ&アマダイ・アカムツだ【富山湾・新湊沖】

日本海は大荒れの季節だ。だが、富山湾内はちょっと様子が違う。季節風である西風を能登半島がさえぎり、なんと寒さはともかくとして、高出船率で冬絶品ターゲットが狙える。まさに、北陸の救世主的な釣り場なのだ。


極意は “通う”ことなり…外房のヒラマサ、大型ヒット中!【外房】

極意は “通う”ことなり…外房のヒラマサ、大型ヒット中!【外房】

オフショアルアーアングラーなら、おそらく誰もがその魚体を我が手に抱くことを憧れる魚が「外房のヒラマサ」だろう。その理由は単純明快。「難しい」からだ。


元旦出船の御前崎沖 、先よく4㎏クラスの大ダイゲット【御前崎沖】

元旦出船の御前崎沖 、先よく4㎏クラスの大ダイゲット【御前崎沖】

以前から永井裕策名人は、初釣りはマダイ釣りに決めている。そんな永井名人が、初釣りの舞台として選んだのが元旦の御前崎沖。船宿は御前崎「茂吉丸」だ。


南房総のヤリイカはこれから春先まで熱い【南房総・布良沖〜白浜沖】

南房総のヤリイカはこれから春先まで熱い【南房総・布良沖〜白浜沖】

シーズンの南房総のヤリイカは、例年になく早い時期からスタートした。昨年の11月ぐらいからポツポツと顔をだしはじめ、12月に入ると本格化。トップ20杯台から30杯台をコンスタントに記録しはじめた。


相模湾東部でヤリイカ開幕&ポイントも拡大中【相模湾・長井沖】

相模湾東部でヤリイカ開幕&ポイントも拡大中【相模湾・長井沖】

相模湾東部のヤリイカ釣りは、一昔前なら初秋頃から釣れ出していたが、現在は水温がなかなか下がらないからか、年末年始頃に本格化するのだ。


相模湾から東京湾口エリアのヤリイカ、本格開幕!【城ヶ島〜洲崎沖】

相模湾から東京湾口エリアのヤリイカ、本格開幕!【城ヶ島〜洲崎沖】

相模湾から東京湾口エリアのヤリイカが本格的な開幕を迎えるのは、暮れから年明けにかけて、というのがここ数年のパターンになっている。狙う海域の洲崎沖、城ヶ島沖、沖ノ瀬は、いずれも黒潮の影響を受けやすく、厳冬期でも高水温をキープしていることが、ヤリイカシーズンが遅れる理由とも言われている。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読