記事総数:1557  総PV数:2696915

公開済みの釣り記事


食べごろイサキが入れ食いだぁ!【南伊豆・神子元島周り】

食べごろイサキが入れ食いだぁ!【南伊豆・神子元島周り】

南伊豆沖は、イサキのポイントが多い。そのほとんどが起伏のある根周りだ。黒潮の恩恵も色濃く出て、周年狙えるイサキパラダイスである。今期のイサキの状況はというと、まさに「絶好調」のひとことに尽きる。


多点掛け連発の洲崎沖のイサキ、釣れすぎだって!【南房・洲崎沖】

多点掛け連発の洲崎沖のイサキ、釣れすぎだって!【南房・洲崎沖】

南房、洲崎沖でイサキが数釣れている。今シーズンは魚影が濃いうえ、食いも安定しているようで釣果のムラも少なく好釣続きだ。洲崎港「佐衛美丸」では、連日トップ50匹を超え。日によっては70匹、80匹、さらには束釣りに迫る日もある。


相模湾のシロギス、好シーズン突入!【相模湾・腰越沖〜鎌倉沖】

相模湾のシロギス、好シーズン突入!【相模湾・腰越沖〜鎌倉沖】

相模湾のシロギスは1月から開幕しているが、本格シーズンは気温も水温も上昇するこれからだ。これからの時期、水温が上昇するにつれて、シロギスたちは水深の浅い場所に集まり出す。水深10m台、またはそれよりも浅い場所で数釣れるようになるのだ。


〝数釣り〟といえばシロギス、誘って食わせてブルブルルン【東京湾】

〝数釣り〟といえばシロギス、誘って食わせてブルブルルン【東京湾】

シロギスは、ビギナーや子供など、だれでも手軽に数釣れる魚の代表といえるだろう。極端な話、エサさえ付いていれば、仕掛けを船下に下ろしておくだけで、そこそこ釣れちゃう魚だ。しかし、真剣に数を伸ばそうと思えば、それなりの工夫やテクニックが必要な、奥の深い釣りでもある。


初島周りのマダイ乗っ込み本格スタート!!【初島周り】

初島周りのマダイ乗っ込み本格スタート!!【初島周り】

マダイ狙いで初島周りに出船した宇佐美港「富八丸」。この日は「エイテック」若手社員のみなさんの沖釣り研修会で、仕立での出船。講師役として、「ディープマスター・テル岡本」こと、エイテック・テスター岡本光央さんも乗船し乗っ込みマダイを狙った。


 平潟沖のメヌケは良型数釣りの期待充分!【平潟沖】

 平潟沖のメヌケは良型数釣りの期待充分!【平潟沖】

2~5㎏級のメヌケの好ポイントが広く点在する、北茨城平潟沖。水深400~500m前後のポイントには正真正銘の「バラメヌケ」 と「アコウダイ」が混棲し、さらに十数キロ以上に成長する最大種、「ヒレグロメヌケ」の存在も確認済だ。これらメヌケの仲間が多彩に釣れるのが、平潟沖の特徴だ。


手軽で美味! 金沢八景沖のLTアジ【東京湾・金沢八景沖】

手軽で美味! 金沢八景沖のLTアジ【東京湾・金沢八景沖】

すっかり定着したLT(ライトタックル)の釣り。オモリが軽く、魚釣りにおいて一番の醍醐味である魚本来の引きを楽しめる。なかでも代表的なLTの釣り物と言えるのがアジ。そのアジを狙って、金沢八景「黒川丸」に釣行してきた。


目指せ2束、3束! 戸田沖の夜ムギイカ好調!!【戸田沖】

目指せ2束、3束! 戸田沖の夜ムギイカ好調!!【戸田沖】

小麦の花穂が見られるようになるとムギイカが釣れ始まる。一年を通じて様々なイカが我々を楽しませてくれるが、その年度初めを感じさせるのがムギイカだと私は思う。3月末日、西伊豆は戸田港「福将丸」でイカ釣り師待望の夜ムギイカが始まり、4月に入るといきなり三束もの釣果を叩き出した。


LTで楽しさ倍増! 館山沖のイワシ泳がせ五目【館山沖】

LTで楽しさ倍増! 館山沖のイワシ泳がせ五目【館山沖】

館山の「鯨丸」を訪れたのは久しぶりだった。前回は2011年3月12日に釣行予定だったが、その前日はあの大地震、とても釣りどころではなく中止となった。あれから2年が経った4月13日、港に着くと唐沢進船長は相変わらず飄々とした様子で出船準備を進めていた。


東京湾の根魚はいま! カサゴ・メバルの最盛期が来た!!【東京湾】

東京湾の根魚はいま! カサゴ・メバルの最盛期が来た!!【東京湾】

水温の上昇とともに活発化する浅場の根魚。元来泳ぎが得意でない(というよりも泳ぎ回ることが少ない)カサゴやメバルといった魚も、根や障害物の中から出て積極的にエサを追うようになるのだ。「いい感じで食ってますよ」と聞き及び、いざ釣行。


絶好調そのものだ! 片貝沖のハナダイ五目がすごくイイ!!【片貝沖】

絶好調そのものだ! 片貝沖のハナダイ五目がすごくイイ!!【片貝沖】

気温が上がり、水温も上昇していよいよ沖釣りの本格シーズンに突入した。好調な釣り物は数あれど、「絶好調」なものは意外に少ない? そんな中、絶好調の釣り物がありました。それが、片貝沖のハナダイ五目だ。そんな情報を得て、4月17日に「直栄丸」に急行した。


ライト&スロースタイルで満喫するヒラマサ&ワラサ【外房・御宿沖】

ライト&スロースタイルで満喫するヒラマサ&ワラサ【外房・御宿沖】

「どうぞ。水深は56mかな? だんだん浅くなって行きますよ。根のトップではヒラマサ、落ちたところではワラサって感じです」と船長がアナウンス。この船はライト&スローなスタイルにこだわって出船、人気を集めている船だ。


ヒラマサ&ブリ、カンパチブレイク中!!【南伊豆・神子元島周り】

ヒラマサ&ブリ、カンパチブレイク中!!【南伊豆・神子元島周り】

南伊豆下田沖に鎮座する神子元島。磯釣りでは超一級のポイントが多いことで有名だが、黒潮の影響が濃く出るこの島の周りには、大型青物たちが回遊することでも知られる。その様子は、ダイバーたちによって連日インターネット上に詳細に紹介されている。


トップ80本超えも! 日中タチウオ開幕!【駿河湾・富士川沖】

トップ80本超えも! 日中タチウオ開幕!【駿河湾・富士川沖】

駿河湾の大人気ターゲット・タチウオが、いきなりなんとトップ60~80本以上という驚くべき釣果で開幕した。まさに大爆釣だ。


視界良好! 数釣りの期待大! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ【飯岡沖】

視界良好! 数釣りの期待大! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ【飯岡沖】

アタリが多く、ベテランからエントリークラスまでが楽しめる外房・飯岡沖のひとつテンヤ。そのアツい時期がついにやって来た! 本命のマダイが乗っ込みの気配を見せ始め、徐々に数が揚がっているのだ。


パラソル級主体のヤリイカ、爆乗りシーズン大詰め!【外房・川津沖】

パラソル級主体のヤリイカ、爆乗りシーズン大詰め!【外房・川津沖】

早春の時期から開幕している外房のヤリイカ。4月に入ると絶好調。パラソル級の大型主体に数釣れている。


剣崎沖は乗っ込みマダイがベストシーズン、数、型ともに◎【剣崎沖】

剣崎沖は乗っ込みマダイがベストシーズン、数、型ともに◎【剣崎沖】

「剣崎沖の乗っ込みは、例年だと5月に入ってから本格的になってくるんですが、今年は4月から乗っ込みに入ってます。5月は、さらによくなるかもしれませんね」。こう話すのは、剣崎間口港「喜平冶丸」の鈴木麻毅生船長。


マダイ乗っ込み盛期突入! イサキもデカイぞ!【南房・千田沖】

マダイ乗っ込み盛期突入! イサキもデカイぞ!【南房・千田沖】

南房・千田沖でマダイの乗っ込みがスタートし、良型~大型マダイが連日のように釣れていたのだ。4月中旬。ところが、春は天候も海況も安定しにくいとはいえ、まさかの取材日直前水温低下…。しかし、取材後は再びマダイの釣果が上向き、トップ7枚という釣果も出ている。


乗っ込み本番開始! 大ダイに加え、ゲストが超豪華【外房・大原沖】

乗っ込み本番開始! 大ダイに加え、ゲストが超豪華【外房・大原沖】

大原沖のマダイは4月後半になってようやく乗っ込みの気配が出てきた。数は多くないものの、4㎏、5㎏といった大ダイが顔を出し始めている。


乗っ込みマダイのピークは、 いまだっ!!【駿河湾・御前崎沖】

乗っ込みマダイのピークは、 いまだっ!!【駿河湾・御前崎沖】

乗っ込みマダイの聖地、御前崎沖のオモリ&カド根がハイシーズンに突入! ってことで、4月の中旬、今期の様子を伺うべく「増福丸」へ向かった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読