記事総数:1262

公開済みの釣り記事


マルイカは水温下がれば一気に来る【相模湾・亀城根周辺~城ヶ島沖】

マルイカは水温下がれば一気に来る【相模湾・亀城根周辺~城ヶ島沖】

3月上旬に入り、ついに南房や内房、そして東京湾西側でもマルイカが姿を現した! 待望の本格マルイカシーズンが始まったのだ。


南房は浅場でヒラメ、深場はヤリイカがおもしろい!【南房・布良沖】

南房は浅場でヒラメ、深場はヤリイカがおもしろい!【南房・布良沖】

春間近の南房。港近くでは名物の花があちこちで咲き、温暖な環境を楽しむことができる。季節の変わり目となる3月は、釣り物が少なく行き先に悩むことが多いが、南房に来れば大丈夫。ターゲットは多彩だ。


相模湾・瀬ノ海のアジは沖釣り界の優等生!【瀬ノ海】

相模湾・瀬ノ海のアジは沖釣り界の優等生!【瀬ノ海】

水温が低下し釣り物が少なくなるこの時期、貴重な存在なのがアジ。なかでも相模湾瀬ノ海は釣り場が深いせいか、水温等にあまり左右されず一年を通して安定した食いっぷりを見せる一級ポイントだ。


釣り味、食味共に春仕様へと様変わりする走水沖のビシアジ【走水沖】

釣り味、食味共に春仕様へと様変わりする走水沖のビシアジ【走水沖】

春風を感じるようになると、マアジも寒アジから春アジに変わっていく。


春の〝新〟風物詩、飯岡沖のホウボウはいかが?【飯岡沖】

春の〝新〟風物詩、飯岡沖のホウボウはいかが?【飯岡沖】

数年ほど前から、ハナダイ、ヒラメなどと並び、飯岡の看板釣りものとなっているホウボウ。例年では節分の頃になると乗っ込みが始まる飯岡のホウボウは、数型そして食味も折り紙つきの釣りものだ。2月12日、飯岡港「龍鳳丸」を取材した。


ジギング&キャスティングで攻略、東京湾のシーバスゲーム【東京湾】

ジギング&キャスティングで攻略、東京湾のシーバスゲーム【東京湾】

東京湾のシーバスが活況だ。「8割方は産卵を終えたんじゃないかな? 昨日はサワラの帰りにちょっとやって60㎝オーバーばかりが入れ食い。トリヤマがすごくて、ずっとトップで遊んでいましたよ」声の主は東京湾のルアーゲーム全般を得意とする「フレンドシップ」、田岡要司船長。景気のよい話に誘われて同船取材に出掛けてみた。


良型根魚連発! 引き味抜群! 平潟沖のマゾイ五目【北茨城・平潟沖】

良型根魚連発! 引き味抜群! 平潟沖のマゾイ五目【北茨城・平潟沖】

平潟沖では、マゾイ、メバル、アイナメなどをメインに狙う「マゾイ五目」で年明けから本格的に出船している。


春満開間近! 宮城・仙台湾のメバル&アイナメ乱舞【宮城・亘理沖】

春満開間近! 宮城・仙台湾のメバル&アイナメ乱舞【宮城・亘理沖】

宮城県仙台湾内は、春間近だ。産卵を終えたメバルたちの荒食いが始まっている。


「シロサバフグ」の寿司…締まった身が甘い。すし飯との馴染みも良し

「シロサバフグ」の寿司…締まった身が甘い。すし飯との馴染みも良し

「もう三月なんだ」とたかさんに話しかけると、「来月は入学式だよ」とジイサンの顔で笑う。いやだねー人間は、こうやって急速に年を取るんだろうな。ふと市場の隣の公園を見ると梅のような、桜のような、桃のような花が咲いている。こんなめくるめく花の季節にひとりオヤジは深夜酒をやる。肴はシロサバフグの一夜干し。


「ウマヅラアジ」の寿司…銀皮が美しく、豊かなうま味が口中を満たす

「ウマヅラアジ」の寿司…銀皮が美しく、豊かなうま味が口中を満たす

三寒四温と言うが、温かい日は四月、五月を思わせる。渓流釣り師が郡上八幡に行くのだと市場寿司で盛り上がる。サンゴ礁で遊んだボクの影響か市場の釣り師も「沖縄で大物を狙おう」なんて計画中である。たかさんは「せめて三十センチ以上の魚を持って来いよ」だって。そのサンゴ礁のウマヅラアジの煮つけで泡盛をいっぱい。


「ユメカサゴ」の寿司…あんなに小さいのに脂がのっていて甘味がある

「ユメカサゴ」の寿司…あんなに小さいのに脂がのっていて甘味がある

桜のつぼみがふくらんだ。釣り物も、深場から浅場へと変化していくのだろう。ということで、今回の主役、ユメカサゴは今季最後の深場ものとなりそうだ。これを水洗いして、昆布のだしで一尾丸ごとゆでる。ゆであがったら皿に取りポン酢でいただく。北海道や日本海側で作られている「湯上げ」だ。これが冷や酒に実に合う。


「カナド」の寿司…その魅力は、身の甘さとうま味

「カナド」の寿司…その魅力は、身の甘さとうま味

書棚整理のアルバイトでやとった親類の女子大生が、今季初ミニです、と細くて長いおみ足を披露してくれた。こんなところにも春が来たんだなー、とオジサンだって楽しい気分になる。ただ、まだまだ多摩丘陵は寒い。霜柱が長く伸びて、朝晩は極寒なのだ。深夜酒のアテはカナドのあら汁にする。汁もうまいが肝が絶品である。


「ベニアコウ」の寿司…実に甘い。さわやかな後を引かない甘さだ

「ベニアコウ」の寿司…実に甘い。さわやかな後を引かない甘さだ

梅が満開だ。たかさんが珍しく「オレは桜よりもひそやかに咲く梅が好き」なんてしゃれたことを言う。「梅の次はチューリップかな」なんて小学生のようなことも。「春は深場釣りの季節なんだよ」と電動リールの手入れをするご近所の釣り師もいる。その深場釣りのターゲット、オオサガ(ベニアコウ)の鍋をつつき、酒は埼玉の花陽浴の冷や。


「ホシササノハベラ」の寿司…皮と皮下に十二分にうま味がある

「ホシササノハベラ」の寿司…皮と皮下に十二分にうま味がある

バレンタインデーは両手に余るチョコレートをもらった。ホワイトデーには豪華絢爛なホテルを予約して、さてどの娘を誘おうかな、なんて夢を見た。正夢にならないか、と思ったら、ただの夢だった。虚しい。「わっぺん」と呼ばれる小振りのカワハギの一夜干しをあぶり、茨城県水戸市の銘酒「一品」の熱燗をやる。今回はそのカワハギの外道のお話。


「ホウセキハタモドキ」の寿司…うまさに余韻がある。大人の味だ

「ホウセキハタモドキ」の寿司…うまさに余韻がある。大人の味だ

外出しないで一日中パソコンに向かっている。これこそが健康的には最悪だろう。外歩きが楽しい季節になろうというのに、まことに陰々滅々。いやだねーと思うと、ついつい酒に手が伸びてしまう。せめてうまい酒、うまい肴でも食べようではないか。ということで本日はホウセキハタモドキのちり鍋。


「タマガンゾウビラメ」の寿司…白身なのに濃厚なうま味がある

「タマガンゾウビラメ」の寿司…白身なのに濃厚なうま味がある

春は震災復興の一助に福島に通うことになりそうで、やたらに慌ただしい。これじゃますます相模湾で竿を出すのが遠のく。その相模湾で終盤を迎えたアマダイ釣りの、外道ばかりをカリッと揚げる。酒は映画『釣りバカ日誌』で有名になったいわき市の酒、「又兵衛 純米酒」。タマガンゾウビラメの唐揚げがうまい。


「オオスジハタ」の寿司…翌日、翌々日と味がのり三日目が一番うまい

「オオスジハタ」の寿司…翌日、翌々日と味がのり三日目が一番うまい

梅は咲いたか、なんて思っていたら、すっかり春なのである。紅梅、白梅が満開になり、いろんな木の花、草の花が咲き出した。当然、オヤジだってうきうきする。今でも妻に岡惚れなんて御仁もいるが、オヤジだって恋の花を咲かせたいねー。まあ絶対ありえないことだけど。しかたなく、古い友人と今季最後のオオスジハタのちり鍋。


「ショウサイフグ」の寿司…小才フグじゃない。大才フグだ!

「ショウサイフグ」の寿司…小才フグじゃない。大才フグだ!

都心のお庭が立派なホテルに数日泊まった。サザンカがキレイだった。優雅だなと思われそうだが、仕事がらみで楽しくもなんともない。ボクにはなかなか春はやって来ない。こんな寒々しい時はなんといってもフグを食べるに限る。特に、安くておいしいショウサイフグがいい。いただきものの超新鮮なものならもっといい。


「ホッケ」の寿司…時にはとろけるうまさ、時には白身本来のうまさ

「ホッケ」の寿司…時にはとろけるうまさ、時には白身本来のうまさ

すし職人のたかさんに「今回の主役はホッケだよ」、と言ったら。「見た目、冬に後戻りしたようだね」、と返された。「このところいちばん食べてる魚なんだからリアルでしょ。それに魚へんに花だしね」。「ホッケのどこに花があるの?」。「秘すれば花なんです」。


トップ 100本以上も! 絶好調! 東京湾のシーバスジギング【東京湾】

トップ 100本以上も! 絶好調! 東京湾のシーバスジギング【東京湾】

「今の時期はフッコサイズが数多く釣れていますので、初心者や女性、そして子供さんも釣りやすい状況です。このサイズでしたら抜き上げも行いやすいので、ぜひチャレンジしていただきたいと思います!」とは、「長崎屋」ルアー船担当の長崎功船長。


ランキング


>>総合人気ランキング