記事総数:1777  総PV数:3746374

公開済みの釣り情報


小っちゃいからこそ美味い! 小田原沖LTムギイカ&マルイカ(坂口丸)

小っちゃいからこそ美味い! 小田原沖LTムギイカ&マルイカ(坂口丸)

麦の穂がたわわに実る頃に釣れだすことからムギイカ、と呼ばれるスルメイカの若イカは、胴長10~15㎝ほどの小型のイカだが、これが食べると身が柔らかく抜群に旨い。


いよいよスタート! ムロアジ泳がせ釣りカンパチを狙う(とび島丸)

いよいよスタート! ムロアジ泳がせ釣りカンパチを狙う(とび島丸)

4月に解禁した銭洲だが、今年は黒潮が流入しているため、冷水渦の影響はなく、「大物釣り場の聖地」面目躍如の釣れっぷりを見せている。4月から6月はアカイカが産卵のために銭洲周辺に集結。そのイカを捕食しに回遊するカンパチが釣り人たちのターゲット。


中深海を「スキッディング」ゲームで攻める!(アシストクラブ金進丸)

中深海を「スキッディング」ゲームで攻める!(アシストクラブ金進丸)

これまでのジギングとは異なる発想のスタイルとして、全国規模で拡がり始めている。その提唱者が新潟県柏崎港「アシストクラブ金進丸」の秋山進一船長だ。


片貝沖のハナダイ&イサキでクーラーボックスいっぱいだ(勇幸丸)

片貝沖のハナダイ&イサキでクーラーボックスいっぱいだ(勇幸丸)

片貝港「勇幸丸」で出船しているイサキ、ハナダイのリレー船が好期に入った。特にイサキは抱卵時期で、白子、真子を持った良型イサキが釣れ盛っている。


夏休みにファミリーで楽しめる八景沖の激ウマLTアジ(黒川丸)

夏休みにファミリーで楽しめる八景沖の激ウマLTアジ(黒川丸)

ファミリーやグループ釣行にオススメのLTアジが、東京湾で連日好調だ。八景沖のLTアジは一年中楽しめて、気になる釣果も心配御無用。半日でトップ50匹を超える釣果も珍しくない。


初夏の相模湾東部ムギイカ好調! マルイカもまじる(春盛丸)

初夏の相模湾東部ムギイカ好調! マルイカもまじる(春盛丸)

相模湾東部では5月に入るとムギイカが好調に数釣れ出した。いい日にはトップ60杯を超えることも! そして日が経つにつれてスルメサイズもまじるようになってきた。


オニカサゴ! アカムツ! アラ! 勝浦のディープゾーン潜入(初栄丸)

オニカサゴ! アカムツ! アラ! 勝浦のディープゾーン潜入(初栄丸)

TEAM OKAMOTOの梅雨時恒例行事のひとつが勝浦港「初栄丸」を仕立て、午前・午後ブッ通しで勝浦沖「ディープゾーン」に挑む「12時間耐久フィッシング」。


リミット50匹キャッチもザラ! 乗っ込みのイサキを楽しもう(春栄丸)

リミット50匹キャッチもザラ! 乗っ込みのイサキを楽しもう(春栄丸)

外房・大原沖のイサキが好調だ。規定の50匹リミットに達する釣り人たちが続出中で、白子や抱卵したおいしいイサキを数釣ることがカンタン。


スルメイカ多点掛けが醍醐味! 仕掛けから釣り方まで(春盛丸)

スルメイカ多点掛けが醍醐味! 仕掛けから釣り方まで(春盛丸)

夏を代表的するスルメイカ。相模湾では、これから本格シーズンに突入する。6月後半の時点では、相模湾東部では、長井沖がまずまずの好調ぶり。トップ40杯以上を記録する日も珍しくない。釣れているサイズはムギイカを1、2回り大きくしたニセイカサイズが主体となっている。


マダコシーズン開幕! 釣り方&アタリから取り込みまで(長崎屋)

マダコシーズン開幕! 釣り方&アタリから取り込みまで(長崎屋)

6月に入って東京湾のマダコ釣りが開幕している。今シーズンはまずまずの好調ぶりで、好釣果が目立っている。本牧港「長崎屋」では、6月10日からマダコ船をスタートさせている。開幕初日からトップ8杯とまずまずの好釣果を記録。


今期も期待! 基本を押さえてマルイカ釣りを楽しもう!(喜平治丸)

今期も期待! 基本を押さえてマルイカ釣りを楽しもう!(喜平治丸)

マルイカ釣りがブームになる10年以上前は、Tシャツ短パンで釣りができる5月ぐらいから夏までの釣りだった。水深も15〜40mぐらいを狙い、40mあると「深いなぁ〜」と思っていた。そんな釣りだったが、今主流の樹脂製のスッテの登場とともにマルイカブームとなり、そして年々シーズンが早まり、浅場、深場と区別されるようになった。


外房・飯岡沖ヒラメの仕掛け&釣り方(フィッシング倶楽部清勝丸)

外房・飯岡沖ヒラメの仕掛け&釣り方(フィッシング倶楽部清勝丸)

千葉、外房北部の飯岡から銚子外川にかけてのヒラメ釣りは6月に開幕し、翌3月までと釣りシーズンがほかのエリアに比べてひときわ長い。ヒラメ釣りというと、冬場の寒い時期に荒れた海で、というイメージがあるが、この時期のヒラメは「夏ビラメ」と呼ばれるほど、夏場もいいシーズンなのである。


胴付き仕掛けで簡単に楽しめる! 東京湾シロギスの釣り方(長崎屋)

胴付き仕掛けで簡単に楽しめる! 東京湾シロギスの釣り方(長崎屋)

東京湾のシロギスは、5月中旬の時点で中ノ瀬がまずまずの好調ぶりだ。ほぼ周年シロギスを狙っている本牧港「長崎屋」では、中ノ瀬を狙って5月21日には12~90匹、22日には23~82匹を記録。連日、トップは50匹を超える好釣果を記録している。釣れるサイズも20㎝を超えるものが多い。


八丈島の大型カンパチが初心者からベテランまで狙える!(アサギク)

八丈島の大型カンパチが初心者からベテランまで狙える!(アサギク)

今年も八丈島周りでアカイカが釣れ出した。泳がせ大物釣りフリークにとっては、このアカイカは、食もさることながらカンパチの生きエサのイメージが強いだろう。それもそのはず、10㎏を超えるカンパチがこのエサを使えば高確率で釣れるからだ。


浅場で横走りの引きをダイレクトに体感! 良型マダイ(第三いしなぎ)

浅場で横走りの引きをダイレクトに体感! 良型マダイ(第三いしなぎ)

日本海でも有数のマダイポイント、新潟県上越・直江津沖で今期もマダイの乗っ込みが始まっている。上越エリアには多くのマダイポイントがあるが、そのなかでも直江津沖周辺は、毎年多くのマダイたちが産卵行動のために回遊してくる。水深20〜30mの浅場に集結してくるのが特徴。


LTイワシ五目の仕掛け&泳がせ釣りの釣り方をご紹介します(鯨丸)

LTイワシ五目の仕掛け&泳がせ釣りの釣り方をご紹介します(鯨丸)

内房・館山湾のイワシの泳がせ五目が開幕した。生きたカタクチイワシを使用してヒラメ、マゴチほか各種根魚が手軽に釣れるとあって人気を集める釣りだ。「今年はイワシが獲れるのも遅くてようやく開幕しました。魚は入ってきているようで、これから最盛期になります」とは、館山港「鯨丸」の唐沢進船長だ。


BIGサイズ根魚続出! カサゴ・メバル五目の仕掛けと釣り方(初栄丸)

BIGサイズ根魚続出! カサゴ・メバル五目の仕掛けと釣り方(初栄丸)

勝浦港「初栄丸」で楽しめる勝浦沖の根魚釣りは、カサゴとメバルをメインに、アカハタやマハタといったハタ類がターゲット。カサゴやメバルを対象とした根魚釣りは東京湾や相模湾でも盛んに行われているが、ここ勝浦沖はサイズが違う。アベレージサイズがひと回りもふた回りもデカいのだ。


狙いはゴリゴリの根に潜む高級根魚! 仕掛け&釣り方(北山丸)

狙いはゴリゴリの根に潜む高級根魚! 仕掛け&釣り方(北山丸)

水温が上がるこれからの季節は、浅場の根魚がグーンと活発になってくる。根魚釣りのド定番カサゴはもちろん、ハタ類やメバルも高活性! さらにはヒラメ、マゴチなど高級魚まじりの根魚五目も楽しめる。房総半島は、そんな根魚たちの宝庫だ!


開幕から絶好調! LTで軽快にシャクって数釣りを狙え!(三喜丸)

開幕から絶好調! LTで軽快にシャクって数釣りを狙え!(三喜丸)

夏の東京湾の人気ターゲット、LTタチウオが好調なスタートを切っている。小柴港「三喜丸」では、6月1日からLTタチウオ乗合をスタート。観音崎沖、金谷沖、久里浜沖などで浅場の群れを探して出船している。


金州に大型ムロアジ大発生中! 良型カンパチの釣り方(博栄丸)

金州に大型ムロアジ大発生中! 良型カンパチの釣り方(博栄丸)

銭洲は「銭になる洲」、金洲は「金になる洲」という意味で名づけられたのは、あまりにも有名な話。まだ、レーダーも魚探もない時代、とてつもなく魚が獲れたのだろう。近年、金洲は銭洲に比べ、陸から近いこともあり、遠征大物釣り場というより、近場の高級魚釣り場という釣り場と認識されている。


ランキング


>>総合人気ランキング

つり丸定期購読