記事総数:418

公開済みの釣り記事


爆食いヒラメ、2ケタ釣果も夢じゃないぞ!!【駿河湾・由比〜三保沖】

爆食いヒラメ、2ケタ釣果も夢じゃないぞ!!【駿河湾・由比〜三保沖】

ヒラメ釣りというと、どうしても茨城、房総エリアに注目が集まる。ヒラメ狙いで出船する船数も多く、釣果の情報も数多く目にするので、それも当然だろう。しかしここ駿河湾にも、ひとしれずひっそりと? ヒラメが爆釣しているポイントがあったりするのだ!


大原沖のヒラメは今年も当たり! 初心者にお勧めだ【外房・大原沖】

大原沖のヒラメは今年も当たり! 初心者にお勧めだ【外房・大原沖】

ヒラメを釣りたいのなら、ぜひ大原沖をオススメしたい。なぜなら、ここ大原は初心者が釣りやすい環境が揃っている海域だからだ。


飯岡沖のヒラメ、良型多く、身も肉厚だ!!【外房・飯岡沖】

飯岡沖のヒラメ、良型多く、身も肉厚だ!!【外房・飯岡沖】

6月から開幕している飯岡沖のヒラメ。夏場からの好調が続いており、11月初旬の時点でも好釣果を記録する船が多い。夏場はキロ前後、またはキロ未満のサイズ主体だったが、ここにきて2〜3㎏の中型サイズがまじる割合が高くなってきた。


期待どおりのヒラメ解禁! 爆釣数釣りを体感せよ!【茨城・鹿島沖】

期待どおりのヒラメ解禁! 爆釣数釣りを体感せよ!【茨城・鹿島沖】

11月に鹿島沖が部分解禁し、昨年同様爆釣となってる茨城南部エリア。連日トップ10枚以上を記録し、20枚前後という日も珍しくない。いま最も熱いエリアだ。サイズは1㎏前後が中心だが、4~5㎏の大型もコンスタントに釣れている。12月に全面解禁となり、さらに盛り上がるのは必至!


ワラサとマダイがオモシロイ東伊豆!【伊豆半島・伊東沖】

ワラサとマダイがオモシロイ東伊豆!【伊豆半島・伊東沖】

8月頃からポツポツと釣果が出始めた初島周りのワラサ。9月下旬には一気に釣果が上向き爆釣モードへと突入。良い日にはトップ10本以上、午前9時にはクーラー満タンになって早揚がりした日もあった。また伊東沖はマダイの好ポイントでもあり、秋は数釣りが楽しめる。10月7日、伊東港「村正丸」のワラサ&マダイリレー乗合に乗船した。


ビシアジビッグチャンス! ハモノねらいでワラサ&ブリも【剣崎沖】

ビシアジビッグチャンス! ハモノねらいでワラサ&ブリも【剣崎沖】

剣先沖では、30〜40㎝の良型激旨アジの釣果がトップで60〜80匹と釣れている。さらに、この良型アジを泳がせてワラサを釣る。良型アジを食らうのだから、ワラサもまたデカイ。剣先沖のビジアジは二度美味しいのだ。


アオリ・スミ・モンゴウ、餌木イカ五目が好期だ【内房・上総湊沖]】

アオリ・スミ・モンゴウ、餌木イカ五目が好期だ【内房・上総湊沖]】

上総湊沖では秋から早春にかけて餌木を使ったイカ釣りのシーズンを迎える。対象となるイカはアオリイカ、スミイカ、モンゴウイカの3種。どれも美味しいイカで、魚屋では滅多に見られない。秋シーズンが始まったばかりの上総湊沖のイカを釣りに行ってきた。


ッ抜けも珍しくない! アカムツ大フィーバー!!【波崎沖カンネコ根】

ッ抜けも珍しくない! アカムツ大フィーバー!!【波崎沖カンネコ根】

食欲の秋。一般家庭の食卓での代表魚はサンマだろうが、ワタクシ個人的にはなんと言ってもアカムツ。アカムツを釣りたい! 食べたい! と思っていたところに、飛び込んできたのは波崎のアカムツの取材依頼。猫に鰹節、願ったり叶ったりで向かったのは、波崎港の「三栄丸」。


ジギング&エサ釣り、 “夜タチウオ”で熱くなる【駿河湾・沼津沖】

ジギング&エサ釣り、 “夜タチウオ”で熱くなる【駿河湾・沼津沖】

今年も沼津沖に熱い季節がやってきた。待望のタチウオシーズンが開幕したのだ。 10月下旬現在は、まだシーズン初期とあって釣果にムラがあったが、日を追うごとに状況はよくなっていて、指3~4本ほどの食べ頃&良型が15本前後釣れている。


秋のジギングは、五目で楽しむ青物ゲーム【常磐鹿島沖】

秋のジギングは、五目で楽しむ青物ゲーム【常磐鹿島沖】

「春からずっと調子が良かったんだけど、ここ2週間くらいいまひとつかな。悪いときを狙ってきたの?」冗談まじりに迎えてくれたのは鹿島港「第十八不動丸」でルアー船を担当する栗山尚久船長。実際、今年の春の鹿島沖は絶好調。とくにヒラマサ狙いのキャスティングゲームが盛り上がり、夏に入っても大型まじりで釣れ続いていた。


下浦沖のLTマダイ!  高級ゲスト交じりで絶好調!!【東京湾・下浦沖】

下浦沖のLTマダイ! 高級ゲスト交じりで絶好調!!【東京湾・下浦沖】

秋の訪れと共に釣果が上がり出すマダイ。東京湾も例外ではなく、早くも各地から好釣果の知らせが届いているが、そのなかでも注目したいのが湾口部の剣崎周辺だ。


エキサイティング! 秋ダイシーズン真っ盛り!!【南房西川名沖】

エキサイティング! 秋ダイシーズン真っ盛り!!【南房西川名沖】

7月からコマセマダイ釣りが解禁している南房・西川名沖。この釣りを得意とする西川名港「竜一丸」では、秋深まった10月半ば、小から大までマダイが好調に釣れている。


絶品シマアジ釣り、絶賛解禁中!!【伊豆諸島・神津島】

絶品シマアジ釣り、絶賛解禁中!!【伊豆諸島・神津島】

10月1日、伊豆七島神津島周りのシマアジ釣りが解禁した。とはいうものの、ご存じのとおり、毎週のように襲来する台風の影響で、10月中、出船できたのはほんの数日。その貴重な日に秋の味覚、シマアジを釣りに神津島「寿美礼丸」に乗船した。


秋のハナダイ、正真正銘 〝鯛〟の数釣り! 良型主体!!【銚子沖】

秋のハナダイ、正真正銘 〝鯛〟の数釣り! 良型主体!!【銚子沖】

数釣れる「鯛」といったら、なんといってもハナダイだろう。しかも生きエビエサのハナダイ釣りなら、100枚オーバーも珍しくない。


ひとつテンヤで食べごろマダイがひっきりなしの激釣【常磐会瀬沖】

ひとつテンヤで食べごろマダイがひっきりなしの激釣【常磐会瀬沖】

北茨城・会瀬沖のマダイも秋の爆釣シーズンまっただ中だ。数年前までは、この時期に大ダイが炸裂していたが、昨年あたりからは、誰もが気軽に楽しめる小から中サイズのマダイの数釣りが会瀬沖水深30m前後で主流になっている。


相模湾のアマダイ、今シーズンも好スタートだ【相模湾・江の島沖】

相模湾のアマダイ、今シーズンも好スタートだ【相模湾・江の島沖】

秋はいろいろな魚種が釣れ盛る時期。なかでも「タイ」と名の付く赤い魚、マダイ、アマダイ、ハナダイがおもしろい。いずれの魚種も数釣れているので、アタリが多く、ビギナーの人が挑戦するにはオススメだ。相模湾のアマダイも、もちろん釣れてます!


スミイカ釣法③ 餌木で釣る!【東京湾】

スミイカ釣法③ 餌木で釣る!【東京湾】

ここ数年、餌木を使ったスミイカ釣りで出船する船が増えている。その魅力は、アオリ釣りにも通じるゲーム性の高さ。空アワセではなく、アタリを取って掛けるのがおもしろい!!


スミイカ釣法② スッテで釣る!【東京湾】

スミイカ釣法② スッテで釣る!【東京湾】

かつては、テンヤ釣りの仕掛けの上に付けて、「保険」的な使われ方をしていたスッテだが、このスッテオンリーでスミイカを狙う船もある。ライトなタックルを使用し、釣り方も比較的簡単、ビギナーでも数釣りが楽しめるのが特徴だ。スミイカ入門にオススメ。


スミイカ釣法① テンヤで釣る!【東京湾】

スミイカ釣法① テンヤで釣る!【東京湾】

かつては、東京湾のスミイカ釣りと言えば、シャコエサとスミイカテンヤを使ったテンヤ釣りのことだった。専用のスミイカ竿でシャクり上げたときの「ズシ!!」は格別。この釣り方しかしないというファンも多く、奥が深く釣趣バツグンの釣法だ。


みんなでワイワイ、秋の青物ゲームを楽しもう!【外房・川津沖】

みんなでワイワイ、秋の青物ゲームを楽しもう!【外房・川津沖】

9月下旬の大雨の影響で、沿岸部には濁った潮が…。「前日よりもさらに濁って、しかも水温まで下がってしまいました…」とは「不動丸」吉清船長。取材日はジギングで攻略し、この潮の中でショゴ(カンパチの若魚)やイナダが連続ヒットしたぞ。


ランキング


>>総合人気ランキング