沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

最新の投稿


良型数釣り高確率! 南房のイサキ、本格シーズンへ【南房・洲崎沖】

良型数釣り高確率! 南房のイサキ、本格シーズンへ【南房・洲崎沖】

3月からスタートし、好調に釣れている南房のイサキ。春のシーズンはまだ水温が低めでシケ後など食い渋るような日も見られたが、水温が上がって安定してくる初夏からはイサキの活性がさらに高まり、安定釣果が望める時期だ。つまり、これからが本番というわけだ。


プラスαがウレシイ!! 相模湾のアジ&中深場五目【相模湾】

プラスαがウレシイ!! 相模湾のアジ&中深場五目【相模湾】

今回届いた取材ミッションは片瀬江ノ島港「島きち丸」のアジ&中深場五目。聞けばビシアジ道具のままで深場も狙う釣りだとか。これなら船長に呆れられたり笑われたりしないわけで、懐かしさも手伝いいつも以上に期待に胸躍らせての釣行となった。


入れ食いの期待大! 活発そのもの!! 南房のイサキ【南房】

入れ食いの期待大! 活発そのもの!! 南房のイサキ【南房】

4月に入り水温の上昇と共に南房のイサキが食いだした。毎年同エリアではクーラー満タンの良い釣りをさせてもらっている。乱獲は慎みたいものだが、たまにはバリバリ釣りまくってストレス解消も良いものだ。


子供連れで楽しむならコレ!  東京湾のLTアジ【東京湾】

子供連れで楽しむならコレ! 東京湾のLTアジ【東京湾】

満開の桜の花も散り始め、4月5日は子どもたちにとって最後の週末だった。金沢八景の「野毛屋」にも、お父さんに連れられて船に乗る子どもの姿が目立つ。狙いは半日釣りのアジ、港をでてすぐのポイントで、40号オモリ、水深25mで狙うLTアジは、ファミリーフィッシングにうってつけの釣り物だ。


好調が続く東京湾のシロギス! ファミリーFにも最適です【東京湾】

好調が続く東京湾のシロギス! ファミリーFにも最適です【東京湾】

GWにおすすめの人気ターゲットは、何と言っても手軽なシロギス釣りが真っ先に頭に浮かぶ。ここ深川「冨士見」は都会の真ん中に位置するため、アクセス抜群。貸道具も充実して、のんびり電車釣行にもおすすめ。ちなみに最寄り駅は東西線の門前仲町で、送迎も行っている。初心者大歓迎! ベテラン船長がやさしく指導してくれるから安心だ。


小突き釣法でマガレイ爆釣中!!【上越・能生沖】

小突き釣法でマガレイ爆釣中!!【上越・能生沖】

上越・能生沖でマガレイが爆釣している。半日で100枚超えもザラという状況だ。


洲崎沖のイサキはこれからが数釣り本格シーズン!【南房・洲崎沖】

洲崎沖のイサキはこれからが数釣り本格シーズン!【南房・洲崎沖】

春の訪れとともに、釣果の知らせを聞く「イサキ」。まず南房総で最初の声を聞き、徐々にそのイサキ前線は房総半島に沿って北上していく。本日お邪魔した「早川丸」が宿を構えるのは洲崎栄ノ浦港。房総半島最南端、東京湾の入り口の洲崎灯台の麓に位置し、まさに南房イサキのスタート地点。今年も3月1日に開幕を迎えた。


良型イサキ好調、多点掛けを意識して数を伸ばそう【東伊豆初島周り】

良型イサキ好調、多点掛けを意識して数を伸ばそう【東伊豆初島周り】

網代沖に鎮座する初島。その周りで毎年恒例のイサキ釣りが開幕した。脂がのった 美味イサキを釣りまくれ!!


クロダイキャンディーの魅力にハマル!【横浜港内】

クロダイキャンディーの魅力にハマル!【横浜港内】

「大雪が降ったあと、しばらく低調だったんですけど、やっと水温が落ち着いてきましたね。今日はいい魚が出るといいですね」、近況を教えてくれたのは横浜新山下をベースにボートからの落とし込み釣りを展開している「舟黒」の池田暁彦船長。


身近なビッグゲーム! 城ヶ島沖水深100mでイシナギ炸裂【城ヶ島沖】

身近なビッグゲーム! 城ヶ島沖水深100mでイシナギ炸裂【城ヶ島沖】

4月中旬、神奈川県城ヶ島沖でイシナギがついに炸裂! イシナギといえば、千葉の勝浦沖や南伊豆の河津沖が有名だが、こちら城ヶ島沖も負けていない。この日はなんと船中11本もの本命が浮上し、40㎏級まじりで最大はなんと58㎏!


今日も爆釣!俊兄の釣りバカ日記【西表島から底物高級魚バトル】

今日も爆釣!俊兄の釣りバカ日記【西表島から底物高級魚バトル】

4月初旬に、釣り仲間の大物釣師・ケイさんのお誘いでコクハンアラ(くるばにーあかじん)などの底物・高級魚を泳がせ釣りにて狙ってまいりました。 企画して頂いたキャステング品川シーサイド店の大物釣師・安達さん、大物釣師・ケイさん、そして俊兄の三人が揃って大物・珍魚の乱舞。釣果としては最高なのですが、また宿題が出来ました(笑)


ビギナーからベテランまで手軽に楽しめる東京湾のカサゴ【東京湾】

ビギナーからベテランまで手軽に楽しめる東京湾のカサゴ【東京湾】

アンダーハンドで軽く投げ、ゆっくりオモリで底を小突くうち、ゴツゴツとアタッた。手応えを味わいながら姿を見せたのは18㎝級のカサゴ君。江戸時代、端午の節句にカサゴの武者煮を作る習慣があったが、メバルが繊細で女性的な魚なら、カサゴは男性的な逞しさがある。


西伊豆の夜ムギイカ開幕!! 束釣りも珍しくないよ!【西伊豆】

西伊豆の夜ムギイカ開幕!! 束釣りも珍しくないよ!【西伊豆】

4月1日に開幕した、西伊豆は戸田港「福将丸」の夜ムギイカ。開幕早々に夕方便で140杯、深夜便で170杯という好釣果を叩き出した。


今年もロングランに期待! LTも楽しめる日立沖のヤリイカ【日立沖】

今年もロングランに期待! LTも楽しめる日立沖のヤリイカ【日立沖】

ここ数年、ヤリイカの本格的な開幕は「春」と言っていいほどシーズンが後にずれ込む傾向がある。駿河湾から相模湾、南房から外房へと、〝ヤリイカ前線〟は西から東へと移動していくが、最後に釣れだすのが、ここ常磐エリアだ。


1㎏級が50匹!!  大島沖のキンメ、海況安定でおすすめ!【大島沖】

1㎏級が50匹!! 大島沖のキンメ、海況安定でおすすめ!【大島沖】

「最後は深いですよ」、船長がアナウンスした9投目。早朝のウネリがうそのような大島沖で「締めの一投」に臨む。4月5日はチーム7名で、大島沖のキンメダイ狙い。前週までは「一服状態」だった本命ポイントが直前に1㎏級30〜50枚と好転。「大島沖らしい」釣況に期待が膨らむが…。


今後は大ダイ高確率、ゲスト多彩でクーラー満タン 【波崎沖・大根】

今後は大ダイ高確率、ゲスト多彩でクーラー満タン 【波崎沖・大根】

波崎沖・大根のひとつテンヤマダイが好調だ。4月中旬現在、春の海は海況が安定しないので多少ムラはあるものの、サイズは1㎏前後主体ながらいい日はトップ30~50枚と爆釣だ。断っておくが、これはその日の乗船者全員の釣果を合わせた船中で…というものではない。ひとりの釣果だ。


波崎沖のメヌケ釣りは深海釣りの真骨頂を体感できる【茨城・波崎沖】

波崎沖のメヌケ釣りは深海釣りの真骨頂を体感できる【茨城・波崎沖】

TEAM OKAMOTOが咲かせる大輪の緋花! アブラボウズまじりで今後も期待十分だ!!


大原沖のマダイ、安定釣果&大型の期待大!!【外房・大原沖】

大原沖のマダイ、安定釣果&大型の期待大!!【外房・大原沖】

ライトでお手軽! エントリークラスでも大ダイのチャンスがある、ひとつテンヤマダイが、春の最盛期・乗っ込みを迎えようとしている。


激熱ポイント多数あり、10㎏オーバーの大型マダイを狙え【南伊豆沖】

激熱ポイント多数あり、10㎏オーバーの大型マダイを狙え【南伊豆沖】

南伊豆海域もマダイの乗っ込みポイントとしては実績があり有名だ。このエリアも他の海域と同じく、今年は乗っ込み開始が遅れ気味だったが、4月中旬ぐらいから乗っ込みらしい釣果が記録されはじめた。


魚影の濃さはピカイチ、大ダイを連発させよう!【駿河湾・御前崎沖】

魚影の濃さはピカイチ、大ダイを連発させよう!【駿河湾・御前崎沖】

例年、関東各地のマダイポイントよりも一足早く乗っ込みに突入する御前崎沖。東海地方に属するエリアだが、関東各地からも日帰りで行ける釣り場だ。今シーズンの御前崎沖は、関東各地のマダイポイント同様に乗っ込み開始が遅れた。それでも、3月末頃には「オモリ」と呼ばれる一級ポイントで本格化し、好釣果が記録され始めた。


ランキング


>>総合人気ランキング

つり丸定期購読