沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

最新の投稿


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

秋の行楽シーズン、紅葉狩りや温泉もいいけれど、気持ちのいい洋上で「イシモチ釣り」はいかがだろう?


秋の銭州はカンパチ&ヒラマサ狙い! ウメイロも(南伊豆忠兵衛門丸)

秋の銭州はカンパチ&ヒラマサ狙い! ウメイロも(南伊豆忠兵衛門丸)

今期の銭洲は空前のカンパチラッシュでにぎわっているが、相手は魚、潮の流れ方や水温によって日ムラは否めないのも確かだ。しかし、この秘境にいけば、必ずといっていいほど、高級魚が釣れる。大物釣りの聖地を呼ばれる所以はここにある。


アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

「落ち」のシーズンを前に、東京湾のシロギス釣りがおもしろくなっている。今回、金沢八景「荒川屋」の午前シロギス船を取材したが、その釣果はトップが51匹。同日の午後船のトップの釣果は61匹で、通しで乗った乗船客が101匹と束釣りを達成した。


フラッシャーサビキ五目からのオニカサゴ仕掛け&釣り方(勝丸)

フラッシャーサビキ五目からのオニカサゴ仕掛け&釣り方(勝丸)

使用するFサビキ仕掛けは、外房用の一般的なものでOKだと陽平船長。推奨しているのは、先糸および幹糸が6号(フロロカーボン・以下同)でエダスが4号の8本バリ。枝長13㎝で幹間80㎝の全長7.2m。ハリは丸セイゴ13号にピンクとホワイトのフラッシャーが交互に巻かれているものとなる。


一度来たらヤミツキ! 美味な走水沖の絶品アジを釣る!(関義丸)

一度来たらヤミツキ! 美味な走水沖の絶品アジを釣る!(関義丸)

周年楽しめる走水沖のブランドアジは、9月に入ると数型ともに好調で、連日トップ50匹も珍しくなかった。走水港「関義丸」の取材当日も、丸々太ったジャンボサイズであっと言う間にクーラーはズッシリ満タン。


今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

「三喜丸」では、タックルはノーマル、ライトというシバリはないが、長時間誘い続けられるという点から、やはり軽量のライトタックルが主流。ただ、注意して欲しいことがある、と河野秀照船長は話す。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読