エサ釣り

東京湾口・剣崎沖のカワハギ釣り! デカハギも多いぞ(山天丸釣船店)

エサ釣り

佐渡島沖で高級魚の五目釣り、夜はメタルスッテでアカイカ(光...

エサ釣り

カンパチの楽園・三宅島!ムロアジの泳がせで釣るカンパチ(ラ...

最新の投稿


猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

残暑がまだまだ厳しい9月。新安浦港「村上釣船店・千代吉丸」の半日アジ船がオススメだ! 新安浦港の目の前の猿島周辺から第2海堡沖あたりがポイントとなるので、航程約10〜20分と至近距離なのがうれしい。


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。


上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

新潟の夏は高温多湿。そんな厳しい状態であってもこの時期上越地域で非常に人気が高いのがオキメバル釣りである。


高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

東伊豆・伊東港「達丸」では、ゴールデンウイーク後からアカハタ・カサゴ狙いで本格的に出船している。「水温が上がって、ようやくアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴはずっと好調です。アカハタもカサゴも、エサ釣りでも、ルアーでも狙えます」とは「達丸」の渡邉達也船長。


好調継続中のヒラメ! 楽しみながら大物を迎撃しよう!(隆正丸)

好調継続中のヒラメ! 楽しみながら大物を迎撃しよう!(隆正丸)

関東でいち早く解禁し、開幕ラッシュを決めた飯岡沖のヒラメが、3ヵ月が経とうとしている現在も好調をキープ! ほぼ船中ボウズなしで帰港する日が続いている。


佐渡島沖で高級魚の五目釣り、夜はメタルスッテでアカイカ(光海丸)

佐渡島沖で高級魚の五目釣り、夜はメタルスッテでアカイカ(光海丸)

「10㎏の大アラを釣りたい!」そんな幻級の高級魚を釣るなんて、夢の話だったが、現実にかなえてくれるのが、新潟県間瀬港「光海丸」だ。


テクニカルで激アツ! 東京湾の照りゴチが今絶好調だ!(だてまき丸)

テクニカルで激アツ! 東京湾の照りゴチが今絶好調だ!(だてまき丸)

東京湾のマゴチが元気いっぱい! 連日トップ10本前後、サイズも60㎝オーバーが飛び出すなど絶好調だ。


シーズンはまだまだ続く! 相模湾のキハダ&カツオ(沖右ヱ門丸)

シーズンはまだまだ続く! 相模湾のキハダ&カツオ(沖右ヱ門丸)

相模湾のコマセ釣りにおけるキハダ&カツオ釣りは、8月からスタートしている。今シーズンの解禁初日は、カツオの好釣で開幕した。2〜4㎏のサイズが主体で、トップで5〜10本を記録する船が多かった。その後も好釣果に沸く日が多く、クーラー満タン釣れすぎ早揚がりとなる日もあった。


食い活発な照りマゴチシーズン! 仕掛け&タナの取り方(だてまき丸)

食い活発な照りマゴチシーズン! 仕掛け&タナの取り方(だてまき丸)

3月ごろに開幕し今シーズンも好調に釣れ続いている東京湾のマゴチ。新子安恵比須橋の「だてまき丸」は、このマゴチを宿の看板とし一年の多くの時間をかけて狙い続けている。 ただ、「照りゴチ釣り」という言葉もある通り、マゴチは本来夏の釣り物とされてきた。今回も夏の釣り物の代表として「だてまき丸」のマゴチを取材した。


カンパチの楽園・三宅島!ムロアジの泳がせで釣るカンパチ(ラッパ荘)

カンパチの楽園・三宅島!ムロアジの泳がせで釣るカンパチ(ラッパ荘)

今年も伊豆諸島周辺のカンパチポイントに小型と中型のムロアジたちが集結中だ。この魚はフィッシュイーターのカンパチにとって大好物。当然のごとく、カンパチもこの魚を追って集結する。つまり、両魚とも釣りやすくなるので本格的なカンパチシーズンの開幕といえるのだ。


東京湾口・剣崎沖のカワハギ釣り! デカハギも多いぞ(山天丸釣船店)

東京湾口・剣崎沖のカワハギ釣り! デカハギも多いぞ(山天丸釣船店)

8月から開幕している東京湾口・剣崎沖のカワハギ。夏〜初秋はカワハギが広範囲に散らばって拾い釣りの状況が続く。それでもいい日にはトップ15枚前後を記録し、20枚超す日もある。


つり丸定期購読

ランキング


>>総合人気ランキング