MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

人気記事

最新記事

ついこの間、大雪が降ったと思ったら、桜咲き、そして散り、いつの間にか汗ばむ季節となりにけり、なのだ。夏の魚、イサキの脂がのってきた。タカベもうまい。そこに意外な主役が登場。それが誰あろう、メジナ君である。刺身もうまいし、塩焼きもグー、おまけに、みそ汁がチョーグー。メジナ一尾でフルコースも悪くない。
2060views
更新: 2018-03-30 02:14:04
築地市場では、活けともなればキロ5000円以上もするという、超がつくほどの高級魚・マゴチ。そんなマゴチが4月後半、東京湾大貫沖で大爆発! ツ抜け当たり前、トップ20本前後という、まさに異常な釣れっぷりとなった。
5777views エサ釣り
更新: 2018-04-19 04:23:34
東京湾・走水沖のアジ釣りは、いわゆる「ビシアジ」と呼ばれる釣り方で釣る。130号のビシを用いて、コマセにはイワシのミンチを使う。イワシのミンチは匂いが強く、海中で煙幕状に広がる。これでアジをおびき寄せ、その中にある付けエサを食わせる、というのがこの釣りの要諦だ。
2106views エサ釣り
更新: 2018-04-19 04:23:35
「ダメだ、波勝崎に戻りましょう」藤井明男船長が転進を告げたのは昼過ぎ。 久々の「ヘビータックル深海釣り」は西伊豆安良里港出船のアコウダイ。
1314views エサ釣り
更新: 2018-04-19 04:23:38
今回お邪魔した勝浦川津港「基吉丸」。5月頃にピークを迎える超巨大魚「イシナギ」釣りの高い実績が非常に有名な釣り宿。この時期、平日はおもにキンメダイの漁へ。そして週末はヤリイカの乗合船を出している。
1141views ルアー釣り
更新: 2018-04-16 02:56:47
キビレアカレンコは、スズキ目タイ科キダイ属の魚。 奄美諸島以南の琉球列島、小笠原諸島。フィリピン。水深50~150mの岩礁にすむ。
1555views 魚情報
更新: 2018-09-04 07:06:09
今シーズン、網代南沖の遠征イサキ五目は3月中旬からスタート。その開幕からほぼ1カ月が経過したが、イサキの食いが上昇し、早くもトップ50匹台や60匹台という好釣果を記録し始めた。
1517views エサ釣り
更新: 2018-04-19 04:23:27
春先から初夏にかけて旬を迎えるイサキが初島周りをメインとした福浦南沖で釣れている。
2738views エサ釣り
更新: 2018-04-19 04:23:29
南房総・相浜沖のイサキが釣れている。当エリアのイサキは3月から開幕しているが、今までは水温が低く、型も不ぞろいだった。ところが、ここにきてグッと水温が上がり、数、型ともに満足できる好釣果が続くようになった。
1483views エサ釣り
更新: 2018-04-19 04:23:30
海面にボコッと真っ赤な魚体が浮かび上がる。この時、叫びたくなるほど気持ちが高揚する至福の瞬間があるアコウダイ釣り。一度、この感動を味わうと、また行きたくなる。そんな魅力のあるアコウダイを、手軽に楽しませてくれるのが平塚港「豊漁丸」。相模湾で専門に狙える数少ない船宿だ。
1702views エサ釣り
更新: 2018-04-16 02:57:01
シロギスは、キス科に属する海水魚の一種。東アジアの沿岸域に広く分布する。別名キス。体色は、背側が淡黄褐色で、腹側が白い。そのため、青から緑がかったアオギスに対し、シロギスと呼ばれる。
3571views 魚情報
更新: 2018-08-24 02:04:53
どうです、このアジ! 幅広でぷっくりとして、見るからにおいしそうでしょ! って実際に食べてみれば、見るからにじゃなく、本当に甘みも旨みも脂もたっぷりで、予想通り、いや予想以上のメチャうまだ!!
3486views エサ釣り
更新: 2018-04-16 02:56:30

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読