MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

人気記事

「昨日からイワシが回遊してきてね、いよいよ大原のヒラメも本番ですね!」と、やや興奮気味に語る大原港の「春栄丸」船長。大原のヒラメは毎年、10月にショウサイフグと一緒に解禁になる。
千葉・大原港「山正丸」は周年ヒラマサのルアーゲームで出船する。毎年この時期は“秋マサシーズン”と呼ばれるほど状況がすこぶる良い。これはもう、期待せずにはいられません、いやがうえにも。
ヒラメは、カレイ目カレイ亜目ヒラメ科に属する魚の一種。太平洋西部(千島列島、樺太、日本、朝鮮半島などの沿岸から南シナ海まで)に分布。最大で全長1m、体重10kgほどになる。
ひとつテンヤマダイフィールドとして約3年を経過した飯岡沖。この秋はまさに大ブレイクしたと言っても言いすぎではない。これもひとえに飯岡の遊漁船が協力しあって、地道なポイント開拓を行い、ひとつテンヤマダイを継続してきたことが、大原など外房に肩を並べるマダイポイントとして確立した理由だ。
マダイの一級ポイントで知られる富浦沖。東京湾口の千葉県側に位置し、一年を通して安定した釣果が望めることで、近年人気上昇中のマダイエリアだ。
冬が来た。シーバスゲームは厳寒の季節が最も熱い、と言われる。今回の取材でも、その言葉を裏付ける如き釣果を示した。
怒濤の大型RUSH!! 勝浦沖のカモシヒラマサの爆釣が止まらない! しかも、大型もかなり回遊しているらしい。これはもう見逃す手はない。でしょ!
関東では、お正月料理にかかせないタコ。真っ赤にゆだったゆでダコを刺身にすると、その切り口は紅白で実におめでたい。年末になるとスーパーでは、ゆでダコや酢ダコが大量に売られているが、沖釣り師なら、自分で釣ってくるのがおすすめだ。絶品の味が楽しめる東京湾のブランドダコを!
出船時間は6時。分厚い雲に覆われて朝と言うよりもまだ夜に近いような暗がりの中、5人の釣り人を乗せて出港した。ゆっくりと20分近く走った御宿沖のイサキポイントとしては沖目の場所でしばし反応探し。そして「ハイじゃあやってみるよ。タナは26m」のアナウンスで今年の秋イサキが開幕した。
今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・江見吉浦港「渡辺丸」。波崎沖のシーズンは11月いっぱい。来年、6月までお休みだ。波崎沖で誕生した熱烈なアカムツフリークたちは、その矛先をほぼ周年狙えるこの南房へ向けたのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読