エサ釣り

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

エサ釣り

初夏の名物ジャンボカサゴが釣れる! 東京湾カサゴ釣り(新健...

エサ釣り

初夏のグルメ派釣行にオススメ! 旬のアジ釣り(猿島沖・義和...

最新の投稿


「エビスダイ」の寿司…二、三日置くと、硬さは程よく、うま味が増す

「エビスダイ」の寿司…二、三日置くと、硬さは程よく、うま味が増す

今年は、ほとんど自宅に籠もりっきりで仕事に明け暮れている。旅に出ても関東周辺とか、新幹線で日帰りなのだから欲求不満がつのる。桜散り、新緑の季節も去った。このままの状態で梅雨入り、というのだけは避けたい。それを癒やしてくれるのが酒とおまんじゅうと、美味しい魚。特に酒がすすんだのがエビスダイの塩焼き。


銭洲良型カンパチラッシュだ! アカイカエサで誰でも簡単【銭洲】

銭洲良型カンパチラッシュだ! アカイカエサで誰でも簡単【銭洲】

大物釣りの聖地“銭洲”が本格始動した。アカイカの泳がせで良型カンパチばかり怒涛の入れ食いだ。


西伊豆沖の夜ムギイカ釣りが、いよいよ開幕!【西伊豆・土肥沖】

西伊豆沖の夜ムギイカ釣りが、いよいよ開幕!【西伊豆・土肥沖】

夜イカ釣りをほぼ周年専門にしている西伊豆・戸田港「福将丸」。例年、4月から6月半ばまでは、ムギイカ釣りが楽しめる。だが、今期はちょっとスタートが遅れ気味。本格化の兆しが明確になったのは、GW。ウネリ&月夜というけしてよい条件ではないものの、トップ50〜100杯という釣果をタタキだした。


イサキは盛期に突入! 数、型とも楽しめるぞ !!【南房総・千田沖】

イサキは盛期に突入! 数、型とも楽しめるぞ !!【南房総・千田沖】

南房総では4月に入ってから、広範囲でイサキが好調だ。トップ50匹以上を記録する日も珍しくないほど。好調に釣れる日はサイズも良く、30㎝前後の良型が主体になることもしばしばだ。


鹿島沖のショウサイフグ、水温上昇し浅場で高活性【鹿島沖】

鹿島沖のショウサイフグ、水温上昇し浅場で高活性【鹿島沖】

コツッと小さなアタリが竿先に伝わったときに素早くアワセを入れる。そして、グッと手応えが伝わったときの快感こそがフグ釣りの楽しみだ。エサ取りが上手なショウサイフグだけに、してやったりという気分になる。春シーズンを迎えたフグ釣りを楽しもうと向かったのは茨城県は鹿島港だ。


「クロソイ」の寿司…白身なのに味に余韻がある

「クロソイ」の寿司…白身なのに味に余韻がある

ゴールデンウイークには温泉に行くのが『市場寿司』のたかさん一家のお決まり。孫を含め総勢十人を超えるのだからすごい。幸せでいいなとは思うが、実にジジイ的でイヤだね~。こっちは仕事だが、担当は若くて美しい娘なのだから幸せ度は負けてないぞー。さて春の宵、クロソイを沖縄料理の「まーす煮」にして酒は泡盛。


今日も爆釣!俊兄の釣りバカ日記【多良間島宿泊遠征】

今日も爆釣!俊兄の釣りバカ日記【多良間島宿泊遠征】

宮古島から2日間、多良間島周辺を釣りして参りました。1日目はエサのムロアジがなかなか釣れなくて苦戦しましたが、2日目は何とか良い型が見れてまずまずの釣果となりました。思いもよらないゲストが上がったり、高級魚が連続で釣れて興奮したりと、とても充実した釣行になりました。宮古島はやっぱり凄い!


カサゴもメバル大型連発、引きは強烈!気持ちいい〜【外房・勝浦沖】

カサゴもメバル大型連発、引きは強烈!気持ちいい〜【外房・勝浦沖】

外房勝浦沖で、初夏になるとおもしろくなってくるのが、カサゴ、メバル中心の根魚五目釣りだ。勝浦港「初栄丸」は、この釣りを初夏から夏にかけての看板メニューにしている。


最高の景色に囲まれながらタコ釣りを満喫しよう!!【相模湾・葉山沖】

最高の景色に囲まれながらタコ釣りを満喫しよう!!【相模湾・葉山沖】

今年も5月7日からタコ釣りが始まった。初日から2㎏級の大型まじりでトップ10杯、オデコなしという釣果を記録して好スタートを切った。


激うま! 春のオキメバル、シーズンイン【佐渡島沖・小木の瀬】

激うま! 春のオキメバル、シーズンイン【佐渡島沖・小木の瀬】

新潟県の春告げ魚であるオキメバル釣りが中越地域で開幕した。なんといってもこの時期のオキメバル(ご当地では「ハチメ」と呼ぶ。標準和名はウスメバル)の魅力は上品な脂をまとった美味しさだ。


「メジナ」の寿司…脂の甘味とともに、すし飯と一体化して喉に消える

「メジナ」の寿司…脂の甘味とともに、すし飯と一体化して喉に消える

ついこの間、大雪が降ったと思ったら、桜咲き、そして散り、いつの間にか汗ばむ季節となりにけり、なのだ。夏の魚、イサキの脂がのってきた。タカベもうまい。そこに意外な主役が登場。それが誰あろう、メジナ君である。刺身もうまいし、塩焼きもグー、おまけに、みそ汁がチョーグー。メジナ一尾でフルコースも悪くない。


マゴチ“超”炸裂! 大型連発&ツ抜け続出!! 【東京湾・大貫沖】

マゴチ“超”炸裂! 大型連発&ツ抜け続出!! 【東京湾・大貫沖】

築地市場では、活けともなればキロ5000円以上もするという、超がつくほどの高級魚・マゴチ。そんなマゴチが4月後半、東京湾大貫沖で大爆発! ツ抜け当たり前、トップ20本前後という、まさに異常な釣れっぷりとなった。


つり丸定期購読

ランキング


>>総合人気ランキング