料理

「オオクチイシナギ」の寿司…身が適度に繊維質で、ほどよい軟らかさ

エサ釣り

チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (...

エサ釣り

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太...

最新の投稿


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

ブランド魚のひとつとして名高い走水沖のアジが堅調だ。走水港「政信丸」では、取材日は強風と高波で序盤は苦戦したが、トップ43匹。その前日は64匹。また、サイズは20〜40㎝、アベレージで25㎝と申し分なしだ。さらにうれしいことに、背が黄金色に輝くいわゆる「金アジ」が3割程度まじった。


初夏の名物ジャンボカサゴが釣れる! 東京湾カサゴ釣り(新健丸)

初夏の名物ジャンボカサゴが釣れる! 東京湾カサゴ釣り(新健丸)

今シーズンも東京湾のカサゴは、連日好調が続いている。今回、取材した金沢八景「新健丸」は、夏場はカサゴにターゲットを絞ったこだわりの船宿だ。


トップは50匹オーバー! 東京湾LTアジの仕掛け(つり幸)

トップは50匹オーバー! 東京湾LTアジの仕掛け(つり幸)

脂が乗っていて美味しいと話題の横浜沖周辺のアジ! 平日なのに10隻以上のアジ船が集まっている人気ポイント。その美味しいアジを狙って、4月23日に川崎「つり幸」さんの午前LTアジに乗ってきた。


10kgクラスも出現! 初夏のヒラマサジギング好機!(松鶴丸)

10kgクラスも出現! 初夏のヒラマサジギング好機!(松鶴丸)

4日くらい前から黒潮が入ってきたね。ちょっと潮が澄んで手強いけど、流れているから食うよ。昨日は7人で9本キャッチかな。アベレージは2〜3㎏と小振りだけど、まさに初夏のヒラマサって感じだよね」と話すのは、大原港「松鶴丸」のオキさんこと、中村洋行船長。船長の言葉通り、外房沖は初夏マサシーズンまっさかり、という状況だった。


「マルイカ」の寿司…甘みが強く、ねっとりと舌にからみつき官能的だ

「マルイカ」の寿司…甘みが強く、ねっとりと舌にからみつき官能的だ

たかさんが赤貝をつけて、そろそろ終わりのヤリイカをつけ、次ぎにマルイカの印籠詰め。「軟体類のネタも夏物に交代だねー」に、「なんたい、それは?」。「店が少し左前になるとダジャレが飛び出してくる。あんた昭和の男だねー」と戦前生まれのオカアサンに突っ込まれている。印籠を分けてもらって肴に、徳島の酒をぬる燗でやる。


仲間と楽しもう! 夏の仕立てにオススメ! 東京湾のLTアジ(健一丸)

仲間と楽しもう! 夏の仕立てにオススメ! 東京湾のLTアジ(健一丸)

夏が旬のアジ。これからの時期は身に脂が乗り、最も美味しくなる季節。手軽に狙えるので、とても人気があるターゲットだが、LTで狙えば道具も軽く気軽に楽しめる。


テクニック盛り沢山! ひとつスッテムギイカ(ディープオーシャン)

テクニック盛り沢山! ひとつスッテムギイカ(ディープオーシャン)

ひとつスッテイカゲームの聖地、福井県越前沖がいまムギイカが釣れ盛っている。3年前より茱崎港「ディープオーシャン」の浜野秀夫船長が始めた、究極のライトゲーム、ひとつスッテ釣法による夜イカ釣り。


水深300mのお手軽深海魚メヌケ、今年は記録更新なるか⁉︎(桜井丸)

水深300mのお手軽深海魚メヌケ、今年は記録更新なるか⁉︎(桜井丸)

一投目の着底直後、竿先を叩いた明確なアタリに本命を確信。送り込んだ仕掛けに追い食いは叶わずも「本日イチ抜け」だと口元が緩んだが…ラスト50mでいきなり突っ込む竿先、逆転するスプール。「あーっ、やられたっ!!」4月28日は鹿島新港「桜井丸」。同宿今季初の「北沖メヌケ」に出船する。


つり丸定期購読

ランキング


>>総合人気ランキング