エサ釣り

ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

製品情報

子供には必須!子供用救命具(セーラーマリン子供用Sサイズ)...

ルアー

飯岡沖のヤリイカ、大型主体に数釣りも!【外房・飯岡沖】

最新の投稿


冬のイチオシターゲットと言えば、やっぱりヒラメ!【茨城・鹿島沖】

冬のイチオシターゲットと言えば、やっぱりヒラメ!【茨城・鹿島沖】

冬の沖釣りと言えばコイツ。みんな大好きヒラメちゃん。11月から数釣り継続中。全面解禁で数・型上昇!? これぞ冬の本命釣り物だ。


相模湾のヤリイカはブランコ&直結でバクバク【相模湾・小田原南沖】

相模湾のヤリイカはブランコ&直結でバクバク【相模湾・小田原南沖】

相模湾西部のヤリイカは今シーズンも順調な乗りを見せている。秋口に開幕してからはおもに近場の瀬ノ海メインに狙っていたが、10月終わりから小田原南沖で好調な乗りを見せている。サイズは乗り味もいい中型主体に数釣りが続いている。


早めにお正月のタコを釣りに行こう!!【東京湾・本牧沖】

早めにお正月のタコを釣りに行こう!!【東京湾・本牧沖】

年末が近づくと、東京湾の何軒かの船宿がマダコ釣りを開始する。お正月用のマダコを釣るためだ! 本牧「長崎屋」は、毎年この時期マダコ乗合を出船している。今シーズンは11月8日から本格的にスタートした。


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


LTウイリー五目、相模湾のイチオシ釣り物だ【相模湾・平塚沖】

LTウイリー五目、相模湾のイチオシ釣り物だ【相模湾・平塚沖】

数ある相模湾の釣り物で、この時期イチオシに挙げられる一つが「LTウイリー五目」だ。名前のとおりLT(ライトタックル)とウイリー仕掛けで多魚種を狙うコマセ釣りだ。これに、今の時期はプラスアルファとして楽しめるハモノ狙いもおすすめだ。


アマダイってこんなに釣れる魚だっけ?【相模湾・瀬の海】

アマダイってこんなに釣れる魚だっけ?【相模湾・瀬の海】

もはやこの時期の相模湾人気ナンバーワンターゲットと言っても過言ではないほどの地位を確立したアマダイ釣り。「庄治郎丸」では平日でも2隻出しが珍しくないほど人気だ。


キャスティングとジギングで狙う東京湾のシーバスゲーム【東京湾】

キャスティングとジギングで狙う東京湾のシーバスゲーム【東京湾】

さあ、待望のシーズン開幕だ! 青物まじりで絶好調!! 激アツイぜ東京湾!!! 爆オモロイぜシーバスゲーム!!!!


模湾のアマダイ、今が本番! 50㎝オーバーも高確率!!【相模湾】

模湾のアマダイ、今が本番! 50㎝オーバーも高確率!!【相模湾】

「食べたくて釣りに行く」というファンも多いアマダイは、築地市場でも大変な人気。のっけから下世話な話で恐縮だが、魚全体が高値になる暮れにはキロ1万円以上の値が付くこともまれではないとか。だからと言うわけではないのだが、旨い魚に目がない私としては、毎年この時期に外せない釣り物になっている。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読