ルアー

ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

ルアー

ひとつスッテ釣法の聖地、越前沖ケンサキイカ(ディープオーシ...

エサ釣り

手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸...

最新の投稿


数釣れる上にサイズ良し! 今年のハナダイは絶好調【銚子・犬若沖】

数釣れる上にサイズ良し! 今年のハナダイは絶好調【銚子・犬若沖】

取材はGW中ということもあり、船上には女性の姿も見られ、レンタルタックルを利用する人も多かった。ほぼ半分の釣り人が、「ハナダイ初挑戦です」とのことだった。このハナダイ釣りが、それだけ手軽に楽しめるということである。


大アジと良型ハナダイの連発でクーラー満タン高確率【外房・飯岡沖】

大アジと良型ハナダイの連発でクーラー満タン高確率【外房・飯岡沖】

飯岡沖のコマセ釣りといえば、アジとハナダイが代表ターゲット。その両魚種が4月から好調に釣れている。


小湊沖のマルイカ、激アツシーズンに突入だっ!【外房・小湊沖】

小湊沖のマルイカ、激アツシーズンに突入だっ!【外房・小湊沖】

千葉・小湊沖はこのエリア随一のマルイカポイントだ。小湊沖は例年3月ごろからマルイカが釣れだす。初めは90〜100mほどで始まり、水温上昇と潮の濁りで徐々に浅くなっていき40mほどで釣れるようになると最盛期を迎える。


食べごろイサキが入れ食いだぁ!【南伊豆・神子元島周り】

食べごろイサキが入れ食いだぁ!【南伊豆・神子元島周り】

南伊豆沖は、イサキのポイントが多い。そのほとんどが起伏のある根周りだ。黒潮の恩恵も色濃く出て、周年狙えるイサキパラダイスである。今期のイサキの状況はというと、まさに「絶好調」のひとことに尽きる。


多点掛け連発の洲崎沖のイサキ、釣れすぎだって!【南房・洲崎沖】

多点掛け連発の洲崎沖のイサキ、釣れすぎだって!【南房・洲崎沖】

南房、洲崎沖でイサキが数釣れている。今シーズンは魚影が濃いうえ、食いも安定しているようで釣果のムラも少なく好釣続きだ。洲崎港「佐衛美丸」では、連日トップ50匹を超え。日によっては70匹、80匹、さらには束釣りに迫る日もある。


相模湾のシロギス、好シーズン突入!【相模湾・腰越沖〜鎌倉沖】

相模湾のシロギス、好シーズン突入!【相模湾・腰越沖〜鎌倉沖】

相模湾のシロギスは1月から開幕しているが、本格シーズンは気温も水温も上昇するこれからだ。これからの時期、水温が上昇するにつれて、シロギスたちは水深の浅い場所に集まり出す。水深10m台、またはそれよりも浅い場所で数釣れるようになるのだ。


〝数釣り〟といえばシロギス、誘って食わせてブルブルルン【東京湾】

〝数釣り〟といえばシロギス、誘って食わせてブルブルルン【東京湾】

シロギスは、ビギナーや子供など、だれでも手軽に数釣れる魚の代表といえるだろう。極端な話、エサさえ付いていれば、仕掛けを船下に下ろしておくだけで、そこそこ釣れちゃう魚だ。しかし、真剣に数を伸ばそうと思えば、それなりの工夫やテクニックが必要な、奥の深い釣りでもある。


ドキドキスリリングで最高に楽しいマゴチ釣り【東京湾・小柴沖】

ドキドキスリリングで最高に楽しいマゴチ釣り【東京湾・小柴沖】

3月から開幕した、新子安恵比須橋「だてまき丸」のマゴチ。すでに連日好釣果が記録されており、船中ボウズなし、トップ5本前後という日もあるほどだ。


初島周りのマダイ乗っ込み本格スタート!!【初島周り】

初島周りのマダイ乗っ込み本格スタート!!【初島周り】

マダイ狙いで初島周りに出船した宇佐美港「富八丸」。この日は「エイテック」若手社員のみなさんの沖釣り研修会で、仕立での出船。講師役として、「ディープマスター・テル岡本」こと、エイテック・テスター岡本光央さんも乗船し乗っ込みマダイを狙った。


 平潟沖のメヌケは良型数釣りの期待充分!【平潟沖】

 平潟沖のメヌケは良型数釣りの期待充分!【平潟沖】

2~5㎏級のメヌケの好ポイントが広く点在する、北茨城平潟沖。水深400~500m前後のポイントには正真正銘の「バラメヌケ」 と「アコウダイ」が混棲し、さらに十数キロ以上に成長する最大種、「ヒレグロメヌケ」の存在も確認済だ。これらメヌケの仲間が多彩に釣れるのが、平潟沖の特徴だ。


手軽で美味! 金沢八景沖のLTアジ【東京湾・金沢八景沖】

手軽で美味! 金沢八景沖のLTアジ【東京湾・金沢八景沖】

すっかり定着したLT(ライトタックル)の釣り。オモリが軽く、魚釣りにおいて一番の醍醐味である魚本来の引きを楽しめる。なかでも代表的なLTの釣り物と言えるのがアジ。そのアジを狙って、金沢八景「黒川丸」に釣行してきた。


目指せ2束、3束! 戸田沖の夜ムギイカ好調!!【戸田沖】

目指せ2束、3束! 戸田沖の夜ムギイカ好調!!【戸田沖】

小麦の花穂が見られるようになるとムギイカが釣れ始まる。一年を通じて様々なイカが我々を楽しませてくれるが、その年度初めを感じさせるのがムギイカだと私は思う。3月末日、西伊豆は戸田港「福将丸」でイカ釣り師待望の夜ムギイカが始まり、4月に入るといきなり三束もの釣果を叩き出した。


つり丸定期購読

ランキング


>>総合人気ランキング