MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

人気記事

最新記事

東京湾のアジ釣りは潮の速いポイントを攻める場合、130号等のアンドンビシを使用するが、金沢八景周りでは、水深20mほどの比較的潮の緩やかな場所に多くのアジが生息するため、LTアジに非常に適したフィールドだ!
417views エサ釣り
更新: 2019-03-11 07:00:00
「冬場のイサキは、いまが一番おいしいです。身体も肥えているし、脂もあります。しかも、よく釣れます」とは、下田外浦港「嘉福丸」の糸賀船長。 河津桜の開花とともに本格化するのが河津沖のジャンボイサキだ。
625views エサ釣り
更新: 2019-03-10 12:00:00
大原港のテンヤマダイ船の多くがイワシの群れを追うマダイを狙っている。イワシの反応に付いたマダイは型がよく、ほとんどが3kgを超すサイズ。例年5月頃までイワシの群れが回遊しており、今が大型狙いのチャンス!
562views エサ釣り
更新: 2019-03-09 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
461views ルアー釣り
更新: 2019-03-09 07:00:00
絶好調が続く各地のカワハギ。ここにきて厳寒期の定位置・深場へ落ち始めてきた。群れが固まり、さらに狙いやすくなるが、果たして状況はどうか?アツイ情熱で案内する小網代港「丸十丸」の小菅船長の元に向かった。
641views エサ釣り
更新: 2019-03-08 12:00:00
美味しいキンメとイカがと一挙に狙える豪華リレー釣り。キンメというとヘビーな深海タックルが必要と思うかもしれないが、リレーで狙うヤリイカのタックルがあれば、キンメもヤリイカも両方狙えてしまうぞ!
598views エサ釣り
更新: 2019-03-08 07:00:00
駿河湾の最奥部、沼津沖千本浜前でタチウオが絶好調に釣れている。釣り方は、エサ釣りはテンビン使用の1本バリ仕掛け、またはテンヤ釣り。ルアーはジギングが主流。つまり、どんな釣り方でもOKなのだ。
更新: 2019-03-07 12:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
404views ルアー釣り
更新: 2019-03-06 12:00:00
伊豆半島の先端部、温暖な南伊豆沖のイサキは一年を通して数釣り可能。仕掛けは2㎜径長さ1mのクッションゴムを介し、ハリス3~4号全長6m、ハリ数は3本を使用。南伊豆エリアはハリ数は3本までと定められている。
703views エサ釣り
更新: 2019-03-06 07:00:00
ナンヨウカイワリは、スズキ目アジ科ヨロイアジ属の魚。サンゴ礁などの沿岸の浅場に生息。
888views 魚情報
更新: 2019-03-05 12:00:00
東京湾の恵まれた環境のもと幅広で黄金色に輝く姿に育ち、身には脂が乗って甘みが強い激ウマなアジを周年の釣り物の1つとして+季節に合わせた釣り物を組み合わせたリレー乗合で出船している金沢八景「あい川丸」。
661views エサ釣り
更新: 2019-03-04 12:00:00
いまやイシモチは東京湾で最も安定した釣りものかもしれない。周年イシモチ乗合を出している金沢八景の「小柴丸」では、真冬の寒さにも関わらずトップ50匹前後の釣果が続いており、アジやカサゴもまじる。
524views エサ釣り
更新: 2019-03-03 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読