エサ釣り

最盛期が近づき上向き傾向! 東京湾のシロギス釣り(かめだや)

エサ釣り

15kg級の超大型も出る! 岩手・綾里沖の高級魚マダラ(第...

料理

「マコガレイ」の寿司…舌に触れた途端に甘味が味蕾を激しく刺...

最新の投稿


ムロアジ&サバで釣る大物! 泳がせ釣りカンパチ絶好機!(龍正丸)

ムロアジ&サバで釣る大物! 泳がせ釣りカンパチ絶好機!(龍正丸)

大物釣りの聖地、銭洲が秋のカンパチシーズンを迎えている。太平洋上に突出する銭洲岩礁周辺の浅場にはチビムロと呼ばれる小型のムロアジが大集結中だ。今期は小型ではなく25㎝前後の中型のムロアジが多く回遊しており、それがメインのベイトになっているようだ。


「カサゴ」の寿司…うま味のなかに、甘味が少しだけプラスされている

「カサゴ」の寿司…うま味のなかに、甘味が少しだけプラスされている

市場にぽつんと紫陽花が生えている。そこにでんでん虫が一匹いた。「きっと誰かが連れて来たんだ」と優しいたかさんがお隣の公園に逃がしてやった。「きっとお礼に来るよ」と言ったら、本当に寝ている部屋にでんでん虫が五万匹くらいやって来たらしい。「来て欲しくねー」。蒸し暑い夕方、カサゴのあら煮で、泡盛のロックをクイクイ。


キハダ・カツオは「コマセ釣り」新群れ入れば期待大だ!(たいぞう丸)

キハダ・カツオは「コマセ釣り」新群れ入れば期待大だ!(たいぞう丸)

「今年は昨年とは比べものにならないほど難しいです」と話すのは、相模湾イチこのキハダ・カツオに熱い船長といっても過言ではない、葉山あぶずり港「たいぞう丸」山本真一郎船長。


ウルトラスーパー激アツ! 犬吠埼デカキハダ&カツオ(波崎・信栄丸)

ウルトラスーパー激アツ! 犬吠埼デカキハダ&カツオ(波崎・信栄丸)

いま、犬吠埼沖のキハダ(キメジ)&カツオがウルトラスーパー激アツだ。とくにキハダ! 波崎港「信栄丸」では、なんと18〜31㎏が船中12本!! という日もあったほど。


外房・勝浦沖のひとつテンヤ&タイラバで釣る! 五目釣りも(とみ丸)

外房・勝浦沖のひとつテンヤ&タイラバで釣る! 五目釣りも(とみ丸)

マダイにヒラマサ、ヒラメにマハタ、さらに大型カサゴ、魚種多彩に楽しめるのが勝浦沖のひとつテンヤ&タイラバだ。勝浦、川津港「とみ丸」の吉清紘生船長は、深場浅場、荒根平場とバリエーションに富んだポイントを流し、いろいろな魚を釣らせてくれる。


40kg級キハダを迎撃! 大型マグロを制覇せよ!(惠丸)

40kg級キハダを迎撃! 大型マグロを制覇せよ!(惠丸)

「ずっと船を揚げていたから、キハダ狙いは今年初めてなんだよ。どうなんだろうね? 普通にいると思うよ」言葉の主は南伊豆手石「恵丸」の良川福一船長。自信がないようにも取れたコメントだったが、ポイントに着いたらトリがブンブン、気配はムンムン。


「マコガレイ」の寿司…舌に触れた途端に甘味が味蕾を激しく刺激する

「マコガレイ」の寿司…舌に触れた途端に甘味が味蕾を激しく刺激する

たかさんは、最近ますます「つり丸」に登場する若い女性釣り師に夢中だ。「日焼けは大丈夫なのかな」とか、どことなくお父さん目線でもある。それなら一緒に釣りに行けば、というと、船がまるでダメなので「見送りに行きたい」と言い始めた。意外に一途なのかも。雨上がりの夕方、マコガレイの塩焼きを肴に泡盛のソーダ割り。


2魚種狙いで釣る! アジ&タチウオリレーが面白い!(福よし丸)

2魚種狙いで釣る! アジ&タチウオリレーが面白い!(福よし丸)

鴨居大室港「福よし丸」では、東京湾の二大人気ターゲットがリレー船で同時に楽しめる。タチウオは活性の高い早朝を狙って、太陽が高くなると名物ブランドアジにリレーする嬉しいシステムだ。


絶海の孤島”イナンバ”で釣る! 遠征五目釣りのススメ(舵丸)

絶海の孤島”イナンバ”で釣る! 遠征五目釣りのススメ(舵丸)

夏の遠征釣りがヒートアップ中の伊豆諸島海域。静岡県内からJGという限定近海許可を持っている遊漁船が行ける、もっとも遠い伊豆諸島のポイントのひとつがイナンバだ。


意外と簡単に釣れちゃう? ヒラマサ&大ダイのカモシ釣り(太平丸)

意外と簡単に釣れちゃう? ヒラマサ&大ダイのカモシ釣り(太平丸)

外房、御宿沖の「三本松」はマダイ、ヒラマサの好漁場。今期は特にヒラマサが好調で、御宿岩和田港の「太平丸」は伝統のカモシ釣りで狙い、4~5㎏級を中心に数多くのヒラマサが仕留められている。


永井名人が釣る! 外房・外川沖の絶品夏ビラメ(福田丸)

永井名人が釣る! 外房・外川沖の絶品夏ビラメ(福田丸)

永井名人は好シーズンに突入している外房・外川沖の夏ビラメに挑戦した。船は外川港「福田丸」に乗船。


釣りやすくビギナーにオススメ! 夏ビラメの仕掛け&釣り方(福田丸)

釣りやすくビギナーにオススメ! 夏ビラメの仕掛け&釣り方(福田丸)

6月から開幕している外房・外川沖のヒラメ。7月に入り、まずまずの好釣果が続いている。夏場は「夏ビラメ」と呼ばれ、好シーズンでもあるのだ。潮が澄み、水温も高く安定して、ヒラメの活性が高くなる。そのため、アタってから食い込む時間が短く、釣りやすいのだ。ビギナーが挑戦するにもおすすめの時期だ。


つり丸定期購読

ランキング


>>総合人気ランキング