ルアー

ついに開幕、待ってたぞ! マルイカが来た!【相模湾・亀城根周辺】

エサ釣り

常磐の春は生きエビエサで大型クロメバルを狙え!【茨城・波崎...

エサ釣り

「プチ」深場釣り気分が楽しむ銚子外川沖のオキメバル【銚子外...

最新の投稿


寒イサキ絶好調! ハナダイも楽しみ! 江見沖の五目釣り【江見沖】

寒イサキ絶好調! ハナダイも楽しみ! 江見沖の五目釣り【江見沖】

今年の初取材は、昨年暮れから好釣果が続いている江見沖の五目釣り、イサキ五目となった。イサキといえば梅雨の時期を連想する。しかし、「寒イサキ」と呼ばれるこの時期はお腹に脂をびっしり抱えて、甘味が強くトロける旨さ。そのうえ、ハナダイ、アジ、カイワリ、マダイなどうれしいゲストも多彩で楽しむことができる。


片貝沖のハナダイ五目、ハナダイのほか大型アジも好調!!【片貝沖】

片貝沖のハナダイ五目、ハナダイのほか大型アジも好調!!【片貝沖】

アミコマセを使うハナダイ五目。この釣りのいいところは、コマセで魚を寄せるので手軽に数が釣れ、いろいろな魚が釣れること。しかも、狙う水深が浅く手返しも楽。また水温が低いこの時期に釣れる魚は、食べてもとても美味しいのだ。


そろそろ本格開幕だ! 日立沖の大判ビラメが釣りたいっ【日立沖】

そろそろ本格開幕だ! 日立沖の大判ビラメが釣りたいっ【日立沖】

今回もしっかりと着込む準備をして向かったのは茨城の日立港。ただでさえ寒いのに、より寒そうな茨城北部エリアへ何故行くの? と聞かれれば、行く価値大有りだからである。市場でも常磐物と呼ばれワンランク上の扱い、大ビラメの確率が高く10㎏オーバーも夢ではない、味良し型良しなのが日立沖のヒラメだ。


「プチ」深場釣り気分が楽しむ銚子外川沖のオキメバル【銚子外川沖】

「プチ」深場釣り気分が楽しむ銚子外川沖のオキメバル【銚子外川沖】

年末来の不調を年明け後も引きずり、初釣り以降もイマイチどころかイマニ、イマサンの釣果が続いた。そんなところに編集部から舞い込んだ今年初の指令は銚子沖のオキメバル釣り。個人的にもこの時季の欠かせない釣り物となっていて、まことにもってウエルカム。喜び勇んで銚子外川港の「福田丸」に出掛けた。


ジギング炸裂! 良・大型タチウオ乱舞!!【駿河湾・焼津沖】

ジギング炸裂! 良・大型タチウオ乱舞!!【駿河湾・焼津沖】

駿河湾のタチウオジギングが好調だ。しかし、爆っていてもコロリと状況が変わってしまうのが幽霊魚・タチウオ。今、釣れているなら、即座に行かなければ! 行けるときに、すぐ行く。これがタチウオ攻略の基本中の基本の第一歩だ。


水深浅く手軽に数釣り、沼津沖の夜タチウオ絶好調!【沼津沖】

水深浅く手軽に数釣り、沼津沖の夜タチウオ絶好調!【沼津沖】

沼津沖のタチウオが11月末ごろからコンスタントに数釣れている。なんといってもここの魅力は、タナが浅いこと。当たりダナは深くても40m。例年、年末頃から地元でジンドウイカといわれるケンサキイカの仔イカが表層付近を群れて泳ぐため、それを捕食するためにタチウオも浮く。水深10m以浅、もしくは水面直下でヒットすることもザラだ。


東京湾の冬の定番ゲーム、シーバスバーチカルジギング【東京湾】

東京湾の冬の定番ゲーム、シーバスバーチカルジギング【東京湾】

「昨年のスタート時点はいまひとつだったんですけどね。年明けからグッと調子が良くなっていますよ」とは杉村裕二船長。


温泉宿&釣りを同時に楽しむ冬の伊豆釣行【南伊豆・下田外浦沖】

温泉宿&釣りを同時に楽しむ冬の伊豆釣行【南伊豆・下田外浦沖】

南伊豆・外浦から河津の沖は、西風に強い海域で知られる。冬将軍が本州に居座るこの時期、出船率の高さは大変魅力だ。


相模湾のアマダイ、今シーズンは良型が多いぞ!【相模湾】

相模湾のアマダイ、今シーズンは良型が多いぞ!【相模湾】

穂先を「ツツッ」と引き込まれアワセを入れると、これまでのゲストとは明らかに違う引き味。ドラグを締めすぎないよう注意しながら巻き上げると、澄んだ冬の海に泡を吹きながらピンク色の魚体が浮いてきた。


シマアジシーズン本格化! 高級魚五目を楽しむ冬の八丈島【八丈島】

シマアジシーズン本格化! 高級魚五目を楽しむ冬の八丈島【八丈島】

東京から南へ約300㎞、黒潮が洗う太平洋上に鎮座する八丈島。いま、一年のなかで最も熱くなるターゲットであるシマアジが2月にハイシーズンを迎える。


朝イチはスルメ、後半ヤリイカを狙え!【南房・布良沖〜白浜沖】

朝イチはスルメ、後半ヤリイカを狙え!【南房・布良沖〜白浜沖】

「今シーズンは遅いよね。昨シーズンは初冬から釣れていたからね。ここにきてやっと始まったという感じだよ」、南房・布良港「松栄丸」の黒川一夫船長はこう話す。相模湾のヤリイカも遅れているが、この海域もまた遅いスタートとなった。


イワシの回遊が始まれば渡りの大判ビラメも期待大【鹿島沖〜神栖沖】

イワシの回遊が始まれば渡りの大判ビラメも期待大【鹿島沖〜神栖沖】

大型が期待できる鹿島沖のヒラメが全面解禁し、少しずつそのムードが高まってきている。


ランキング


>>総合人気ランキング
フィッシングショー2018