沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

最新の投稿


ドンっと来るマダイにご注意を! コマセマダイ仕掛け&誘い(竜一丸)

ドンっと来るマダイにご注意を! コマセマダイ仕掛け&誘い(竜一丸)

南房エリアのコマセマダイ釣りは、ハリス長6〜7mの短めのものを使うのが主流。オキアミコマセもドバまきが基本だ。コマセ釣りの原点のようなもので、タナ付近でコマセと付けエサを同調させて、コマセのなかに入ってきた活性の高い個体を釣り上げるというものである。


極上アマダイを優しい誘いで釣り上げる!仕掛け&誘い方(沖右ヱ門丸)

極上アマダイを優しい誘いで釣り上げる!仕掛け&誘い方(沖右ヱ門丸)

本格シーズンを迎えたとは言え水温はまだ温かい。いくらコマセを使わないといってもエサ取りの動きは活発だ。そこで重要となってくるのがタックル選びとなる。 「エサ取りの微妙なアタリを捉えることができる穂先感度の良いロッドが有利になるよね。付けエサが食われているのがわからないまま誘っていても本命には出会えないから」と船長。


平成30年度 がまかつ関東地区カワハギ釣り大会久比里会場 結果報告!

平成30年度 がまかつ関東地区カワハギ釣り大会久比里会場 結果報告!

9月9日に開催された「平成30年度 がまかつ関東地区カワハギ釣り大会」久比里会場の結果報告です。


大型マダイを狙うなら広範囲を探ろう! 仕掛け&釣り方(太幸丸)

大型マダイを狙うなら広範囲を探ろう! 仕掛け&釣り方(太幸丸)

竿はひとつテンヤ用の2.4〜2.7mが扱いやすいだろう。これに小型のスピニングリールを組み合わせる。リールはとにかくドラグ性能がいいものを選ぶこと。大ダイや中ダイが掛かったときは、ラインを出さないと、まず取り込むことはできない。


ワラサ本格化で全員GET! 入れ食いモードを存分に楽しもう(大松丸)

ワラサ本格化で全員GET! 入れ食いモードを存分に楽しもう(大松丸)

剣崎沖のワラサ釣りは、80号のビシを使う。そのため、ロッドは80号のオモリに対応したものを使う。6対4〜7対3調子の青物用ロッドがオススメ。長さは2.4〜3.3mぐらい。このほかには強めのマダイ竿を流用する人もいる。こちらは3〜3.3mぐらいが扱いやすいだろう。


手頃な価格の手巻きリールの新モデル「バルケッタSC」!

手頃な価格の手巻きリールの新モデル「バルケッタSC」!

新型ソーラーセルカウンター付き手巻き両軸リール


寒ブリを落とし込み釣法で釣る! 仕掛け&釣り方(湘南 海成丸)

寒ブリを落とし込み釣法で釣る! 仕掛け&釣り方(湘南 海成丸)

モリは150号。そのため、竿は150号オモリに対応できるものを使うこと。落とし込み釣りに対応した青物専用竿、コマセのキハダ用、軟らかめのビシアジ用などさまざまなタイプの竿が使える。


部分解禁日は怒涛のヒラメラッシュ! 全面解禁が楽しみだ(清栄丸)

部分解禁日は怒涛のヒラメラッシュ! 全面解禁が楽しみだ(清栄丸)

茨城海域でも、いよいよヒラメ釣りが部分解禁した。11月1日の部分解禁日に鹿島「清栄丸」を取材した。実釣スタート直後の状況は、まさに「怒涛のラッシュ!」だった。仲乗りさんを二人にしての出船だったが、二人でもタモ取りが間に合わないほどの爆釣だった。


ジャパンフィッシングショー2019 -in YOKOHAMA- 2019年1月18日から開催!

ジャパンフィッシングショー2019 -in YOKOHAMA- 2019年1月18日から開催!

2019年1月18日~20日に、みなとみらい・パシフィコ横浜で開催される「ジャパンフィッシングショー2019 -in YOKOHAMA-」の開催情報です。


こだわり船長のもと、解禁爆釣を体感! ヒラメ仕掛け(浜茄子丸)

こだわり船長のもと、解禁爆釣を体感! ヒラメ仕掛け(浜茄子丸)

茨城海域のヒラメ釣りは、外房大原沖と同じく、ほぼ横流しスタイルをとっている。広範囲にヒラメがいる漁場の良さと、釣りの効率の良さが期待できるからだ。しかし、この釣りの意味を理解していないと、効率のよい釣り方でも釣れない釣りに陥る可能性がある。


お手軽だけど奥が深い…東京湾のイイダコ釣りを楽しもう!(つり幸)

お手軽だけど奥が深い…東京湾のイイダコ釣りを楽しもう!(つり幸)

この釣りの魅力は、沖釣り初挑戦のビギナーでも簡単に楽しむことができること。そして釣技を極めれば奥深く、数を求めたこだわりのベテランにも大人気だ。


鯛テンヤパイオニアが完全監修した「江戸前鯛テンヤ」!

鯛テンヤパイオニアが完全監修した「江戸前鯛テンヤ」!

金沢八景「野毛屋」の勇治船長完全監修のタイテンヤ


秋のベストシーズン到来! 外房のヒラマサが今アツい(山正丸)

秋のベストシーズン到来! 外房のヒラマサが今アツい(山正丸)

外房のヒラマサが秋のシーズンを迎えている。春ほど数が出ているわけではないが、サイズがよく、ジギングでは3〜4㎏、キャスティングでは7〜8㎏が中心にキャッチされている。


超お手軽なゲームで楽しむ! ターゲットはマゴチ、マアジ他(釣福丸)

超お手軽なゲームで楽しむ! ターゲットはマゴチ、マアジ他(釣福丸)

横浜磯子をベースに独自のルアーゲームを展開している「釣福丸」。季節ごとに細かく看板ゲームが変わるが、秋から冬にかけてはとくにおすすめの釣り物がある、という。


ダイワ SFAオーディション2018 新メンバー決定

ダイワ SFAオーディション2018 新メンバー決定

10年ぶりに開催されたダイワの「スーパーフレッシュアングラーオーディション(SFA)」の新メンバーが決定した。


ジギング&エサで好調! 待望の夜タチウオ開幕ですっ(神栄丸)

ジギング&エサで好調! 待望の夜タチウオ開幕ですっ(神栄丸)

駿河湾・由比港「神栄丸」の夜タチウオゲームがついに開幕! 夜は日中に比べてタナが浅いため、手返しがよくなり数が伸びやすいとう特徴がある。トップ40〜50本以上という釣果も珍しくないのだ。


”イワシ”がキーワード !-食わせサビキ釣り-(ディープオーシャン)

”イワシ”がキーワード !-食わせサビキ釣り-(ディープオーシャン)

「テレビゲームをしている感覚で操船してます」というのは、福井・茱崎港「ディープオーシャン」の浜野秀夫船長。彼はタテ釣り、関東では食わせサビキ釣りとよばれている釣り方で、ヒラメ、ブリ、ヒラマサ、マダイ、キジハタなど、マッチ・ザ・ベイトのイワシやアジで釣れるものすべてがターゲットである五目釣りを楽しませてくれる。


穂先部の「AGS」とメタルトップで高感度を実現したダイワ「剣崎MT」!

穂先部の「AGS」とメタルトップで高感度を実現したダイワ「剣崎MT」!

7対3調子にメタルトップと穂先部AGS採用の究極の汎用ロッド!


タイラバ専門船で楽しむ! ベイエリアのマダイゲーム(TAKEMARU)

タイラバ専門船で楽しむ! ベイエリアのマダイゲーム(TAKEMARU)

ひと昔前より釣れるようになった! そんな数少ないターゲット、そして釣法が、東京湾のマダイ、そしてタイラバゲームだ。「リクエストでほかの釣り物もやりますが、基本的には周年、タイラバ中心に出船しています」とは羽田「TAKEMARU」の半谷武(はんがい・たけし)船長。


晩秋にさしかかり食い活発! 川津沖のひとつテンヤマダイ(とみ丸)

晩秋にさしかかり食い活発! 川津沖のひとつテンヤマダイ(とみ丸)

晩秋にさしかかり、外房のひとつテンヤマダイが好調になってきた。「このところ中ダイ、大ダイまじりで、いい感じに釣れています」と取材時に話していたのは川津「とみ丸」の吉清紘生・若船長。


ランキング


>>総合人気ランキング

つり丸定期購読