エサ釣り

狙いは10㎏オーバーだ! 憧れの寒ブリを釣る!【相模湾・瀬ノ海】

ルアー

八景沖のスミイカはサイズアップで乗り味もグッド【東京湾・八...

エサ釣り

ブリは乗合船でも狙える! すでに10㎏超の実績【相模湾・瀬...

最新の投稿


これは嬉しいリレー釣り、大原沖のヒラメ&ショウサイフグ【大原沖】

これは嬉しいリレー釣り、大原沖のヒラメ&ショウサイフグ【大原沖】

ヒラメとショウサイフグ、ここではリレー釣りで絶好調の2魚種をぜいたくにゲットできるぞ。さぁ、大原沖へ行こう。


まだまだ狙えるイナダ&ワラサ、脂も乗って美味【東京湾口・剣崎沖】

まだまだ狙えるイナダ&ワラサ、脂も乗って美味【東京湾口・剣崎沖】

9月中旬すぎから本格化した剣崎沖のワラサ。10月中旬の取材でも釣れていたが、今回取材した剣崎松輪「大松丸」の鈴木大揮船長によると「11月に入るとワラサは終盤ですかね」と話す。ワラサと並んで釣れていたのがイナダ。こちらはまだまだ続く見込みだ。例年、年末から年明けにかけて数釣りを記録しているので、今後も楽しめそうだ。


鹿島沖のヒラメは開幕からず〜っと絶好調!【鹿島沖】

鹿島沖のヒラメは開幕からず〜っと絶好調!【鹿島沖】

爆発的な釣れっぷりという言葉がぴったりなのが今年の鹿島沖のヒラメだ。11月1日、鹿島沖の一部エリアが解禁し、それ以来どこの船宿もトップ15枚前後の釣果を出している。ボウズはなし、貸竿の初心者が5、6枚釣ることも珍しくないという。


しっかり準備して脂乗り乗りのワラサを絶対釣ろう!【常磐・日立沖】

しっかり準備して脂乗り乗りのワラサを絶対釣ろう!【常磐・日立沖】

常磐・日立沖の青物ジギング、いよいよベストシーズンだ!! メインターゲットのワラサは、マグロの大トロにも負けない脂の乗りと味だと言う。これはもう行って釣って食うしかないのだ。


お待たせ! 待望の大原沖のヒラメが開幕だ【外房・大原沖〜太東沖】

お待たせ! 待望の大原沖のヒラメが開幕だ【外房・大原沖〜太東沖】

沖釣りターゲットの人気で常に上位にランクインするヒラメ。本格化する冬場を前に、各地で続々と解禁を迎えているが、ついに聖地でもある大原沖も開幕! ってことで、状況を確認しに出掛けてみた。


初冬のメインゲームはカワハギ&アオリイカだ【西伊豆・土肥沖】

初冬のメインゲームはカワハギ&アオリイカだ【西伊豆・土肥沖】

冬将軍が到来してもなお、海のなかは秋。高水温が継続する西伊豆土肥沖では、カワハギが絶好調だ。アオリイカの宝庫でもあります。西伊豆で、のんびり温泉宿お泊り釣行と洒落込んでみてはいかがでしょうか。


初島沖のキンメダイは手軽なLTで予想以上の釣果も【東伊豆・初島沖】

初島沖のキンメダイは手軽なLTで予想以上の釣果も【東伊豆・初島沖】

キンメ釣りというと、「道具がいろいろと大変で」というイメージがあって、ビギナーには遠慮されることも多い。しかし、ライトタックルキンメは、PE6号を300m巻ける電動リールに、ビシアジやイカ竿などがあれば楽しめる、ビギナーにもやさしい中深場の釣りなのだ。


数釣り&大型期待大、剣崎沖のアマダイは今季好調【東京湾・剣崎沖】

数釣り&大型期待大、剣崎沖のアマダイは今季好調【東京湾・剣崎沖】

東京湾のアマダイが今シーズンも好調に釣れている。アマダイ乗合で出船している久比里「山下丸」では、このところ25~40㎝級をトップ7匹前後上げている。


東伊豆のキンメダイは1.5〜2㎏級の大型も多いぞ【東伊豆・大島沖】

東伊豆のキンメダイは1.5〜2㎏級の大型も多いぞ【東伊豆・大島沖】

東伊豆、大島沖のキンメダイは、このところ大型主体にトップ30〜40匹前後と好調に釣れているという。


本場の「地キンメ」、激うま大型キンメダイがターゲット【南伊豆沖】

本場の「地キンメ」、激うま大型キンメダイがターゲット【南伊豆沖】

伊豆半島沖で釣れるキンメダイは、伊豆を代表するブランド魚だ。その価値は年々うなぎのぼり。上質の脂が乗った身を一口でも味わえば、すっかりキンメダイの虜になること間違いなし。さあ、食卓をホットにする赤い魚求めて、海へ出船しよう!!


腰越沖のカワハギ、浅場で安定釣果続く!【相模湾・江の島〜腰越沖】

腰越沖のカワハギ、浅場で安定釣果続く!【相模湾・江の島〜腰越沖】

各地でカワハギの好機を迎えているが、ここ相模湾・腰越〜江の島沖も盛期に突入しようとしている。


マダイ五目&アマダイの豪華リレー釣り!【相模湾・葉山沖】

マダイ五目&アマダイの豪華リレー釣り!【相模湾・葉山沖】

運を試さなくてもバッチリ釣れる! 実質はマダイ五目&アマダイの豪華リレー釣利。おいしい高級魚でクーラー満タン!!


ランキング


>>総合人気ランキング