エサ釣り

意外と簡単に釣れちゃう? ヒラマサ&大ダイのカモシ釣り(太平丸)

エサ釣り

浅ダナでダイレクトに! 夏のタチウオ仕掛け&釣り方(義和丸...

エサ釣り

魚の宝庫、仙台湾で楽しむ根周り五目が今面白い!(拓洋丸)

最新の投稿


浅ダナでダイレクトに! 夏のタチウオ仕掛け&釣り方(義和丸)

浅ダナでダイレクトに! 夏のタチウオ仕掛け&釣り方(義和丸)

今シーズンの夏タチは6月初旬にスタートとかなり早く釣れだした。その後は多少はムラがあるものの、概ね好調と言えるだろう。


サイズが良く今年も楽しめそう! 鹿島沖のテンヤマゴチ(清栄丸)

サイズが良く今年も楽しめそう! 鹿島沖のテンヤマゴチ(清栄丸)

6月に鹿島沖のテンヤマゴチが開幕。ひとつテンヤのタックルで楽しめ、釣趣も食味も上々だ。型が良く、50㎝~60㎝級が多い。テンヤにセットするワームは、オレンジ系の4インチが定番。


連日好調で大型乗り乗り! 真夏のスルメイカを釣る!(南房・信栄丸)

連日好調で大型乗り乗り! 真夏のスルメイカを釣る!(南房・信栄丸)

南房・白浜沖のスルメイカが今シーズンも好調だ。このエリアは水深150〜200m程度のゆるやかな根が広大に広がり、スルメイカの一大漁場となっている。群れが広範囲に出ることが多く、一度投入したら、何度も何度も繰り返し乗せることができる「流しっぱなし」の釣りが楽しめる。


激アツ激うまアカムツのシーズン開幕! 仕掛け&釣り方(仁徳丸)

激アツ激うまアカムツのシーズン開幕! 仕掛け&釣り方(仁徳丸)

波崎沖から北東へ約9マイルに位置するカンネコ根。南北に広がる泥場まじりの広大な岩礁帯で水深は100m〜150mだ。ここに6月から10月にかけて乗っ込みのアカムツが深場から大挙して回遊してくる。これを狙うので波崎沖のアカムツ釣りは夏〜秋がシーズンなのだ。


アカムツの聖地・カンネコ根開幕! 今期も数釣り期待大(浜茄子丸)

アカムツの聖地・カンネコ根開幕! 今期も数釣り期待大(浜茄子丸)

お待たせしました! 今期も昨今のアカムツブームを牽引する波崎沖のカンネコ根が開幕。初日から数釣りできた船もあり、まずまずのスタートを切った。


御前崎沖のカツオ&キメジの釣り方お教えします…(茂吉丸)

御前崎沖のカツオ&キメジの釣り方お教えします…(茂吉丸)

7月後半から御前崎沖で、カツオが本格的にまとまって釣れ出した。御前崎港「茂吉丸」では7月18日にカツオの1.5〜3.5㎏を2〜9匹という釣果を記録。翌日から好釣果が続くと思われたが、群れは見られるが、食わせるのが厳しい状況。しかし翌週から本格的に好釣果が続くようになった。


カツオラッシュ突入! 全速全開でガンガン行こうぜ!(たいぞう丸)

カツオラッシュ突入! 全速全開でガンガン行こうぜ!(たいぞう丸)

今シーズンの相模湾は早くからルアーで大型キハダが数多く取り込まれ、「今年はいる!」と多くのファンに期待されて8月1日のコマセ釣り解禁日を迎えた。


銚子沖夏ビラメ、遅れていたがいよいよ本格シーズン到来! (福田丸)

銚子沖夏ビラメ、遅れていたがいよいよ本格シーズン到来! (福田丸)

銚子沖の夏の風物詩ヒラメ。夏ビラメの呼称もあるこの釣り、冬場に比べ身軽な服装、ナギの海で楽しめるとあって人気だ。また釣趣の方も、水深10mを切るような浅場から5㎏を超える大ビラメのアタックもあるなど、冬場とは別物の楽しさもある。


片貝沖のLT五目が午後船で楽しめる! アジ&ハナダイリレー(勇幸丸)

片貝沖のLT五目が午後船で楽しめる! アジ&ハナダイリレー(勇幸丸)

動画共有サイトの「You Tube」で「yukoumaru」と入力して、検索してみていただきたい。片貝旧港「勇幸丸」の市東吉雄船長が、シマノ「スポーツカメラ」で撮影した海中の様子を数多くアップしているのだ。その中のハナダイの映像を見れば、きっとそのハナダイの数の多さにビックリするはずだ。


狙うは2kg級の大型オニカサゴ! 仕掛けと釣り方を解説(松栄丸)

狙うは2kg級の大型オニカサゴ! 仕掛けと釣り方を解説(松栄丸)

オニカサゴは周年を通して狙えるターゲット。鍋にすると美味なこともあり、とくに冬場に人気がある。「冬場のターゲット」という認識を持っている人も多いのではないだろうか?しかし、オニカサゴは夏場も好シーズンだ。


トップ50本は当たり前! ジギングで狙う河口沖のタチウオ(神栄丸)

トップ50本は当たり前! ジギングで狙う河口沖のタチウオ(神栄丸)

「今日はトップ100本を超えましたよ。平均で80本くらいかな。来るなら早いほうがいいですよ」釣況を伺うために電話した相手は、由比港「神栄丸」の石原佑樹船長。数字を示されてあおられては? 黙ってはいられない。明日行きます! と同船取材をお願いした。


エサは朝いちに港付近で釣る! 金沢沖ライト泳がせ釣り(北龍丸)

エサは朝いちに港付近で釣る! 金沢沖ライト泳がせ釣り(北龍丸)

真夏の日本海。暑いのはしょうがないが昼の釣り物が意外と少ない。「うちは昼の釣りもメインにしてます。夜もやってますけど、ショート便のみ。これから秋までは、ライト泳がせが看板釣り物です」と話す、金沢「北龍丸」の安藤岳志船長。


つり丸定期購読

ランキング


>>総合人気ランキング