沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

最新の投稿


ワラサ絶好調! 今後はヒラマサにも期待! 外房のルアー青物【外房】

ワラサ絶好調! 今後はヒラマサにも期待! 外房のルアー青物【外房】

外房に青物シーズン到来だ! 3月中~下旬には3~6㎏の丸々としたワラサが、イナダまじりで連日ジギングにより多数取り込まれている。日によっては乗船者全員キャッチということもあるほど好調だ。


昼はLTコマセアジ、夜はソフトルアーメバル【横浜根岸湾内〜根岸沖】

昼はLTコマセアジ、夜はソフトルアーメバル【横浜根岸湾内〜根岸沖】

東京湾でルアーのターゲットになる魚はすべて狙う! しかし、ルアー専門というわけでもない。エサ釣りだってOK。つまり、面白ければどんな釣りでも楽しんでしまう! そんな気軽なスタンスで人気の船が、横浜磯子の「釣福丸」だ。


釣運に感謝! まれに見る〝アラ荒食い!!〟 爆釣じゃ〜〜〜【勝浦沖】

釣運に感謝! まれに見る〝アラ荒食い!!〟 爆釣じゃ〜〜〜【勝浦沖】

「本物だっ! フォーッ!!」歓喜の雄叫びに渡辺船長も呼応し、「やったぞ!フォーッ!!」。ふたつの笑顔がガッチリと握手を交わす。2.5㎏の食べ頃サイズとは言え、開始早々に「幻」のアラを仕留めたのだ。


手軽に挑戦できる大物釣り、富津沖のエビスズキ開幕【内房・富津沖】

手軽に挑戦できる大物釣り、富津沖のエビスズキ開幕【内房・富津沖】

季節は確実に春に移行したことを感じるこの頃。釣りの世界にも春を感じさせてくれる釣り物が数々ある。生きエビをエサに大物と対峙する「エビスズキ釣り」もその1つだ。エサとなる生きエビが入手できたことから、富津港「浜新丸」で乗合船が始まるという情報。さっそく、開幕初日となる3月10日に釣行してきた。


小突いて誘って爆釣必至、ここがマガレイの宝庫だ【上越・能生沖】

小突いて誘って爆釣必至、ここがマガレイの宝庫だ【上越・能生沖】

マガレイ釣りは、仙台湾の大型魚礁が有名だが、ここ上越・能生沖はそれに匹敵するマガレイポイントである。


大型シーズン到来! 今のマダイは激ウマだぜ!!【棒面丸】

大型シーズン到来! 今のマダイは激ウマだぜ!!【棒面丸】

三浦半島・剣崎沖のマダイはこの冬から春の低水温下でも順調な食いを見せていた。近場のコマセマダイのメッカ、三浦半島・剣崎沖も春の好シーズンを迎えようとしている。LTマダイの看板を掲げる剣崎松輪「棒面丸」では春の気配を感じさせてくれるマダイたちが連日ヒットしている。


日立沖のマコガレイ、狙うは50㎝オーバーだ!【常磐・日立沖】

日立沖のマコガレイ、狙うは50㎝オーバーだ!【常磐・日立沖】

開幕したばかりの日立沖のマコガレイ。置き竿メインの東京湾のマコガレイ釣りとちがい、こちらでは小突いて誘う「小突き釣り」で狙う。


ライトで手軽なひとつテンヤ、マダイ入門ならココ!【外房・飯岡沖】

ライトで手軽なひとつテンヤ、マダイ入門ならココ!【外房・飯岡沖】

飯岡沖でひとつテンヤ乗合が本格的に始まったのは2009年ごろ。マダイ釣りでは比較的新しいエリアだが、近年は乗合船も多くなり、大ダイの実績も高い。ひとつテンヤ乗合を出している飯岡港「清勝丸」では、水温の上昇にともない好釣果が多くなっている。


乗っ込みはまだだけど、春マダイは好釣だぞ!【東京湾・久里浜沖】

乗っ込みはまだだけど、春マダイは好釣だぞ!【東京湾・久里浜沖】

そろそろマダイの乗っ込みが気になる時期になってきたが、好調に釣れているエリアがある。その一つが東京湾・久里浜沖だ。


釣る前に、食べる前に、イシダイという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、イシダイという魚を知ろう!

イシダイは、スズキ目スズキ亜目に所属する魚類。イシダイ科の魚類はすべて海水魚で、南アフリカ・日本・オーストラリア南部・ハワイ諸島・ガラパゴス諸島・ペルーなど、インド洋から太平洋にかけて幅広く分布する。日本の沿岸からはイシダイ・イシガキダイの2種が知られている。


6.2㎏の大ダイ! 乗っ込み開始、ひとつテンヤマダイ【外房・川津沖】

6.2㎏の大ダイ! 乗っ込み開始、ひとつテンヤマダイ【外房・川津沖】

外房・川津沖のマダイが早くも乗っ込みの様相を呈している。3月中旬の取材では6.2㎏、取材後も5㎏や特大8㎏クラスなど大型が続々とキャッチされ、2~3㎏級の中ダイも多数取り込まれている。


いよいよ良型マダイが上がり始めたぞ!【駿河湾・沼津久料沖】

いよいよ良型マダイが上がり始めたぞ!【駿河湾・沼津久料沖】

御前崎エリアに次いで、比較的早くからマダイの乗っ込みがスタートする沼津エリア。今年は3月に入ると、良型マダイがポツポツと取り込まれはじめた。その多くが、お腹に真子や白子を抱えており、乗っ込みの気配が見えていた。


 静かな誘いとコマセワークで大ダイを狙え【東京湾・久里浜沖】

静かな誘いとコマセワークで大ダイを狙え【東京湾・久里浜沖】

久里浜沖のマダイは3月中旬から乗っ込みの気配を見せ始め、後半にはかなりハッキリとした「らしい」釣れ方をしていよいよ本番に突入した模様だ。


引き味抜群! 手軽に楽しめる! 東京湾シーバスに行こう!【東京湾】

引き味抜群! 手軽に楽しめる! 東京湾シーバスに行こう!【東京湾】

誰でも手軽に楽しめるルアーゲームの代表格、東京湾のシーバスが依然好調だ。


各地で開花!! 春のマダイシーズン開幕【上越・直江津〜名立沖】

各地で開花!! 春のマダイシーズン開幕【上越・直江津〜名立沖】

周年狙える人気ターゲットマダイ。待望の春のシーズンが開幕した。この時期の魅力は産卵を控えた大型が釣れること。自己記録更新のチャンスアップだ。


高級魚がいっぱい! 網代南沖のイサキ五目【網代南沖】

高級魚がいっぱい! 網代南沖のイサキ五目【網代南沖】

3月17日より網代南沖の遠征五目が開幕した。さっそく釣行スケジュールを入れるも、週末の悪天候続きでなかなか出船できる日に予定が合わず、釣行できたのは28日。朝3時に港に集合し、荷物を積み終えるとベッドに潜り込む。ポイントまでは約2時間、心地よい揺れにほどなく眠りに着いた。


ファミリー、カップルにおすすめ! 東京湾のLTアジ【東京湾】

ファミリー、カップルにおすすめ! 東京湾のLTアジ【東京湾】

八景沖に浮かぶ船の上は、春休み最終日とあって、お父さん、お母さんに連れられた子供たちがあちらこちらで楽しそうに歓声を上げている。半日アジ船は、短時間であること、ポイントまでが港からすぐであること、そしてビシが30号と軽いことなどからも、家族連れに人気の高い釣り物だ。


青物ゲームがおもしろい! ヒラマサ&ワラサ活況!!【外房沖】

青物ゲームがおもしろい! ヒラマサ&ワラサ活況!!【外房沖】

ヒラマサ狙いで人気を集める外房沖。近年では夏場のわずかな期間をのぞき、ほぼ周年楽しめる、身近な存在になっている。


目指せ60㎝オーバー! 東京湾のマゴチシーズンイン!【東京湾】

目指せ60㎝オーバー! 東京湾のマゴチシーズンイン!【東京湾】

マゴチというと「夏の釣り」というイメージがあるが、現在はほぼ周年楽しめる釣り物へと変貌を遂げている。


海穏やかでじっくり楽しめる乙浜沖のオニカサゴ【南房・乙浜沖】

海穏やかでじっくり楽しめる乙浜沖のオニカサゴ【南房・乙浜沖】

オニカサゴを狙って釣行を予定していた3月26日も、前日まで吹いていた西風の影響で出船が危ぶまれていた。予報では風が収まり、凪ぎていくとのことで船宿に向かった。


ランキング


>>総合人気ランキング

つり丸定期購読